コーヒーの胃に優しい飲み方をご紹介!消化を助けるコツや胃が荒れる理由を解説

コーヒーの胃に優しい飲み方をご紹介!消化を助けるコツや胃が荒れる理由を解説

アフィリエイト広告を利用しています

コーヒーを飲むと胃の調子が悪くなるなと感じている方はいませんか?
実は、コーヒーには飲み方や飲むタイミングによって、胃が荒れる原因になることがあります。
でもコーヒーは好きだから飲みたい!という方に向けて、この記事ではコーヒーの胃に優しい飲み方をご紹介します。

  • なぜコーヒーを飲むと胃が荒れるのか?
  • コーヒーの胃に優しい飲み方
  • 胃が荒れた時の対処法

などコーヒーで胃が荒れる理由や胃に優しい飲み方について解説します。
コーヒーと胃の関係を知って、健康的にコーヒーを楽しみましょう!

美味しいコーヒーを飲みながら今よりも体重を3Kg減らしたいのであれば、ダイエットコーヒーがおすすめです。

下記の記事では飲みやすくて効果が出るダイエットコーヒーを紹介しています。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

なぜコーヒーを飲むと胃が荒れるのか?

なぜコーヒーを飲むと胃が荒れるのか?


なぜコーヒーを飲むと胃が荒れるのでしょうか?
コーヒーによって胃が荒れる原因はいくつかあります。
主な原因はこちら

それぞれ解説していきますね!

カフェインの刺激による胃酸過多と胃痛

コーヒーで胃が荒れる原因の理由の1つが、カフェインの刺激による胃酸過多と胃痛です。
カフェインには、胃腸の働きを促進する作用があります。
そのため、胃酸の分泌が増えてしまうのです。
カフェインを過剰に摂取すると胃酸過多になり、胃痛や胃もたれの原因になります。

また、そもそもカフェイン自体が体に合わないという人もいます。
コーヒー以外にもカフェインが含まれている飲料を飲むと胃痛や吐き気がする方は、体質的にカフェインが合わない可能性が高いです。

コーヒーが酸化している

なぜコーヒーを飲むと胃が荒れるのか?②コーヒーが酸化している


酸化とは、酸素との反応によってコーヒーの風味や成分が変化することを指します。
この酸化は、コーヒー豆が焙煎された直後から始まり、時間が経つほど酸化が進みます。
また、抽出後のコーヒーでも酸化は進むので、飲み終わるまで酸化し続けていると思ってください。

コーヒーが酸化すると風味が損なわれてしまうだけでなく、胃に負担をかける原因にもなります。
コーヒーの酸化は、コーヒーに含まれる脂質が酸化することで起こります。
コーヒーの脂質が酸化することで生成される過酸化脂質は、胃に負担がかかるので胃痛や胃もたれの原因となることがあるのです。

このコーヒーの酸化を防ぐためには、保存方法が大事になります。
コーヒー豆を瓶やジップロックなどの密封容器に保存し、空気に触れないようにすることが大切です。
また、コーヒーは作り置きをせずに淹れた後は、なるべく早く飲み切りましょう。

作り置きコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーの作り置きが体に悪いって本当?賞味期限や保存方法についても解説

コーヒーを飲み過ぎている

コーヒーは飲み過ぎると胃に負担がかかり、胃が荒れることがあります。
前述した通りコーヒーに含まれるカフェインには、胃酸の分泌を促進する作用があるため、飲み過ぎると吐き気・下痢・胃痛などの原因となります。

コーヒーを飲む際には、カフェインの過剰摂取にならないように適量を守ることが非常に大切です。
1日あたりのカフェイン摂取量としては、健康な成人の場合でカフェインの1日の摂取量は400mg、妊婦の方の場合で300mgが目安とされています。

ブラックコーヒーのカフェイン量がコーヒーカップ1杯(150ml)で80~100mg程度なので、ブラックコーヒーで1日4杯までにしておきましょう。

カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。

厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

コーヒーの胃に優しい飲み方

コーヒーの胃に優しい飲み方


コーヒーを飲むと胃が荒れる可能性がありますが、飲み方に気を付ければ胃の負担を軽減することができます。
胃に優しい飲み方を実践することで、胃の荒れや消化不良を予防することができます。

