缶コーヒーは太る?微糖や無糖のカロリーでもダイエットに影響するかを解説

缶コーヒーは太る?微糖や無糖のカロリーでもダイエットに影響するかを解説

アフィリエイト広告を利用しています

手軽に手に入りやすい缶コーヒーを毎日飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。
会社のデスクに缶コーヒーを置いて仕事をしてる人も結構いますよね。

人によっては、毎日2、3本飲んでる人もいるでしょう。
多くの人に愛されている缶コーヒーですが、飲むと太るというのを聞いたことがないでしょうか。

この記事では

  • 缶コーヒーを飲むと太るのか?
  • 無糖やブラックの缶コーヒーでも太るのか?
  • 太る缶コーヒーの飲み方
  • 普通の缶コーヒーと微糖の違い
  • ダイエット中におすすめのコーヒー

など缶コーヒーを飲むと太るのかについて解説します。
ダイエットへの影響についても解説しているので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてください!

本当におすすめのダイエットコーヒーについては下記の記事で詳しく解説しています。

ダイエットコーヒーで体重を落としたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

缶コーヒーを飲むと太るのか?

缶コーヒーを飲むと太るのか?


缶コーヒーは、飲む種類によって太る可能性があります。

缶コーヒーは、手軽に手に入るので日常的に飲んでいる方が多いですが、カロリーや糖質が気になりますよね。
砂糖やミルク入りの甘い味付けの缶コーヒーには砂糖がたっぷり含まれており、これが太る原因になる場合があるのです。

砂糖とミルク入りの缶コーヒーのカロリーは、1缶あたり60~70kcalあります。
糖質も1缶あたり12gほどあるので、ダイエットに影響してしまいます。

缶コーヒーは自販機やコンビニで簡単に買えるので、ついつい1日に何本も飲んでしまうという人もいるでしょう。
このような方は、缶コーヒーが原因で太る可能性があります。

しかし、無糖でブラックの缶コーヒーであればカロリーや糖質はほぼゼロです。
ブラックの缶コーヒーにすれば、太る心配はありません。

ブラックが飲めないという方は、微糖の缶コーヒーを活用するのもおすすめです。
微糖の缶コーヒーは、砂糖やミルク入りの缶コーヒーに比べてカロリーや糖質が抑えられているので、太る可能性が下がります。

缶コーヒーは、種類によって太る可能性があるのでダイエットに影響を与えてしまうのです。
ここからは、缶コーヒーに含まれる糖質やカロリーについて解説します。

糖質やカロリーが気になる方は、缶コーヒーの種類に注意してコーヒーを楽しんでください!

缶コーヒーに含まれる糖質の比較

缶コーヒーに含まれる糖質の量は、商品によって大きく異なります。
各メーカーの缶コーヒーに、糖質がどれだけ含まれているのか比較してみましょう。

商品名1缶あたりの糖分
ボス レインボーマウンテンブレンド11.6g
ジョージア エメラルドマウンテンブレンド11.7g
ファイア 直火ブレンド12.0g
ボス 贅沢微糖6.5g
ジョージア 至福の微糖5.9g
ファイア 挽きたて微糖3.9g
ボス 無糖ブラック0~1.9g
ジョージア プラチナムブラック1.3g
ファイア ブラック0.9g
各社の缶コーヒーに含まれる糖分

砂糖とミルク入りのコーヒーは、各社1缶あたりの糖質が約12gとかなりの糖質が含まれています。
微糖に関しては、3.9~6.5gと商品によって含まれている糖質の量に幅があります。

微糖の商品だから糖質が低いと安心せず、購入する際は商品の成分表をしっかり確認しましょう。
ブラックは、全て含まれている糖質が2g以下とダイエット中でも安心ですね。

缶コーヒーのカロリー比較

缶コーヒーに含まれるカロリーも糖質と同様に商品によって異なります。
各メーカーの缶コーヒーのカロリーがどれだけあるのか比較してみましょう。

商品名1缶あたりのカロリー
ボス レインボーマウンテンブレンド64.8kcal
ジョージア エメラルドマウンテンブレンド64.8kcal
ファイア 直火ブレンド62.9kcal
ボス 贅沢微糖38.9kcal
ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖38.9kcal
ファイア 挽きたて微糖27.8kcal
ボス 無糖ブラック0kcal
ジョージア プラチナムブラック0kcal
ファイア ブラック0kcal
各社の缶コーヒーに含まれるカロリー

砂糖とミルク入りのコーヒーは、各社1缶あたりのカロリーが60~65kcalですね。
毎日2、3缶飲むと太る可能性が出るカロリーです。

微糖に関しては、27.8~38.9kcalと糖質と同様に商品によってカロリーに幅があります。
微糖の商品だから低カロリーと安心せず、購入する際は商品の成分表をしっかり確認しましょう。

ブラックは、全てゼロカロリーとカロリーの心配はなしですね!

