コーヒーは飲みすぎで太る?無糖・朝/夜・カフェインを解説

コーヒーは飲みすぎで太る?無糖・朝/夜・カフェインを解説

アフィリエイト広告を利用しています

日頃コーヒーをよく飲むという人は、コーヒーがダ体重に影響があるかどうか気になりますよね。
飲みすぎると太るのかなど飲む量でも変わるのか気になるところです。

この記事では

  • コーヒーは太るのか?
  • コーヒーで太る原因
  • 太るコーヒーの飲み方

などコーヒーで太るのかについて解説していきます。
記事内でダイエット中のコーヒーの効果的な飲み方などもご紹介します。

この記事を読んで、コーヒーとダイエットの関係を知りましょう!

美味しいコーヒーを飲みながら今よりも体重を3Kg減らしたいのであれば、ダイエットコーヒーがおすすめです。

下記の記事では飲みやすくて効果が出るダイエットコーヒーを紹介しています。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

コーヒーは太るのか?

コーヒーは太るのか?


コーヒーがダイエットにどのような影響を与えるのかは、気になるところですよね。
実は、ブラックコーヒー自体にはほとんどカロリーが含まれていません。

コーヒーで太る可能性が出てくるのは、砂糖や牛乳などを入れた場合です。
コーヒーに砂糖やコーヒーフレッシュをたっぷり加えるとコーヒーのカロリーが増えて、太る原因につながることがあります。

一方、ブラックコーヒー自体には、脂肪燃焼などのダイエット効果があるとも言われています。
カフェインには脂肪燃焼を促進する働きがあり、適度なコーヒー摂取はダイエットの助けになる可能性があるのです。

ブラックコーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
コーヒーをダイエットに活用したい!という方はぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説

ただし、コーヒーを過剰に飲むと睡眠障害や体調不良を引き起こすこともあるため、自身の適量を守るように気を付けましょう。

コーヒーで太る原因

コーヒーで太る原因


ブラックコーヒーを飲むこと自体が太る原因になるわけではありませんが、砂糖やコーヒーフレッシュなどそのほかの要因でカロリーを摂取してしまい太ることがあります。

考えられる原因がこちら

では、それぞれ解説していきますね!

コーヒーフレッシュや砂糖を入れてを飲んでいる

コーヒーで太る原因①コーヒーフレッシュや砂糖を入れてを飲んでいる


コーヒーを飲む際に、砂糖やコーヒーフレッシュを加える人も多いと思います。
これらのカロリーが、体重増加の原因になるのです。

コーヒーフレッシュや牛乳には、乳脂肪や糖分が含まれており、コーヒーに加えると摂取カロリーが増えてしまいます。
砂糖も同様に摂取カロリーの増加に繋がります。

毎日のコーヒーにコーヒーフレッシュや砂糖を加える習慣がある場合、知らず知らずのうちに余分なカロリーを摂取してしまっている可能性があります。
特に、ダイエット中の方や体重管理をしている方は、ブラックコーヒーで飲むまたはカロリーオフの甘味料や無脂肪乳を使用するなどの工夫が必要です。

ブラックコーヒー自体はほとんどカロリーがなく、適量であれば健康にも良いとされていますが、加えるものによっては太る原因にもなるので、注意が必要です。

コーヒーと一緒にお菓子を食べている

コーヒーを飲む際に、お菓子よく食べるという人って多いのではないでしょうか。
コーヒーに合うスイーツは多いので、ついつい食べてしまいますよね。

この一緒に食べるお菓子の摂取カロリーが太る原因になるのです。
ショートケーキやチョコレートなどの高カロリースイーツを頻繁に摂取すると体重増加に繋がる可能性があります。

高カロリーでなくてもコーヒーと一緒にお菓子を食べることで、コーヒー以外のカロリーを摂取してしまいます。
ダイエットの方は、コーヒー以外のカロリーのも注意しておきましょう。

カフェインの過剰摂取でむくむ

コーヒーで太る原因③カフェインの過剰摂取でむくむ


カフェインの過剰摂取がむくみの原因になることをご存知ですか。
特に、コーヒーを多く飲む習慣がある方は注意が必要です。

カフェインには利尿作用があり、体内の余分な水分や老廃物の排出を促進するので基本的にはむくみを解消させる作用があります。
しかし、カフェインを過剰に摂取すると体内のミネラルバランスを崩すことがあります。

特に、利尿作用によってカリウムの排出が進みカリウム不足になると、体内に水分を保持する効果のあるナトリウムが蓄積されます。
その結果、体は水分を保持しようとしてむくみが起こるのです。