特に、コーヒーを飲む量が多くなっている日などにご紹介する3つの飲み方を意識するといいです。
コーヒーを胃に優しい飲み方で飲んで、胃に負担をかけないようにしましょう。

ミルクを入れる

コーヒーの胃に優しい飲み方①ミルクを入れる


コーヒーの胃に優しい飲み方の1つとして、ミルクを入れるという方法があります。
ミルクを入れることでコーヒーの刺激が和らぎ、胃への負担が軽減されます。
ただし、ミルクを入れる場合はミルクの量にも注意が必要です。

ミルクを過剰に入れるとカロリーが増えてしまい、それによって胃に負担がかかる可能性があります。
ミルクをたくさん入れたい場合は、低脂肪乳などを活用してカロリーを抑えるようにすればいいですよ!
低脂肪乳以外にも豆乳やアーモンドミルクなどを使うのもいいでしょう。

ミルクの代用品については、こちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください!

関連記事:コーヒーフレッシュの代用品10選!牛乳・クリープ・生クリームなどを紹介

空腹時は避ける

コーヒーを空腹時に飲むことは、胃に負担をかける原因となります。
空腹時にコーヒーを飲むとカフェインが過剰に胃を刺激してしまいます。
そのため、胃酸が過剰に分泌されて胃が荒れてしまうのです。

空腹時にコーヒーを飲みたくなった際は、先に何か食べてから飲むようにしましょう。
また、空腹時以外もコーヒーと一緒に食べ物を食べながら飲むようにすると胃の負担を軽減できます。
なるべく空腹を避けて、胃に優しい飲み方でコーヒーを飲みましょう。

ホットで飲む

コーヒーの胃に優しい飲み方③ホットで飲む


胃に負担をかけないためには、ホットコーヒーで飲むことも大事です。
冷たい飲み物は胃を刺激するので、アイスコーヒーにすると胃に負担がかかります。
カフェインにも胃を刺激する作用があるので、温度とカフェインの両面から胃を刺激することになるのです。

また、ホットなコーヒーは胃を温める効果もあります。
胃は体内の食べ物を分解するために温かい環境を好みます。
そのため、ホットコーヒーを飲むことで胃を温めることができ、消化を助けることができます。
ホットコーヒーは、胃に優しい飲み方なのでなるべくホットで飲みましょう!

冷たい飲み物は、胃を刺激してしまいます。
飲み物はできるだけ、常温または温かいものを飲むようにしましょう。

特に夏場は、冷たいものを摂り過ぎないように注意してください。

きのしたクリニック 胃酸が上がってくる・胃酸過多

ノンカフェインやカフェインレスコーヒーを飲む

コーヒーが胃に負担がかかる主な理由は、コーヒーに含まれるカフェインが原因です。
そのため、コーヒーの胃に優しい飲み方として、ノンカフェインやカフェインレスコーヒーを活用するのがおすすめです。
これらのコーヒーは、通常のコーヒーに比べてカフェインの含有量が少ないかまったく含まれていないため、胃への負担を抑えることができるのです。

ノンカフェインやカフェインレスコーヒーは、スーパーやコーヒーショップなどで手軽に購入することができます。
また、インスタントコーヒーやドリップバッグなどさまざまな形で販売されていますので、自分の好みや使い勝手に合わせて選ぶことができます。

胃の負担を軽減しながらもコーヒーを楽しみたい方は、ノンカフェインやカフェインレスコーヒーを活用しましょう。
特に、1杯分が個包装になっているドリップバッグタイプは、コーヒーの酸化を抑えられるので自宅の常備用におすすめです。

胃が荒れた時の対処法

胃に負担をかけないような飲み方でコーヒーを飲んでいても、胃が荒れてしまうことはあります。
ここでは、胃が荒れてしまった時の対処法をご紹介します。

胃が荒れた時の対処法

あくまでも自宅での対処法ですので、ご紹介した方法でも症状が改善されない場合は病院に行きましょう。

白湯を飲む

胃が荒れた時の対処法として、白湯を飲むことがおすすめです。
白湯は胃を温める効果があり、胃の消化を助けることができます。
また、白湯を飲むと体が温まって血流が良くなるので、体内の老廃物を排出する効果もあるのです。

