コーヒーで体調不良になるのはなぜ?吐き気など気持ち悪くなる原因を解説

コーヒーで体調不良になるのはなぜ?吐き気など気持ち悪くなる原因を解説

アフィリエイト広告を利用しています

コーヒーを飲むと体調不良を感じることはありませんか?
毎回ではないけれどたまに吐き気やめまいが出るという人もいらっしゃるでしょう。
実は、コーヒーには体質やその日の体調によって、体調不良になってしまう要因がいくつかあるんです。

この記事では

  • コーヒーで体調不良になるのはなぜ?
  • コーヒーやカフェインで体調不良になる場合の症状
  • コーヒーでカフェイン中毒や体調不良になった時の対処法

などコーヒーと体調不良の関係性について解説します。
なぜコーヒーで体調不良になるのかを知って、自身の体質に合わせたコーヒーの楽しみ方を見つけましょう!

美味しいコーヒーを飲みながら今よりも体重を3Kg減らしたいのであれば、ダイエットコーヒーがおすすめです。

下記の記事では飲みやすくて効果が出るダイエットコーヒーを紹介しています。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

コーヒーで体調不良になるのはなぜ?

コーヒーで体調不良になるのはなぜ?


コーヒーで体調不良になるのは、なぜなのでしょうか?
その理由には、いくつかの原因があります。

では、それぞれ解説していきますね。

カフェインの影響

コーヒーに含まれるカフェインの影響で、体調不良になる可能性があります。
カフェインには、胃腸の働きを促進する効果があります
そのため、カフェインを取り過ぎると過剰に胃酸が分泌されて胃腸に負担がかかるのです。

胃酸が過剰に分泌されると胃が荒れてしまい胃痛・吐き気・下痢などの症状が現れることがあります。
特に、胃腸の弱い人は症状が出やすいので注意が必要です。

コーヒーの胃に優しい飲み方については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーの胃に優しい飲み方をご紹介!消化を助けるコツや胃が荒れる理由を解説

また、カフェインには利尿作用もあります。
カフェインを摂取すると尿による体内の水分排出量が増えて、脱水症状を引き起こす可能性があります。
脱水症状は体調不良を引き起こす原因の1つとなるため、コーヒーを飲む場合はこまめな水分補給が大切です。

コーヒーの利尿作用については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーの利尿作用は何時間続く?カフェインの効果が出る摂取量や持続時間を解説

カフェイン中毒

コーヒーで体調不良になるのはなぜ?②カフェイン中毒


コーヒーで体調不良になる原因の1つとして、カフェインが体質的に合わないことが考えられます。
カフェイン過敏症と呼ばれる症状で、少量のカフェインを摂取しただけでも脈拍や呼吸数の増加・吐き気などカフェイン中毒の症状が現れます。

カフェイン過敏症とは、摂取量に関係なく、カフェインに対して過剰に反応し、カフェインの作用が出ることです。
アルコールに対する耐性が弱い人がビールを一口飲んだだけでも気分が悪くなってしまうのと同じで、カフェインを少量摂っただけで、脈拍数や呼吸数の増加など、カフェイン中毒の症状が現れます。

ミラシル カフェイン過敏症や中毒症状に注意!知っておきたいカフェインの適正量

緑茶やエナジードリンクなどカフェインを含んだ飲み物でも同様の症状が出る場合は、カフェインが体質的に合わない可能性が高いです。
カフェインが体質的に合わない人は、カフェインの含有量が少ないデカフェやカフェインレスコーヒーをうまく活用しましょう。
もし摂取後に気分が悪くなった場合は、水や白湯を飲んで体内のカフェインを希釈すると改善する場合があります。

コーヒーアレルギー

コーヒーにアレルギーがあるのをご存じでしょうか。
コーヒーのアレルギーは、コーヒーに含まれるタンパク質に体が反応して起こるアレルギー反応です。
アレルギー反応の症状としては、湿疹・かゆみ・下痢などがあります。