無糖やブラックの缶コーヒーでも太るのか?

無糖やブラックの缶コーヒーでも太るのか?


無糖やブラックの缶コーヒーは、砂糖が加えられていないため通常の甘い缶コーヒーと比較するとカロリーが非常に低いです。
特に、ブラック無糖はカロリーゼロなので、ブラック無糖の缶コーヒーで太ることはありません。

逆にブラックコーヒーの場合は、カフェインの脂肪燃焼効果があるので飲むと痩せやすくなります。

ブラックコーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説


しかし、無糖なだけでミルクが入っているものは、カロリーゼロというわけではなくカロリーや糖質が含まれています。
カロリーや糖質が含まれているので、無糖であってもミルクが入っているものは、太る原因となる可能性があります。

ダイエット中の方やカロリーや糖質の摂取に敏感な方は、成分表を確認して飲む缶コーヒーを選びましょう。
ブラックコーヒーが飲める方は、ブラック無糖を選べば問題なしです!

太る缶コーヒーの飲み方

太る缶コーヒーの飲み方


太る缶コーヒーの飲み方は、砂糖やミルクが入っている缶コーヒーを空腹状態で毎朝飲むという飲み方です。
朝に何も食べずに缶コーヒーだけ飲むという飲み方をすると血糖値が急激に上がるので太りやすくなります。

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌されます。
このインスリンには、血中の糖分を脂肪にかえて体にため込む働きがあるのです。

食事で糖質を摂ると血糖値が上がり、膵臓から血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。
実は、このインスリンには血中の糖分を脂肪に換えて体にため込む働きが。
血糖値が緩やかに上昇するのであれば問題ありませんが、急激に上昇するとインスリンは過剰に分泌され、体に脂肪をため込みやすくなってしまいます。

大正製薬 なぜ糖質で太りやすくなるの?血糖値をコントロールする食べ方のコツ


また、毎日缶コーヒーを飲むと65kcalほどのカロリーを毎日摂取することになります。
1カ月で換算すると2000kcalを摂取することになるのです。

このカロリーは、一般男性の1日分の基礎代謝に相当します。
こう考えるとかなりのカロリーですよね。

缶コーヒーを毎日飲む習慣がある方は、血糖値や摂取カロリーの影響で太る可能性があるという認識をしておきましょう。

普通の缶コーヒーと微糖の違い

普通の缶コーヒーには、砂糖やミルクが加えられておりカロリーや糖質が高めですが、微糖の缶コーヒーは砂糖の量を控えめにしてカロリーを抑えています。
ダイエット中で糖質やカロリーを気にする方には微糖がおすすめですが、その分微糖の缶コーヒーには甘味料などの添加物が入っています。

そのため、低カロリー低糖質だからと微糖のコーヒーを飲み過ぎると添加物を多く摂取することになるので注意が必要です。
糖質やカロリーも気になるけど添加物もあまり取りたくないという方は、飲む量を調整しながら適量摂取を心掛けましょう。

下の表は、各メーカーの普通の缶コーヒーと微糖の缶コーヒーの糖分・カロリー・原材料を比較した表です。
日々の缶コーヒーの摂取量の調整に活用してください。

商品名1缶あたりの糖分1缶あたりのカロリー原材料
ボス
レインボーマウンテンブレンド
11.6g64.8kcal牛乳(国内製造)、砂糖、コーヒー、乳製品、乳化剤、香料、デキストリン/カゼインNa
ジョージア
エメラルドマウンテンブレンド
11.7g64.8kcal牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖/香料、カゼインNa、乳化剤
ファイア
直火ブレンド
12.0g62.9kcal牛乳(生乳(国産))、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料
ボス
贅沢微糖
6.5g38.9kcal牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、乳製品、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、塩化K、甘味料(アセスルファムK)、塩化Mg
ジョージア 至福の微糖5.9g38.9kcal牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖/香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
ファイア
挽きたて微糖
3.9g27.8kcal牛乳(生乳(国産))、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
普通の缶コーヒーと微糖の缶コーヒーの比較

なぜ缶コーヒーは太ると言われているのか?

