コーヒーが飲めない人必見!苦手な原因や飲めるようになる方法をご紹介

コーヒーが飲めない人必見!苦手な原因や飲めるようになる方法をご紹介

アフィリエイト広告を利用しています

大人になるとコーヒーを飲む場面って増えますよね。
「そろそろコーヒーを飲めるようになりたいな」という方も多いでしょう。
この記事では、コーヒーが苦手な原因を解説していきます。
コーヒが飲めるようになる方法もご紹介するので、ぜひご覧ください!

美味しいコーヒーを飲みながら今よりも体重を3Kg減らしたいのであれば、ダイエットコーヒーがおすすめです。

下記の記事では飲みやすくて効果が出るダイエットコーヒーを紹介しています。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

コーヒーが苦手で飲めない原因

コーヒーが苦手で飲めない原因


コーヒーが飲めない原因は、人によって様々です。

原因を1つ1つ解説するので、自身のコーヒーが苦手な理由と照らし合わせながら読んでみましょう!

苦味が苦手

コーヒーが飲めない原因で一番多いのが、苦味ではないでしょうか。
コーヒー以外の苦味も得意ではないという方も多いでしょう。

苦味は「毒」のシグナルなので、人間は本能的に違和感を覚えるようにできています。
本来人間は苦味が苦手なのです。
苦味は、何度も口にすることで違和感がなくなります。
コーヒーの苦味も同様に慣れが必要になってきます。

緑茶や紅茶など他の苦味は大丈夫だけどコーヒーの苦味だけは苦手という方は、コーヒーの過抽出が原因かもしれません。
コーヒーの抽出時間が長すぎると雑味やえぐみが出てしまい不快な苦味になります。
焙煎の香りやコーヒー豆本来の苦味とは、別物になってしまします。

コーヒーの苦味だけが苦手という方は、一度コーヒーが有名な喫茶店やカフェの美味しいコーヒーに挑戦してみましょう。
コーヒー美味しいかも!となる可能性がありますよ。

酸味が苦手

コーヒーが飲めない原因:酸味が苦手


コーヒー特有の酸味が苦手で飲めないという方も多いですね。
実はその酸味、コーヒー本来がもつ酸味とは別のものかもしれません。

コーヒー豆が劣化していたり、作ってから時間が経ってコーヒーの油分が酸化したりすると嫌な酸味が出てしまします。
コーヒー本来のフレッシュな酸味とは、全く別物になってしまいます。
苦味と同様にコーヒーが有名な喫茶店やカフェの美味しいコーヒーを飲んで、コーヒー本来の酸味を体験してみましょう。

コーヒーの味が苦手

苦みや酸味が混じったコーヒー自体の味が苦手な人もいるでしょう。
味が苦手な人がコーヒーを飲めるようになるには、好き嫌いの話になるので味に慣れて克服するしかないです。
この後にコーヒーが飲めるようになる方法をいくつか紹介するので、自分に合うものでコーヒーに慣れていきましょう。

体質が合わない(カフェインが苦手など)

コーヒーが飲めない原因:体質が合わない(カフェインが苦手など)


コーヒーが体質的に合わないという方が一定数います。
主にカフェインが原因になることが多いです。
カフェインに弱い体質の方は、コーヒーを飲むと頭痛・吐き気・胃痛などの症状が出てしまいます。

カフェインは胃を刺激する効果があるので、胃腸が弱い方もコーヒーを飲むと体調が悪くなる場合があります。
飲み過ぎないように1度に飲む量を制限したり、空腹時を避けるなど飲み方に気を付けてみましょう。

コーヒーでお腹を壊す原因や対策については、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください!

関連記事:コーヒーでお腹を壊すのはなぜ?下痢になる原因や治し方を解説

コーヒーが飲めるようになる6つの方法

「今は苦手だけどいつかはコーヒーを飲めるようになりたい!」という方のために、コーヒーを飲めるようになる方法をご紹介します。

ご紹介する6つの方法の中で自分に合いそうな方法を選んで試してみましょう。
コーヒーを飲めるようになる第一歩になるかもしれないですよ!