このコーヒーアレルギーが原因でコーヒーを飲むと気持ち悪くなる人がいます。
コーヒーアレルギーの原因は、コーヒーに含まれるタンパク質に対して免疫系が過剰反応してしまうことで起こるのです。
具体的な原因はまだ明確にはわかっていませんが、遺伝的な要素や環境の影響が関与していると考えられています。

コーヒーに関連する飲料や食品を摂取した際に、かゆみや下痢などの症状が出るのであれば、コーヒーアレルギーの可能性があります。
コーヒーアレルギーの疑いがある方は、一度アレルギー検査を受けてみましょう。
アレルギー検査は、食物アレルギーの検査を行っている内科病院で実施できます。

近くに検査を行っている病院がない場合は、下記のような検査キットを利用するのもおすすめです。
アンブロシア社の日本人向け食品:IgG食物過敏セミパネル(120項目)は、検査項目にコーヒーも含まれているので、コーヒーアレルギーかどうかを確認できます。
コーヒーアレルギーによる体調不良を避けるためには、自身の体質やアレルギーの有無を把握し、適切な対策を行うことが重要です。

コーヒーやカフェインで体調不良になる場合の症状

コーヒーやカフェインで体調不良になる場合の症状


コーヒーやカフェインを摂取によって出る体調不調の症状は、人によってさまざまです。
コーヒーやカフェインの影響で出る症状はこちら

コーヒーやカフェインで体調不良になる場合の症状

これらの症状が現れた場合は、カフェイン摂取量を調整したり十分な休息を取ることが重要です。
また、症状が続く場合は医師の診断を受けてください。
健康的にコーヒーを楽しむためにも、自身の体調には注意しましょう。

下痢・胃痛・吐き気

コーヒーを飲むと下痢・胃痛・吐き気などの胃腸に関係する症状が出る人がいます。
原因としては、カフェインの刺激による胃酸過多です。
カフェインには、胃腸の働きを促進する作用があります。

そのため、胃酸の分泌が増えてしまうのです。
カフェインを過剰に摂取すると胃酸過多になり、下痢や胃痛などを引き起こします。

また、そもそもカフェイン自体が体に合わないという人もいます。
コーヒー以外にもカフェインが含まれている飲料を飲むと胃痛や吐き気がする方は、体質的にカフェインが合わない可能性が高いです。
特に胃腸が弱い方は、少量のカフェイン摂取でも症状が出ることがあるので注意してください。

コーヒーと胃腸の関係については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーでお腹を壊すのはなぜ?下痢になる原因や治し方を解説

自律神経の乱れ

コーヒーやカフェインで体調不良になる場合の症状②自律神経の乱れ


コーヒーやカフェインを摂取すると自律神経の乱れが引き起こされることがあります。
自律神経は、体内の機能を自動的に調節する役割を持っていますが、カフェインの摂取によってそのバランスが崩れることがあります。

カフェインは中枢神経を刺激し、交感神経が優位になることで体が興奮状態になるのです。
この状態が続くと自律神経のバランスが乱れ、体調不良を引き起こす可能性があります。
具体的な症状としては、動悸・震え・吐き気などが挙げられます。

自律神経の乱れを防ぐためには、コーヒーやカフェインの摂取量を適度に抑えることが大切です。
自身の体質に合わせたカフェインの摂取量を把握しておきましょう。

疲労感・倦怠感

コーヒーによって、日々の疲労感や倦怠感が増加する恐れがあります。
疲労感や倦怠感の原因として考えられるのが、カフェインの影響です。
カフェインには、胃腸の働きを促進する作用があります。
コーヒーを飲むといつもより胃腸を動かしている状態になるので、体に負担がかかり疲労感に繋がります。

また、カフェインの脂肪燃焼効果も疲れる原因の1つです。
脂肪燃焼効果によって、代謝が上がり日常生活のエネルギー消費量が上がります。
普段よりも体が活動的になっているので、気付かないうちに疲労が溜まります。

