コーヒーで脂肪燃焼!ダイエットに効果的な飲み方も解説

コーヒーで脂肪燃焼!ダイエットに効果的な飲み方も解説

アフィリエイト広告を利用しています

コーヒーに脂肪燃焼効果があることをご存知でしょうか?
コーヒーは飲むと代謝がアップして、日々の脂肪燃焼が促進されます。

特に、カロリーがほぼないブラックコーヒーは、摂取カロリーを抑えつつ脂肪燃焼を促進できる飲み物です。
しかし、コーヒーをダイエットに活用するには、いくつかのポイントがあります。

この記事では

  • コーヒーで脂肪燃焼ができる理由
  • ダイエット効果が高まるコーヒーの飲み方やタイミング
  • コーヒーダイエットのやり方

などコーヒーの脂肪燃焼効果について解説します。
コーヒーの脂肪燃焼効果を知って、あなたのダイエットに活かしましょう!

本当におすすめのダイエットコーヒーについては下記の記事で詳しく解説しています。

ダイエットコーヒーで体重を落としたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

コーヒーで脂肪燃焼ができる理由

コーヒーで脂肪燃焼ができる理由


なぜコーヒーで脂肪燃焼ができるのか気になりますよね。
ここでは、コーヒーで脂肪燃焼ができる理由について解説していきます。

これらがコーヒーで脂肪燃焼ができる理由です。
ではそれぞれ解説していきますね。

代謝を促進するカフェインの効果

カフェインには代謝を高める作用があり、この効果によって脂肪燃焼が促進されます。
カフェインは、血流を良くする効果があるため、カフェインを摂取すると体温が上がり基礎代謝が増加します。

ブラックコーヒー1杯(150ml)で10%ほど基礎代謝が上がる効果が期待できます。
その結果、体のエネルギー消費量が上がり脂肪燃焼を助けるのです。

コーヒーを飲むと代謝が上がり日常生活のエネルギー消費量が上がります。
コーヒーを習慣化することで、痩せやすい体で日常生活を送ることができます。

内臓脂肪燃焼を促すクロロゲン酸の効果

コーヒーで脂肪燃焼ができる理由②内臓脂肪燃焼を促すクロロゲン酸の効果


コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、内臓脂肪を低減させる効果があります。

クロロゲン酸は、肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、肝臓への脂質の取り込みをスムーズにする効果があります。

肝臓への脂肪の取り込みが促進されるので、脂肪燃焼が活発になり内臓脂肪を低減させるのです。

コーヒークロロゲン酸は肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、脂質の取り込みをスムーズにする。
さらに余分な糖質(グルコースなど)の脂肪への再合成を抑制するという。
つまりコーヒークロロゲン酸は、人が本来もっている脂質代謝能力を高め、内臓脂肪を低減させる働きがあるのだ。

花王 【コーヒークロロゲン酸と茶カテキン】内臓脂肪を減らす3つのステップ

ダイエット効果が高まるコーヒーの飲み方やタイミング

ダイエット効果が高まるコーヒーの飲み方やタイミング


飲み方やタイミングを気を付けることで、コーヒーの脂肪燃焼効果を最大限に引き出すことができます。
コーヒーの脂肪燃焼効果を引き出す方法はこちら

コーヒーで脂肪燃焼ができる理由

ではそれぞれ解説していきますね。
コーヒーの脂肪燃焼効果をダイエットに活かしましょう!

運動前に飲む

運動前にコーヒーを飲むことで、ダイエット効果をアップさせることができます。
コーヒーに含まれるカフェインには、消費カロリーを高める効果があります。

そのため、運動前にコーヒーを飲むことで運動による消費カロリーを引き上げてくれるのです。
また、カフェインの覚醒作用によって集中力がアップするので、運動の質が高くなる効果も期待できます。

ジョギングであれば、普段より長い距離が走れたりするでしょう。
運動前にコーヒーを飲む場合は、運動の30分前に飲んでください。

カフェインは、摂取後30分で効果が出始めます。
運動の30分前に飲めば、運動開始からダイエット効果がアップした状態で運動を行うことができます。

食事の前後に飲む

ダイエット効果が高まるコーヒーの飲み方やタイミング②食事の前後に飲む


コーヒーを食事の前後に飲むことで、ダイエット効果を高めることができます。
コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。

そのため、食前にコーヒーを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。
食事と間食のどちらを減らしたいかによって、飲むタイミングは変えましょう。

カフェインの効果が出始めるのが摂取後30分程度なので、食前にコーヒーを飲む場合は30分~1時間前が飲むタイミングの目安です。
食後の場合は、30分以内を目安に飲みましょう。

注意点としては、食前と食後の両方飲まないことです。
コーヒーを摂取後2~3時間ほどでカフェインの血中濃度が最大になります。

この時点でカフェインの排出はされていないため、食前と食後に飲んでしまうとカフェインが過剰摂取になり、体に負担がかかります。
自身の状況に合わせて、食前か食後どちらでコーヒーを飲むかを選びましょう!