適量のコーヒーは心身に良い影響をもたらしますが、過剰な摂取は逆効果になります。
自分に合ったカフェインの量を見極め、適量摂取を心がけましょう。

カフェインによる睡眠の質低下

カフェインの摂取すると覚醒作用によって、睡眠の質に影響を与える可能性があります。
特に、コーヒーに含まれるカフェインは、寝る前の数時間前に摂取すると寝つきが悪くなったり睡眠の質が低下する原因になるのです。

また、カフェインは利尿作用もあるため、夜に何度も目覚める可能性があります。
この中途覚醒が睡眠の質を低下させる一因になるのです。

睡眠の質が低下すると健康状態が悪くなります。
健康状態が悪化すると体の正常に機能しなくなり、代謝がうまくできないなど太りやすい体の状態になってしまうことがあるのです。

適切な体重管理をするためにも、カフェインの摂取に注意して睡眠の質を保ちましょう。

腸内環境が乱れる

コーヒーの過剰な摂取は、腸内環境の乱れにつながることがあります。
腸内フローラは、私たちの健康にとって重要な役割を果たしており、そのバランスが崩れると太りやすくなる可能性があります。

コーヒーに含まれるカフェインは、適量であれば腸の動きを活発にて便秘解消や胃腸の活動を活発にする作用があります。
しかし、摂取量が多いと腸内環境を悪化させ、腸内フローラのバランスを崩して結果として体重増加に繋がる恐れがあります。

健康的な腸内環境を維持するためには、コーヒーの摂取量に注意してバランスの良い食生活を心がけることが大切です。
適切な量のコーヒーを楽しみながら、健康的な体を目指しましょう。

太るコーヒーの飲み方

太るコーヒーの飲み方


ただ、コーヒーを飲むだけでもその飲み方で太るかどうかが変わってきます。
ブラックコーヒーにはほとんどカロリーが含まれていないので、飲み方の影響は非常に大きいです。

ではそれぞれ解説していきますね!

砂糖やコーヒーフレッシュを入れて飲む

カロリーが含まれている砂糖やコーヒーフレッシュをコーヒーに入れることは、コーヒーにカロリーを加えていることになります。
このカロリーが太る原因になるのです。

砂糖は高カロリーでミルクには脂肪分も含まれています。
特に、カフェラテやカフェオレには、想像以上に多くの砂糖や牛乳が含まれていることがあります。

コーヒー自体にはほとんどカロリーがないため、ダイエット中や太りたくない人はブラックで飲むようにしましょう。

寝起きや夜寝る前に飲んでいる

太るコーヒーの飲み方②寝起きや夜寝る前に飲んでいる


寝起きや夜寝る前のリラックスタイムにコーヒーを飲む習慣がある人も多いでしょう。
この習慣が睡眠の質を下げたり、人間本来の活動を阻害して太る原因になることがあるのです。

寝起き直後や起きてから1時間以内にコーヒーを飲むと人間が本来持っている覚醒作用を阻害して、逆に目覚めが悪くなるのです。

人間は、起床時に覚醒作用のあるコルチゾールを分泌して、目覚めを促進します。
実はカフェインには、このコルチゾールの分泌を抑制する作用を持っているのです。

コルチゾールの分泌量は起床後1時間程度でピークに達するので、この時間帯にカフェインを摂取するとお互いの働きを抑制してしまい覚醒効果を十分に得ることができません。
そのため、朝の覚醒がうまくいがず活動量が減る可能性があるのです。

起床して1時間経つとコルチゾールの分泌量が低下するので、このタイミングにコーヒーを飲むと効果的にカフェインの覚醒作用が働きます。
正しく体を覚醒させるために寝起きにすぐ飲むのではなく、起きてから1時間経ってから飲むようにしましょう。

朝のコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:朝コーヒーダイエットのやり方を紹介!脂肪燃焼効果やおすすめのコーヒーも解説


また、コーヒーに含まれるカフェインは、眠りを浅くすることがあるため、夜寝る前に飲むと睡眠の質が低下することがあります。
睡眠不足は、食欲を増加させたり、健康状態を悪化させる要因になります。

健康状態が悪化すると体の正常に機能しなくなり、代謝がうまくできないなど太りやすい体の状態になってしまうことがあるのです。

適切な体重管理をするためにも、コーヒーを飲む時間に注意しましょう。

夜寝る前のコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:夜寝る前のコーヒーは太る?ダイエットへの影響や効果を解説