どちらの効果も体が普段よりパワーを使っている状態なので、いつもと同じことをしていても疲れてしまうという訳です。

コーヒーと疲労の関係については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:疲れるのはコーヒーが原因?缶コーヒーやブラックが与える体の影響に迫る

コーヒーでカフェイン中毒や体調不良になった時の対処法

コーヒーでカフェイン中毒や体調不良になった時の対処法


ここでは、コーヒーやカフェインで体調不良になったという場合の対処法をご紹介します。

コーヒーでカフェインで体調不良になった時の対処法

以上がコーヒーでカフェイン中毒や体調不良になった時の対処法です。
あくまでも自宅での対処法なので、ご紹介した方法でも症状が改善されない場合は病院に行きましょう。

水や白湯を飲む

コーヒーでカフェイン中毒や体調不良になった時の対処法①水や白湯を飲む


コーヒーやカフェインで体調不良になった場合、まずは水や白湯を飲むことがおすすめです。
カフェインの過剰摂取や脱水症状を起こしている場合は、水分補給が非常に重要になります。
水や白湯は体に負担をかけないので、体調の悪い時の水分補給にはピッタリです。

特に白湯には胃を温める効果があるので、胃腸の調子が悪い場合は白湯にしましょう。
また、白湯を飲むと体が温まって血流が良くなり、体内の老廃物を排出する効果もあるのでカフェインの排出が促進されます。
ただし、熱すぎるお湯は胃に負担をかけるので、50~60℃ぐらいが適しています。

とにかくコーヒーやカフェインで体調不良になった時は、まず水や白湯を飲んで体の状態を落ち着けるように意識しましょう。

薬を飲む

胃薬など症状に合わせた薬を飲むのも対処法の1つです。
普段使用している薬があるのであれば、その薬を飲んでみましょう。
ただし、薬を飲まないといけないほどひどいのであれば、病院に行くことをおすすめします。

特に、同じ症状が数日に渡って続くようなら病院で診てもらいましょう。
薬は一時的な対処法なので、わざわざ薬局に薬を買いに行くぐらいであれば病院に行ってください。

病院に行く

体調が悪くなっているので、まず病院に行くことをおすすめします。
なぜなら、体調不良の原因が他の要因によるもので、何らかの疾患が隠れている可能性があるからです。
民間の対処療法では、どうにもならないことがあります。

症状が改善しない場合は、一度病院に行って原因を確認しましょう。
健康な体を維持するためにも、病院で適切な診断をしてもらうことが大切です。

コーヒーで気持ち悪くなるのを防ぐ方法

コーヒーで気持ち悪くなるのを防ぐ方法


コーヒーはポイントを抑えれば、コーヒーで気持ち悪くなることを防ぐことができます。
気持ち悪くなるのを防ぐ方法はこちら

以上が、コーヒーで気持ち悪くなるのを防ぐ方法です。
1つずつ解説するので、紹介したポイントに気をつけながらコーヒーを楽しんでください!

1日の摂取量に気を付ける

カフェインを過剰摂取するとめまい・動悸・疲労感・下痢・吐き気などの症状が出ることがあります。
コーヒーを飲む際には、カフェインの過剰摂取にならないように適量を守ることが非常に大切です。
1日あたりのカフェイン摂取量としては、健康な成人の場合でカフェインの1日の摂取量は400mg、妊婦の方の場合で300mgが目安とされています。

ブラックコーヒーのカフェイン量がコーヒーカップ1杯(150ml)で80~100mg程度なので、カフェイン400mgはブラックコーヒー4杯分、カフェイン300mgはブラックコーヒー3杯分になります。
自身のカフェインの摂取量を把握し、適量を守りましょう。

カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。

厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

空腹時など飲むタイミングに気を付ける

コーヒーで気持ち悪くなるのを防ぐ方法②空腹時など飲むタイミングに気を付ける


空腹時の胃腸は、刺激に対して過剰に反応するので、空腹時にコーヒーを飲むのは避けてください。
飲む量が適量であっても、空腹時の場合はカフェインの刺激に過剰に反応して気持ち悪くなる可能性があります。
そのため、コーヒーを飲む際には食事を済ませた後や軽いおやつなどと一緒に飲むなど、空腹を避けるようにしましょう。

特に、胃腸が弱い方は注意が必要です。
空腹時のコーヒーは、胃酸を過剰に分泌させるため胃痛や胃もたれの原因になります。
コーヒーを飲む際には、空腹時を避けて飲むようにしましょう。

空腹時以外に夕方以降にも飲まないようにしましょう。
カフェインは、覚醒効果があるので夕方以降にコーヒーを飲むと眠れなくなる可能性があります。
コーヒーに含まれるカフェインは、摂取してから排出されるまでに5~7時間かかります。
夕方以降に摂取すると就寝時にカフェインが残っているので、睡眠の質が低下する可能性があるのです。
睡眠の質が低下すると疲労や体調不良の原因になるので、気を付けましょう。

コーヒーを飲んではいけない時間やタイミングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

関連記事:コーヒーを飲んではいけない時間はいつ?ダメな理由とベストなタイミングを解説

疲れている時は飲まない

疲れている時にコーヒーを飲むと体調不良になる可能性があります。
カフェインには、胃腸の働きや脂肪燃焼を促進する効果があります。
これらの効果は、いつもより体を活動的にさせるので、体に負担がかかるのです。

そのため、疲れている時にコーヒーを飲むと体が負荷に耐え切れず体調を崩すことがあります。
疲れている時にコーヒーを飲む場合は、自身の体調に注意しながら適量で楽しむことが大切です。
少しでも体調がおかしいなと感じたら飲むのをやめましょう。

カフェインレスコーヒーやデカフェコーヒーを活用する

カフェインが原因で体調不良になっている人は、カフェインレスコーヒーやデカフェコーヒーを活用してみましょう。
カフェインレスコーヒーやデカフェコーヒーは、カフェインが除去されているのでカフェインの摂取を抑えながらもコーヒーの味を楽しむことができます。

カフェインを一切摂取したくないという方は、ノンカフェインコーヒーがおすすめです。
ノンカフェインコーヒーは、カフェインの含有量がゼロなのでカフェインを摂取することなくコーヒーを楽しむことができます。

また、カフェインレスとデカフェでもカフェインの除去率が違うので、自身の体質や体調に合わせて種類を選びましょう。
カフェインレス・デカフェ・ノンカフェインコーヒーのカフェイン含有量は、下記の表を参考にしてください!

カフェインの含有量
カフェインレスコーヒーカフェインを90%以上除去したコーヒー
デカフェコーヒーカフェインはほぼ0%、商品によっては0.2%程度残っている
ノンカフェインコーヒー一切カフェインを含まないコーヒー
カフェインレス・デカフェ・ノンカフェインコーヒーのカフェイン含有量

コーヒーで体調不良になる原因を知って対策をしよう!

コーヒーで体調不良になる原因を知って対策をしよう!


コーヒーを飲むと胃腸の不調・自律神経の乱れ・疲労感の増加などの体調不良を引き起こす可能性があります。
主にカフェインの取り過ぎによって起こるので、カフェインの摂取量には注意しましょう。
健康な成人で1日ブラックコーヒー4杯、妊婦の方でブラックコーヒー1日3杯が摂取量の目安です。
摂取量については、体質による個人差があるため、自身の体調や生活習慣に合わせて適切な摂取量を把握することが大切です。

また、カフェイン以外にもコーヒーアレルギーが体調不良の原因の場合があります。
アレルギーかなと感じた方は、病院や検査キットでアレルギー検査をすることをおすすめします。
自身の体質や対象を見極めて、コーヒーで体調不良にならないように気を付けましょう!