食後のコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:食後のコーヒーは太る?ダイエットに効果的な飲み方や飲むタイミングを紹介

ホットコーヒーで飲む

コーヒーのダイエット効果を高めるために、ホットコーヒーで飲むことをおすすめします。
コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノール(クロロゲン酸)は、80℃前後の温度でダイエット効果が高まると言われています。

また、温かい飲み物は体温を上げる効果も期待できます。
体温は、1℃上がると代謝が12~13パーセント上がると言われています。

そのため、ホットコーヒーを飲むことで体温が上がり、代謝が高まる効果が期待できます。
ダイエット効果が高まるホットコーヒーで飲めば、より脂肪燃焼を促進してくれるでしょう。

体温が上がることによって基礎代謝が活発になることで痩せやすく太りにくい身体になります。体温が1℃上がると基礎代謝は12~13%もアップすると言われており、普段通りの生活をしているだけでも多くのエネルギーを消費してくれます。

横山医院 低体温による基礎代謝低下の改善から得られるダイエット効果

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットのやり方


コーヒーをダイエットに取り入れるには、いくつかの注意点があります。
ここでは、コーヒーをダイエットに活かすやり方をご紹介します。

コーヒーダイエットのやり方を知って、コーヒーであなたのダイエットをサポートしましょう!

毎日継続して飲む

コーヒーをダイエットに活かすためには、毎日継続して飲むことは非常に重要になります。
コーヒーを毎日飲むことで、日々の代謝が上がってる状態で日常生活を過ごすことができるのです。

代謝が上がっているので、同じ生活をしていても消費カロリーが高くなり、痩せやすくなります。
そのため、コーヒーダイエットにおいて毎日飲み続けることは非常に重要なのです。

注意点としては、コーヒーを飲みすぎないことです。
痩せやすくなるからとコーヒーをたくさん飲んでしまうとカフェインの過剰摂取になる恐れがあります。

カフェインを過剰摂取するとめまい・動悸・疲労感・下痢・吐き気などの症状が出ることがあるのです。
1日あたりのカフェイン摂取量としては、健康な成人の場合でカフェインの1日の摂取量は400mg、妊婦の方の場合で300mgが目安とされています。

ブラックコーヒーのカフェイン量がコーヒーカップ1杯(150ml)で80~100mg程度なので、カフェイン400mgはブラックコーヒー4杯分、カフェイン300mgはブラックコーヒー3杯分になります。

カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。

厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

また、摂取量内でも毎日飲むと体調が悪くなる人もいます。
そのような方は、2~3日置きに飲むなどして調整しましょう。

ミルクを入れずにブラックコーヒーで飲む

コーヒーダイエットのやり方②ミルクを入れずにブラックコーヒーで飲む


コーヒーをダイエットに活用する際には、ミルクや砂糖を入れないことが重要です。
ブラックコーヒー自体にはほとんどカロリーがなく、カフェインやクロロゲン酸などの成分が脂肪燃焼や食欲抑制の効果を持っています。

しかし、ミルクや砂糖を加えることでカロリーが増えてしまい、ダイエット効果が薄れてしまうからです。
そのため、ブラックコーヒーのダイエット効果を最大限に引き出すためには、ミルクや砂糖を入れずに飲むことが大切です。

どうしてもブラックコーヒーが苦手で飲めない場合は、無脂肪乳やカロリーゼロの人工甘味料などを活用してなるべくカロリーを抑えるようにしましょう。

痩せるコーヒーを選ぶ

ダイエットコーヒーという痩せやすいコーヒーがあるのをご存じでしょうか?
ダイエットコーヒーとは、糖の吸収を抑えるなどダイエットをサポートする効果を持ったコーヒーのことです。

代表的なダイエットコーヒーは、MELT COFFEEというダイエットコーヒーです。
このMELT COFFEEは、糖の吸収を抑える効果を持ったコーヒーになります。

本来のコーヒーの成分も含まれているので、糖の吸収を抑える効果に加えてカフェインの持つ脂肪燃焼効果も得ることができます。
この2つの効果は、ダイエットを強力にサポートしてくれるでしょう。

ダイエットコーヒーは、MELT COFFEEの様に元々コーヒーが持つダイエット効果に+αでダイエットをサポートする効果を持っています。
そのため、ダイエット中のコーヒーとしてかなりおすすめのコーヒーなのです!

ダイエットコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

どのくらいの量のブラックコーヒーを飲めばいい?

ブラックコーヒーを飲む量は、1日にコーヒーカップ3杯(450ml)を目安にするといいでしょう。
この量であれば、カフェインの過剰摂取になることはないです。

体質的にカフェインが苦手な方は、自身の体質に合わせて量を調整してください。
飲み方としては、3時間おきに1杯のペースで飲むと効果的です。

コーヒーを飲んでから2~3時間後にカフェインの血中濃度がピークになります。
このサイクルに合わせてブラックコーヒーを飲めば、常にダイエット効果が高い体の状態を維持できるので、高いダイエット効果を得ることができます。

まとめ:コーヒーの脂肪燃焼効果をダイエットに活かそう!

まとめ:コーヒーの脂肪燃焼効果をダイエットに活かそう!


コーヒーの脂肪燃焼効果は、あなたのダイエットをサポートしてくれます。
コーヒーは飲むだけで代謝がアップするので、ダイエット中の方とって非常に強力な効果ですよね。

ただし、コーヒーをダイエットに活かすためには、毎日継続して飲むことやブラックコーヒーで飲むなど注意点があります。
また、糖の吸収を抑える効果を持ったMELT COFFEEなどのダイエット効果の高いコーヒーを活用するとより痩せやすくなるでしょう。

コーヒーを毎日飲んで、あなたのダイエットに活かしていきましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事
ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】