なぜ缶コーヒーは太ると言われているのか?


缶コーヒーが太る原因として、缶コーヒーに含まれる糖質とカロリーが挙げられます。
それに加えて、缶コーヒーの手軽さも太る原因になるでしょう。

缶コーヒーは、自販機やコンビニで24時間どこでも買えます。
缶コーヒー自体のカロリーや糖質は、ダイエットに大きな影響を与えるほどのものではありません。

ただ、その手軽さからついつい何本も飲んでしまうという可能性があります。
また、簡単に購入できるので習慣化しやすいということも太る要因でしょう。

朝とりあえず会社で缶コーヒーを買って飲む、昼食の後は缶コーヒーで一服というような方は多いのではないでしょうか。
習慣化のしやすさから、気付いたら太るほどの缶コーヒーを毎日飲んでいたということもありえます。

缶コーヒーは便利で手軽に楽しめる飲み物ですが、飲み過ぎには注意しましょう。
日々の摂取量を意識して、飲み過ぎないように適量摂取を心掛けてください。

ダイエット中に缶コーヒーをやめたら痩せた話

毎日飲んでいた缶コーヒーをやめたら痩せたという話をよく聞きます。
日々の缶コーヒーが体重増加に繋がっているという方が結構いるようですね。

特にダイエット中は、毎日飲んでる缶コーヒーのカロリー(65kcal)の影響はかなり大きいでしょう。
缶コーヒーをやめるだけで、ダイエットがうまくいくということが起こるのです。

ダイエット中におすすめのコーヒー

ダイエット中におすすめのコーヒー


ダイエット中は、カロリーや糖質の摂取量が気になります。
特に、糖質やカロリーが高めの缶コーヒーを飲むのは、できれば避けたいですよね。

ただ、ダイエット中でもコーヒーを飲みたいという方も多いでしょう。
そんな方のために、ダイエット中におすすめのコーヒーをご紹介します。

ダイエット中におすすめのコーヒー

ではそれぞれ解説していきますね!

ダイエットコーヒー

ダイエット中におすすめのコーヒー①ダイエットコーヒー


ダイエットコーヒーというコーヒーがあるのをご存じでしょうか?
ダイエットコーヒーとは、糖の吸収を抑えるなどダイエットをサポートする効果を持ったコーヒーのことです。

代表的なダイエットコーヒーは、MELT COFFEEというダイエットコーヒーです。
このMELT COFFEEは、糖の吸収を抑える効果を持ったコーヒーになります。

本来のコーヒーの成分も含まれているので、糖の吸収を抑える効果に加えてカフェインの持つ脂肪燃焼効果も得ることができます。
この2つの効果は、ダイエットを強力にサポートしてくれるでしょう。

ダイエットコーヒーは、MELT COFFEEの様に元々コーヒーが持つダイエット効果に+αでダイエットをサポートする効果を持っています。
そのため、ダイエット中のコーヒーとしてかなりおすすめのコーヒーなのです!

ダイエットコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

ブラックコーヒー

ダイエット中におすすめのコーヒー②ブラックコーヒー


ブラックコーヒーは、ダイエットに効果のある飲み物というのをご存じでしょうか?
ブラックコーヒーには、カフェインとクロロゲン酸が含まれています。

これらの成分には、脂肪燃焼効果や基礎代謝をアップさせる効果があるため、ダイエットをサポートしてくれます。
ブラックコーヒー自体のカロリーは、コーヒーカップ1杯(150ml)で4kcalなので、ほぼカロリーがありません。

それに対して、コーヒーを飲むと10%ほど基礎代謝が上がるため、摂取カロリー以上の消費カロリーが期待できます。
これってかなり凄いことではないでしょうか。

ブラックコーヒーのような摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多くなる食品をマイナスカロリー食品と呼びます。
ただし、飲めば痩せるからと飲みすぎるとカフェインの過剰摂取で体調を崩す可能性があるので、適量摂取を心掛けてください。

また、ブラックコーヒーに含まれるカフェインには、腸の働きを促進する効果があり、便秘解消の効果も期待できるのです。
便秘になると胃腸の働きが悪くなり、基礎代謝が落ちる原因になります。