①コーヒーに砂糖やミルクを入れて苦味や酸味を抑える

コーヒーが飲めるようになる方法①コーヒーに砂糖やミルクを入れて苦味や酸味を抑える


コーヒーの苦味や酸味が苦手な方は、砂糖やミルクで味を調整するのがおすすめです。
砂糖やミルクを入れるとコーヒーがまろやかになるので、飲みやすくなります。
甘いのが苦手な方は、ミルクだけでも飲みやすくなるので大丈夫です。
最初は砂糖とミルクを多めにいれて、慣れてきたら徐々に量を少なくしていけばブラックコーヒーも飲めるようになります。

②コーヒーの味に慣れる

コーヒーの特徴的な味が苦手という方も多いですよね。
今はコーヒー好きの人も子供の時からコーヒーが飲めたという人は少ないです。
コーヒーやコーヒー味のものを口にするうちに好きになったという人がほとんどです。

コーヒーが苦手な人は、まずコーヒーの味に慣れることからはじめましょう。
コーヒーゼリーやコーヒーの飴などコーヒー味のものを日常的に口にすると徐々に慣れてきます。

③ブラックコーヒーの飲み方に慣れる

基本的にコーヒーは、お茶やジュースのようにゴクゴク飲むものではありません
特にブラックコーヒーは、少量を口に含んで味わいながら飲むものです。
逆に一気にゴクゴクと飲むと気持ち悪くなったりします。
ついつい他の飲みものと同じように飲んでしまう人は、ブラックコーヒーの香りを楽しみながら味わって飲むというのを意識してみましょう。

④コーヒーが苦手な人でも飲めるコーヒー(カフェオレやカフェラテなど)を飲む

コーヒーが飲めるようになる方法④コーヒーが苦手な人でも飲めるコーヒー(カフェオレやカフェラテなど)を飲む


最初からブラックコーヒーを飲もうとするのではなく、飲みやすいカフェオレやカフェラテなどのコーヒーから試してみましょう。
カフェラテを飲んでいたら、いつの間にかブラックコーヒーを飲むようになっていたという人も結構います。
まずは、何かしらのコーヒーを飲むことからはじめてみましょう。

⑤スイーツと一緒に飲む

チョコレートやケーキなどコーヒーに合うスイーツと一緒に飲むという方法もあります。
スイーツと一緒に飲むとコーヒーの味わいがいつもと変わります。
スイーツと合わせることで、コーヒーの苦味が程よいアクセントになりコーヒーの印象が変わります

⑥カフェイン0(ノンカフェイン)・カフェインレスコーヒーを飲む

カフェインが体質的に合わないけどコーヒーを飲みたいという人は、カフェイン0もしくはカフェインレスコーヒーを飲んでみましょう
カフェイン0コーヒーは、名前の通りカフェインが除去されているコーヒーです。
カフェインレスコーヒーは、カフェインを90%以上除去したコーヒーになります。

カフェインが除去されていますが、コーヒーの風味やおいしさは保たれているのでカフェインが苦手な方でもコーヒーを楽しめます。
カフェインレスなので、就寝前などカフェインを取りたくない時に飲むのもおすすめです。

コーヒーを飲めない人の割合はどれくらいいる?

世代別コーヒーが飲めない人の割合

コーヒーが飲めない人の割合は、年齢が若いほど高くなります。
20代では約3割の人がコーヒーが飲めないという結果になっています。
やはり苦味や味に慣れるということが必要なので、年齢が上がるにつれてコーヒを飲める人が増えるという傾向になっています。

コーヒを飲めるようになるのはいつから?

20代になってから飲めるようになった人が約50%というデータがあります。
大人になるにつれて味覚が変化して、飲めるようになるというパターンが多いようです。
30代になってから飲めるようになる人も一定数いるので、今は飲めなくてもコーヒーの味に慣れれば飲めるようになりますよ。

大人になってコーヒーが飲めないと困ることはある?

大人になってコーヒーが飲めないと困ることはある?


コーヒーは、ビジネスの場面で出されることの多い飲み物です。
コーヒーが飲めないと困りますよね。
出されたコーヒーを飲まずに帰るのは失礼なので、1杯程度は飲めるようにしておくとコーヒーが出たらどうしようと心配する必要がなくなります。
体質的に合わない方は、無理せず相手にコーヒーが飲めないことを伝えましょう。

コーヒーが飲めない人は色々試して飲めるようになろう!

コーヒーが飲めない人は色々試して飲めるようになろう!


コーヒーは、慣れれば誰でも飲めるようになります。
今回ご紹介した方法の中から自身に合う方法で、少しずつ飲めるようにしていきましょう。
飲めるようになれば、コーヒーのおいしさや楽しさが徐々にわかってきます。
楽しいコーヒーライフの第一歩として、自分に合ったコーヒーの飲み方を見つけましょう!