ダイエット中のコーヒーはダメ?脂肪燃焼効果や痩せる飲み方を解説!

ダイエット中のコーヒーはダメ?脂肪燃焼効果や痩せる飲み方を解説!

アフィリエイト広告を利用しています

ダイエット中にコーヒーはダメなのかな?
ダイエット中ってこれは食べていい?飲んでいい?と色々気になってきますよね。

結論としては、ダイエット中にコーヒーを飲むのはOKです。
というよりダイエット中こそコーヒーを飲んでください。

その理由は、記事内で詳しく解説していきます。

この記事では

  • ダイエット中のコーヒーはダメなのか?
  • コーヒーのダイエット効果
  • ダイエット中に痩せるコーヒーの飲み方5つのポイント
  • ダイエットコーヒーは効果があるの?

などダイエットとコーヒーの関係を中心に解説していきます。
ダイエット効果の出やすい飲み方や逆に太ってしまう飲み方などもご紹介します。

ダイエットとコーヒーの関係を知れば、効率的なダイエットを行うことができますよ!

美味しいコーヒーを飲みながら今よりも体重を3Kg減らしたいのであれば、ダイエットコーヒーがおすすめです。

下記の記事では飲みやすくて効果が出るダイエットコーヒーを紹介しています。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

ダイエット中のコーヒーはダメなのか?

ダイエット中のコーヒーはダメなのか?


ダイエット中にコーヒーはダメではありません。
逆に、脂肪燃焼が促進されたりとダイエットにうれしい効果があるので、ダイエット中は積極的に飲む方が良いでしょう。

コーヒーに含まれるカフェインには、代謝を促進して脂肪燃焼を助ける効果があるため、適量を摂取することで効率的にダイエットを行うことができます。
ただし、砂糖や牛乳を加えるとカロリー摂取が増えてしまうので、飲む場合はブラックコーヒーがおすすめです。

コーヒーの適量摂取は、ダイエットを効果的にサポートしてくれるでしょう。

コーヒーのダイエット効果

コーヒーのダイエット効果


コーヒーには、ダイエットをサポートする効果がいくつかあります。
コーヒーを飲むことで、あなたのダイエットをより効率的に行うことができるでしょう。

コーヒーで期待できるダイエット効果はこちら

コーヒーのダイエット効果

では、それぞれ解説していきますね!

脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれるカフェインは、脂肪燃焼を促進する効果があります。
カフェインを摂取することで、代謝が向上して消費カロリーが向上するのです。

また、運動前にコーヒーを飲むことで運動効率が上がり、より多くの脂肪が燃焼される可能性があります。
脂肪燃焼効率がアップするので、より痩せやすい体の状態になります。

コーヒーと脂肪燃焼の関係は、こちらの記事で詳しく解説しています。
ダイエット中の方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーで脂肪燃焼!ダイエットに効果的な飲み方も解説

便秘解消効果

コーヒーのダイエット効果②便秘解消効果


コーヒーには、便秘解消効果があると言われています。
その理由は、コーヒーに含まれるカフェインにあります。

カフェインは腸の動きを活発にし、便秘を解消する手助けをしてくれるのです。
便秘は基礎代謝を低下させるので、ダイエットの天敵です。

そのため、便秘を予防することはダイエットにおいて非常に重要です。
しかし、コーヒーを飲み過ぎると胃腸に負担がかかりすぎて、胃痛や吐き気などの症状を引きを超すことがあるので注意しましょう。

食欲抑制の効果

コーヒーには、食欲を抑制する効果もあります。
カフェインには中枢神経を刺激し、一時的に食欲を減少させる作用がるのです。

そのため、食前にコーヒーを飲むと食べる食事の量を減らすことができます。
適量を守りながらコーヒーを上手にダイエットに取り入れることで、健康的に体重管理をすることが可能です。

太るリスクを減らし、コーヒーの持つ効果を最大限に活用しましょう。

ダイエット中に痩せるコーヒーの飲み方5つのポイント

ダイエット中に痩せるコーヒーの飲み方5つのポイント


ダイエット中にコーヒーを飲む際に、気を付ける5つのポイントがあります。
これからご紹介するコーヒーの飲み方を意識するとより効率的に痩せることができるでしょう。

意識する5つのポイントはこちら

コーヒーの飲み方一つでダイエット効果がグッと上がるので、上手に活用して実践してください!

ブラックコーヒーで飲む

コーヒーをダイエットに活用する上で、ブラックコーヒーで飲むことは一番重要です。
無糖のブラックコーヒーはカロリー(1杯4kcal)がほとんど含まれていないため、無駄なカロリーを摂取することなくコーヒーのダイエット効果を得ることができます。

これがブラックコーヒーではなく、砂糖や牛乳を加えたコーヒーにすると無駄なカロリーを摂取してしまうので、ダイエットの効率が落ちてしまいます。
カフェラテやカフェオレなどの高カロリー飲料(1杯100kcal以上)であれば、飲むと逆に太るという可能性もあるので、注意しましょう。

ブラックコーヒーが苦手という方は、無脂肪乳やゼロカロリーの甘味料などを活用してなるべくカロリーを抑えるようにしましょう!