飲みすぎている

コーヒーを飲みすぎると太る場合もあります。
特に、カフェラテやカフェオレなどの砂糖や牛乳入りのコーヒーをたくさん飲むと必然的に多くのカロリーを摂取することになるので、太ってしまいます。

また、カフェインの過剰摂取によって睡眠不足や健康状態が悪くなることも考えられます。
健康状態が悪いと正常な代謝が行われず太ることもあります。

コーヒーで太らないためにも、飲みすぎないように日々の摂取量には気を付けましょう。

コーヒーは体に悪い

コーヒーは体に様々な影響を与えますが、飲みすぎると体に悪い影響を与える可能性があります。
例としては、胃腸の不調・睡眠の質の低下・疲労感の増加・カフェイン中毒のリスクなどがあります。

特にコーヒーに含まれるカフェインには、胃腸を刺激する効果があるので胃腸が弱い方は注意が必要です。
コーヒーの飲み過ぎによって、胃痛・吐き気・下痢などを引き起こすことがあります。

体調に注意しながら、自身の適量を見極めてコーヒーを楽しみましょう。

コーヒーの健康への影響については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーの飲みすぎは危険?健康への影響や1日の飲む量を解説

コーヒーが持つダイエット効果

コーヒーが持つダイエット効果


コーヒーには、脂肪燃焼効果などダイエットをサポートする効果がたくさんあります。
どのような効果があるのか気になりますよね?

コーヒーが持つダイエット効果

それでは、それぞれ解説していきますね。

脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれるカフェインは、脂肪燃焼を促進する効果があります。
カフェインを摂取することで、代謝が向上して消費カロリーが向上するのです。

また、運動前にコーヒーを飲むことで運動効率が上がり、より多くの脂肪が燃焼される可能性があります。
脂肪燃焼効率がアップするので、より痩せやすい体の状態になります。

コーヒーと脂肪燃焼の関係は、こちらの記事で詳しく解説しています。
ダイエット中の方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーで脂肪燃焼!ダイエットに効果的な飲み方も解説

便秘解消効果

コーヒーが持つダイエット効果②便秘解消効果


コーヒーには、便秘解消効果があると言われています。
その理由は、コーヒーに含まれるカフェインにあります。

カフェインは腸の動きを活発にし、便秘を解消する手助けをしてくれるのです。
便秘は基礎代謝を低下させるので、ダイエットの天敵です。

そのため、便秘を予防することはダイエットにおいて非常に重要です。
しかし、コーヒーを飲み過ぎると胃腸に負担がかかりすぎて、胃痛や吐き気などの症状を引きを超すことがあるので注意しましょう。

食欲抑制の効果

コーヒーには、食欲を抑制する効果もあります。
カフェインには中枢神経を刺激し、一時的に食欲を減少させる作用がるのです。

そのため、食前にコーヒーを飲むと食べる食事の量を減らすことができます。
適量を守りながらコーヒーを上手にダイエットに取り入れることで、健康的に体重管理をすることが可能です。

太るリスクを減らし、コーヒーの持つ効果を最大限に活用しましょう。

痩せるコーヒーの飲み方

痩せるコーヒーの飲み方


コーヒーには、ダイエット効果を高める飲み方がいくつかあります。
どうせ飲むならダイエット効果を最大限に引き出して効率的に痩せたいですよね!

ブラックコーヒーで飲む

痩せるコーヒーの飲み方①ブラックコーヒーで飲む


基本的にコーヒーは、カロリーがほぼないブラックコーヒーで飲むことをおすすめです。
ブラックコーヒーであればカロリーを摂取することなく、脂肪燃焼を促進する効果などを得ることができます。

ブラックコーヒーの適量を摂取は、あなたの体を太りにくい体質へと導く手助けをしてくれるでしょう。
飲むコーヒーの種類は、インスタントコーヒー・ドリップコーヒーのどちらでも効果を得ることができます。
もちろん缶コーヒーやペットボトルのコーヒーでもOKです。

ブラックコーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
コーヒーをダイエットに活用したい!という方はぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説

緑茶コーヒーで飲む

緑茶コーヒーは、コーヒーと緑茶を組み合わせた飲み物です。
ダイエット中に飲む飲み物として、緑茶コーヒーはかなりおすすめです。

緑茶コーヒーには、緑茶の持つカテキンが脂肪の吸収を抑え、コーヒーのカフェインが代謝を促進する効果が期待できます。
そのため、高いダイエット効果が期待できる飲み物なのです。

緑茶コーヒーの作り方や効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
記事を読んで、緑茶コーヒーをダイエットに活用してみましょう!