ただし、熱すぎるお湯は胃に負担をかけるので、50~60℃ぐらいが適しています。
胃が荒れた時以外にも日常的に白湯を飲むことで、胃の健康を保つことができるので積極的に取り入れてみてください。

牛乳を飲む

胃が荒れた時の対処法②牛乳を飲む

牛乳を飲むことも胃が荒れた時の対処法としておすすめです。
牛乳は胃の粘膜を保護し、胃の炎症を和らげる効果があります。
また、牛乳に含まれるカルシウムやタンパク質などの成分は胃の修復を助ける働きもあります。

牛乳を飲む際の注意点としては、冷たいままではなく温めて飲むことがポイントです。
前述した通り冷たい飲み物は胃を刺激するので、温かい牛乳にしましょう。

また、牛乳には乳糖が含まれているため、乳糖不耐症の可能性がある方は注意してください。
乳糖不耐症とは、乳糖が体質的に合わない人が乳糖を摂取すると下痢や腹痛などの症状が出てしまうというものです。
牛乳を飲む場合は、自分の体調や体質に合わせて飲むようにしましょう。

胃薬をのむ

胃の調子が悪い場合は、胃薬を飲むという人もいるでしょう。
胃薬を飲めば胃酸過多による胃痛や吐き気を和らげることができます。

ただし、胃薬を飲まないといけないほどひどいのであれば、病院に行くことをおすすめします。
特に、同じ症状が数日に渡って続くようなら病院で診てもらいましょう。
胃薬は一時的な対処法であり胃の荒れの原因を改善するためには、ノンカフェインコーヒーに切り替えるなどして胃の負担を軽減することが大切です。

胃に優しいノンカフェイン・カフェインレス・デカフェコーヒー

胃に優しいノンカフェイン・カフェインレス・デカフェコーヒー


胃に負担をかけずにコーヒーを飲むのに欠かせないのが、ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェコーヒーです。
通常のコーヒーに比べて、大幅にカフェインの量が少ないので胃への刺激が軽減できます。
また、カフェインの含有量が少ないので、寝る前に飲むことも可能です。
ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェコーヒーの基準をこちら

カフェインの含有量
ノンカフェインコーヒー一切カフェインを含まないコーヒー
カフェインレスコーヒーカフェインを90%以上除去したコーヒー
デカフェコーヒーカフェインはほぼ0%、商品によっては0.2%程度残っている
ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェコーヒーのカフェイン含有量


カフェインレス→デカフェ→ノンカフェインの順にカフェインの含有量が多くなります。
絶対にカフェインを取りたくない時は、ノンカフェインコーヒーにしましょう。
カフェインの摂取量を抑えるという意味では、デカフェコーヒーやカフェインレスコーヒーもかなり有効です。
うまく活用しながら、胃に優しい飲み方でコーヒーを楽しんでください!

コーヒーに胃もたれを治す効果はあるのか?

ここまでコーヒーは胃に負担をかけるというお話をしてきましたが、コーヒーをうまく使えば胃の消化を助けることができます。
コーヒーはカフェインの効果によって胃酸を分泌させるため、食後に飲むと消化を促進させることができるのです。
消化不良による胃もたれもコーヒーをうまく活用すれば改善できる可能性があります。

そもそもコーヒーを飲むと胃酸が分泌されたり、血行がよくなるので胃腸の働きをサポートする面が大きいのです。
飲むタイミングや量を間違えなければ、コーヒーは胃腸の働きをサポートする飲み物になります。

コーヒーを胃に優しい飲み方で飲んで健康的にコーヒーを楽しもう!

コーヒーを胃に優しい飲み方で飲んで健康的にコーヒーを楽しもう!


コーヒーは飲み方に注意しないと胃が荒れる原因になります。
量やタイミングを間違えるとカフェインの影響で胃酸過多になり、胃痛や吐き気などの症状が出ることがあります。
空腹時を避けたり、ミルクを入れて飲むなどして胃に優しい飲み方を心掛けてみましょう。

胃への負担を軽減する方法として、ノンカフェインやカフェインレスコーヒーを活用するのも1つの手です。
胃に優しい飲み方を意識して、健康的にコーヒーを楽しみましょう!