ホットコーヒーで飲む

ダイエット中に痩せるコーヒーの飲み方5つのポイント②ホットコーヒーで飲む


コーヒーのダイエット効果を高めるために、ホットコーヒーで飲むことをおすすめします。
コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノール(クロロゲン酸)は、80℃前後の温度でダイエット効果が高まると言われています。

また、温かい飲み物は体温を上げる効果も期待できます。
体温は、1℃上がると代謝が12~13パーセント上がると言われています。

そのため、コーヒーを飲むことで体温が上がり、代謝が高まる効果が期待できます。
ダイエット効果が高まるホットコーヒーで飲めば、より脂肪燃焼を促進してくれるでしょう。

体温が上がることによって基礎代謝が活発になることで痩せやすく太りにくい身体になります。体温が1℃上がると基礎代謝は12~13%もアップすると言われており、普段通りの生活をしているだけでも多くのエネルギーを消費してくれます。

横山医院 低体温による基礎代謝低下の改善から得られるダイエット効果

運動前に飲む

運動前にコーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が高まった状態で運動を行えるのでおすすめです。
コーヒーに含まれるカフェインには、消費カロリーを高める効果があります。

そのため、運動前にコーヒーを飲むことで運動による消費カロリーを引き上げてくれるのです。
また、カフェインの覚醒作用によって集中力がアップするので、運動の質が高くなる効果も期待できます。

ジョギングであれば、普段より長い距離が走れたりするでしょう。
運動前にコーヒーを飲む場合は、運動の30分前に飲んでください。

カフェインは、摂取後30分で効果が出始めます。
運動の30分前に飲めば、運動開始からダイエット効果がアップした状態で運動を行うことができます。

食事の前後に飲む

ダイエット中に痩せるコーヒーの飲み方5つのポイント④食事の前後に飲む


食事の前後の飲むのもおすすめです。
コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。

そのため、食前にコーヒーを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。
食事と間食のどちらを減らしたいかによって、飲むタイミングは変えましょう。

カフェインの効果が出始めるのが摂取後30分程度なので、食前にコーヒーを飲む場合は30分~1時間前が飲むタイミングの目安です。
食後の場合は、30分以内を目安に飲みましょう。

注意点としては、食前と食後の両方飲まないことです。
コーヒーを摂取後2~3時間ほどでカフェインの血中濃度が最大になります。

この時点でカフェインの排出はされていないため、食前と食後に飲んでしまうとカフェインが過剰摂取になり、体に負担がかかります。
自身の状況に合わせて、食前か食後どちらでコーヒーを飲むかを選びましょう!

朝に飲む

朝のコーヒーを飲むことで基礎代謝がアップした状態で1日をスタートすることができます。
基礎代謝が高いと日常生活での消費カロリーが多くなるので、基礎代謝をアップさせることはダイエットでは非常に重要になります。

通常であれば、筋トレなどで地道に筋肉量を増やしてアップさせる基礎代謝ですが、コーヒーで手軽に向上できるのは嬉しいですよね。

朝のコーヒーとダイエットについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
よりコーヒーを効率的にダイエットに活用したい!という方は、ぜひご覧ください!

関連記事:朝コーヒーダイエットのやり方を紹介!脂肪燃焼効果やおすすめのコーヒーも解説

ダイエットコーヒーは効果があるの?

ダイエットコーヒーは効果があるの?


ダイエットコーヒーと呼ばれる種類のコーヒーがあるのをご存じでしょうか?
糖や脂肪の吸収を抑えるなどダイエットをサポートする効果が加えられたコーヒーのことをダイエットコーヒーと呼びます。

トクホを取得しているなど科学的根拠があるダイエットコーヒーもあり、あなたのダイエットを強力にサポートしてくれるでしょう。

ダイエットコーヒーがどんなものがあるか知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説しています。
自分に合ったダイエットコーヒーを見つけて、理想の体型を手に入れてみませんか?

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

ダイエットコーヒーとは?

ダイエットコーヒーとは、糖の吸収を抑える機能などダイエット効果が高められたコーヒーのことです。
糖の吸収を抑える以外にも脂肪の吸収を抑制するや脂肪燃焼を高めるなどさまざまなダイエットコーヒーがあります。

脂肪燃焼など直接ダイエット効果を高めるものだけでなく、食物繊維・乳酸菌・GABAなどが配合されているコーヒーもあり、健康状態を改善することでダイエットをサポートするダイエットコーヒーもあります。
特に、便秘やストレスはダイエットに悪影響を与える要因になるので、ダイエットコーヒーを活用するといいでしょう。

ダイエットには、糖質制限ダイエットやケトジェニックダイエットなど色々な方法があります。
自身のダイエット方法に合ったダイエットコーヒーを活用して、あなたのダイエットをサポートしましょう!