そのため、便秘にならないことはダイエットにおいて非常に重要です。
胃腸の働きを促進するブラックコーヒーは、ダイエットをする上で重要な役割を果たしてくれます。

これらの効果があるブラックコーヒーは、ダイエットを強力にサポートしてくれる飲み物なのです。

ブラックコーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説

緑茶コーヒー

緑茶コーヒーとは、ブラックコーヒーと緑茶を1:1で割った飲み物で、コーヒーと緑茶両方の効果を得られる今注目されている飲み物なんです。

この緑茶コーヒーは、ブラックコーヒーが苦手な方におすすめです。
緑茶と混ぜることでコーヒーの苦味が軽減されて、まろやかな口当たりになります。

ブラックコーヒーよりも飲みやすいので、ブラックコーヒーが苦手な方は一度試してみてください!
また、緑茶コーヒーはダイエット効果が非常に高い飲み物でもあります。

緑茶コーヒーには、緑茶とコーヒーに含まれるカフェイン・クロロゲン酸・カテキンの作用によって、脂肪燃焼を促進する効果も持っています。
緑茶とコーヒーを組み合わせることで、カフェイン・クロロゲン酸・カテキンによる相乗効果が期待できるのです。

そのため、緑茶コーヒーの方が緑茶かコーヒーのどちらか一方を飲むよりも、脂肪燃焼効果が高くなります。
ダイエットコーヒーを使えば、更に高いダイエット効果が期待できます。

緑茶コーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:緑茶コーヒーのダイエット効果は?作り方やダイエットに活かす方法を紹介

体にいい缶コーヒーはある?

ブラックコーヒーには、様々な健康効果があるのでブラック無糖の缶コーヒーは体にいい缶コーヒーと言えるでしょう。

ブラックコーヒーには、病気のリスクを減らす効果があります。
コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸が含まれており、癌・動脈硬化・心筋梗塞のような病気のリスクを減らす効果が期待できます。

国立がんセンターの調査や研究では、ブラックコーヒーには肝臓癌と子宮体癌を予防する効果が期待できると報告されています。

国立がんセンターの調査・研究によると肝臓がんと子宮体がんの予防に効果が期待できるようです。
肝臓がんを抑える効果は「ほぼ確実」子宮体がんを抑える効果は「可能性あり」と判定されています。

国立がん研究センター がんとコーヒー

また、コーヒーには糖尿病の発生を予防する効果も期待されており、日本人の場合は1日にコーヒーを1杯から2杯飲むと予防効果が見られる可能性があるようです。
海外で行われた研究によると、1日にコーヒーを3杯から4杯飲む人は、1日2杯以下の人と比較して2型糖尿病の発症リスクが低いという報告がされています。

表中のVan Damらは,コーヒーを1日4~6杯飲む人は,1日2杯以下の人に比べて2型糖尿病発症のリスクが28%下がると報告しています。表にはありませんが,2009年のHuxleyら2)による18本のコホート研究をメタ解析した論文では,コーヒーを1日3~4杯飲む人は,1日2杯以下の人に比べて2型糖尿病発症のリスクが24%下がるという結果でした。

ネスレ コーヒーと健康

ブラックコーヒーの健康効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーの健康効果は何がある?効果を高める飲み方やタイミングを解説

まとめ:缶コーヒーは毎日飲むと太る可能性あり!

まとめ:缶コーヒーは毎日飲むと太る可能性あり!


砂糖やミルク入りの缶コーヒーは、毎日飲むと太る可能性があります。
缶コーヒー1缶あたりで糖質12g・65kcalが含まれており、毎日飲むとダイエットに影響を与えてしまうのです。

ダイエット中の方は、微糖やブラック無糖の缶コーヒーに切り替えることをおすすめします。
微糖やブラック無糖の缶コーヒーは、糖質やカロリーが抑えられているので太るリスクを減らします。

特に、ブラックコーヒーはダイエット効果が高いので、ダイエット中でブラックコーヒーが飲める人はブラック無糖の缶コーヒーを積極的に飲みましょう。
ただし、飲み過ぎるとカフェインの取り過ぎになるので注意が必要です。

微糖やブラック無糖の缶コーヒーを活用して、缶コーヒーで太らないように心掛けましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事
ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】