関連記事:緑茶コーヒーのダイエット効果は?作り方やダイエットに活かす方法を紹介

ホットで飲む

痩せるコーヒーの飲み方③ホットで飲む


コーヒーのダイエット効果を高めるために、ホットコーヒーで飲むことをおすすめします。
コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノール(クロロゲン酸)は、80℃前後の温度でダイエット効果が高まると言われています。

また、温かい飲み物は体温を上げる効果も期待できます。
体温は、1℃上がると代謝が12~13パーセント上がると言われています。

そのため、コーヒーを飲むことで体温が上がり、代謝が高まる効果が期待できます。
ダイエット効果が高まるホットコーヒーで飲めば、より脂肪燃焼を促進してくれるでしょう。

体温が上がることによって基礎代謝が活発になることで痩せやすく太りにくい身体になります。体温が1℃上がると基礎代謝は12~13%もアップすると言われており、普段通りの生活をしているだけでも多くのエネルギーを消費してくれます。

横山医院 低体温による基礎代謝低下の改善から得られるダイエット効果

運動前に飲む

運動前にコーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が高まった状態で運動を行えるのでおすすめです。
コーヒーに含まれるカフェインには、消費カロリーを高める効果があります。

そのため、運動前にコーヒーを飲むことで運動による消費カロリーを引き上げてくれるのです。
また、カフェインの覚醒作用によって集中力がアップするので、運動の質が高くなる効果も期待できます。

ジョギングであれば、普段より長い距離が走れたりするでしょう。
運動前にコーヒーを飲む場合は、運動の30分前に飲んでください。

カフェインは、摂取後30分で効果が出始めます。
運動の30分前に飲めば、運動開始からダイエット効果がアップした状態で運動を行うことができます。

食事の前後に飲む

痩せるコーヒーの飲み方⑤食事の前後に飲む


食事の前後の飲むのもおすすめです。
コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。

そのため、食前にコーヒーを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。
食事と間食のどちらを減らしたいかによって、飲むタイミングは変えましょう。

カフェインの効果が出始めるのが摂取後30分程度なので、食前にコーヒーを飲む場合は30分~1時間前が飲むタイミングの目安です。
食後の場合は、30分以内を目安に飲みましょう。

注意点としては、食前と食後の両方飲まないことです。
コーヒーを摂取後2~3時間ほどでカフェインの血中濃度が最大になります。

この時点でカフェインの排出はされていないため、食前と食後に飲んでしまうとカフェインが過剰摂取になり、体に負担がかかります。
自身の状況に合わせて、食前か食後どちらでコーヒーを飲むかを選びましょう!

痩せたいならダイエットコーヒーがおすすめ

ダイエットコーヒーという痩せやすいコーヒーがあるのをご存じでしょうか?
ダイエットコーヒーとは、糖の吸収を抑えるなどダイエットをサポートする効果を持ったコーヒーのことです。

代表的なダイエットコーヒーは、MELT COFFEEというダイエットコーヒーです。
このMELT COFFEEは、糖の吸収を抑える効果を持ったコーヒーになります。

本来のコーヒーの成分も含まれているので、糖の吸収を抑える効果に加えてカフェインの持つ脂肪燃焼効果も得ることができます。
この2つの効果は、ダイエットを強力にサポートしてくれるでしょう。

ダイエットコーヒーは、MELT COFFEEの様に元々コーヒーが持つダイエット効果に+αでダイエットをサポートする効果を持っています。
そのため、ダイエット中のコーヒーとしてかなりおすすめのコーヒーなのです!

ダイエットコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

コーヒーは飲み方によって太る可能性あり!

コーヒーは飲み方によって太る可能性あり!


コーヒー飲むと必ず太るというわけではありません。
ただし、飲み方によって太る可能性があります。

注意しなければならないのは、砂糖やコーヒーフレッシュをなるべく入れないということです。
ブラックコーヒー自体はほとんどカロリーがないため太るの心配は少ないのですが、砂糖やコーヒーフレッシュを入れると摂取カロリーが増えて太る原因になります。

特に、カフェで人気のフラペチーノやカラメルマキアートなどの甘いコーヒードリンクは、高カロリーであることが多く、頻繁に飲むと体重増加に繋がる可能性があります。

コーヒーを健康的に楽しむためには、砂糖の量を控えめにしたり低脂肪のミルクを選ぶなど飲み方を工夫することが大切です。
飲み方に気を付けながら、日々のコーヒーを楽しみましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事
ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】