おすすめのダイエットコーヒー

おすすめのダイエットコーヒー


どのダイエットコーヒーにするか悩んでいるという方には、MELT COFFEEがおすすめです。
MELT COFFEEの「糖の吸収を抑える効果」は、どんなダイエットにも合う効果です。

糖分の摂取量は、ダイエットに大きな影響を与えます。
糖の吸収を抑えるMELT COFFEEはダイエットをサポート飲料として、大きな効果が期待できるでしょう。

特に、糖質制限ダイエットとの相性はバツグンです!
また、MELT COFFEEの効果は消費者庁に対して科学的根拠を提出済みの効果です。
機能性表示食品と呼ばれる効果が認められた商品になります。

味については、本場ブラジル産のコーヒー豆を使用しているので、おいしいコーヒーを楽しめます。
インスタントコーヒータイプなので、簡単に作れて続けやすいのも特徴です。

万人受けする効果を出しやすいダイエットコーヒーと言えるでしょう。
また、最初の1カ月は980円(先着50名/日)で試せるので、価格的にもおすすめです。

1カ月分あれば、十分効果を確認できるので初めてのダイエットコーヒーとしてピッタリです!

\先着50名限定 1,000円オフ!/


MELT COFFEEについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
MELT COFFEEが気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:【痩せる?】メルトコーヒー(MELT COFFEE)でダイエットした人の口コミを紹介

コーヒーダイエットに関するQ&A

コーヒーダイエットに関するQ&A


ここでは、コーヒーダイエットに関するよくあるQ&Aに回答していきます。

ブラックコーヒーダイエットが凄すぎるってホント?

ブラックコーヒーを利用したダイエットが注目されていますが、その効果がどれほどなのか気になるところでしょう。
ブラックコーヒーには、脂肪燃焼を促進する作用があり、適量を摂取することで代謝を高めることが可能です。

ブラックコーヒーダイエットは、飲むだけで痩せるというわけではなく運動や食事制限と併用することで高いダイエット効果が期待できるというものです。
ただし、飲むだけで脂肪燃焼効果が高まるのも事実なので、今までの生活を変えずに体重を維持するなどの目的であれば、飲むだけでも効果が得られるでしょう。

ブラックコーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説

急激に痩せるコーヒーはある?

残念ながら急激に痩せるコーヒーというものはありません。
ダイエット効果が高いダイエットコーヒーでも、最低1カ月は効果を実感できるまでの期間が必要でしょう。

もし、急激に痩せるコーヒーというPRがされている商品があるとしたら、詐欺や違法な成分が使われていると疑った方がいいでしょう。

ドラッグストアで買えるダイエットコーヒーはある?

ドラッグストアでも手に入るダイエットコーヒーで、おすすめはC COFFEEですね。
ネットでも売られているので、簡単に手に入ります。

C COFFEEは、油を吸着する国産炭や健康美容に良い成分が配合されているコーヒーです。
炭によるチャコールクレンズの効果とMCTオイルやクロロゲン酸などの効果でダイエットをサポートするコーヒーです。

チャコールクレンズとは、活性炭が持つ体の余分な栄養を吸着して体外に排出する効果のことを指します。
この効果によって、余分な脂肪分などが体外へ排出されるのです。

C COFFEEはコーヒー豆にもこだわっているので、美味しいコーヒーを飲みながらチャコールクレンズが続けられます。

ダイエット中のコーヒーはダメではない!:まとめ

ダイエット中のコーヒーはダメではない!:まとめ


ダイエットをしている方にとって、ダイエット中にコーヒーはダメなのか気になるところでしょう。
ブラックコーヒーであれば、ダイエット中でも飲んでOKです。

むしろダイエット効果が高まるので、積極的に飲んだ方がいいぐらいです。
注意しないといけないのは、砂糖や牛乳を入れたコーヒーです。

砂糖や牛乳を入れたコーヒーは、カロリーが高くなるのでダイエット中は飲むのを控えましょう。
カフェラテやカフェオレも高カロリーなのでダメです。

ブラックコーヒーが飲めないという方は、無脂肪乳やカロリーゼロの甘味料などを活用してカロリーを抑えるようにしましょう。

コーヒーは、ダイエットにとってプラスになる効果が多くあるので、あなたのダイエットの効率をグッと引き上げる飲み物です。
コーヒーをうまく活用して、効率的なダイエットを行いましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事
ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】