朝コーヒーダイエットのやり方を紹介!脂肪燃焼効果やおすすめのコーヒーも解説

朝コーヒーダイエットのやり方を紹介!脂肪燃焼効果やおすすめのコーヒーも解説

アフィリエイト広告を利用しています

朝コーヒーを飲むとダイエット効果が得られるのをご存じでしょうか。
実は、コーヒーには脂肪燃焼を促進する効果があり、朝にコーヒー飲むと痩せやすい身体の状態で1日のスタートを切ることができるのです。

この記事では

  • 朝のコーヒーがダイエット効果を期待できる理由
  • 朝コーヒーダイエットのやり方
  • 朝コーヒーダイエットで期待できる効果

など朝コーヒーダイエットのやり方や効果について解説していきます。
朝コーヒーダイエットのやり方を知って、早速実践してみてください!

本当におすすめのダイエットコーヒーについては下記の記事で詳しく解説しています。

ダイエットコーヒーで体重を落としたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

朝のコーヒーがダイエット効果を期待できる理由

朝のコーヒーがダイエット効果を期待できる理由


朝のコーヒーを飲むことでダイエット効果が期待できる理由が、カフェインによる脂肪燃焼効果です。
この効果によって朝にコーヒーを飲むと基礎代謝がアップした状態で1日をスタートすることができます。

基礎代謝が高いと日常生活での消費カロリーが多くなるので、基礎代謝をアップさせることはダイエットでは非常に重要になります。
通常であれば、筋トレなどで地道に筋肉量を増やしてアップさせる基礎代謝ですが、コーヒーで手軽に向上できるのは嬉しいですよね。

運動と組み合わせることでより高いダイエット効果を得ることができるでしょう。

ブラックコーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説


朝コーヒーダイエットのやり方としては、ブラックコーヒーを選ぶことがポイントです。
砂糖やミルクが加えられたコーヒーはカロリーが高くなり、ダイエット効果が十分得られません。

ブラックが苦手な方は、無脂肪乳やアーモンドミルクなど低カロリーのミルクを活用してみましょう。
甘味が欲しい場合は、カロリーゼロの甘味料を使うのも良いでしょう。

朝のコーヒーを取り入れたダイエット方法は、シンプルで続けやすいのでおすすめです。
ただし、効果があるからとコーヒーを飲み過ぎると体へ負担がかかる恐れがあります。

自身の適量を守って、健康的に朝コーヒーをダイエットに活用しましょう。

朝コーヒーダイエットのやり方

朝コーヒーダイエットのやり方


朝コーヒーをどのようにダイエットに活用すればいいかわからないという方も多いでしょう。
ここでは、朝コーヒーダイエットのやり方について解説します。

単純に朝にコーヒーを飲むだけでもダイエット効果は得られますが、これから解説することに気を付ければより高い効果が期待できます。

朝コーヒーダイエットのやり方を知って、明日から朝コーヒーダイエットを始めていきましょう!

ホットで飲む

朝コーヒーをダイエットに取り入れる際は、ホットで飲むことをおすすめします。
コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールは、80℃前後の温度でダイエット効果が高まると言われています。

ダイエット効果が高まるホットで飲めばより脂肪燃焼を促進してくれるでしょう。
また、温かい飲み物は体温を上げる効果も期待できます。

体温は、1℃上がると代謝が12~13パーセント上がると言われています。
そのため、ダイエット効果が上がった状態で1日をスタートすることができるのです。

体温が上がることによって基礎代謝が活発になることで痩せやすく太りにくい身体になります。体温が1℃上がると基礎代謝は12~13%もアップすると言われており、普段通りの生活をしているだけでも多くのエネルギーを消費してくれます。

横山医院 低体温による基礎代謝低下の改善から得られるダイエット効果

起床1時間後に飲む

朝コーヒーダイエットのやり方②起床1時間後に飲む


起床1時間後に飲む理由は、ダイエット効果よりも健康面での要因が理由になります。
寝起き直後や起きてから1時間以内にコーヒーを飲むと人間が本来持っている覚醒作用を阻害して、逆に目覚めが悪くなるのです。

人間は、起床時に覚醒作用のあるコルチゾールを分泌して、目覚めを促進します。
実はカフェインには、このコルチゾールの分泌を抑制する作用を持っているのです。

コルチゾールの分泌量は起床後1時間程度でピークに達するので、この時間帯にカフェインを摂取するとお互いの働きを抑制してしまい覚醒効果を十分に得ることができません。

起床して1時間経つとコルチゾールの分泌量が低下するので、このタイミングにコーヒーを飲むと効果的にカフェインの覚醒作用が働きます。

正しく体を覚醒させるために寝起きにすぐ飲むのではなく、起きてから1時間経ってから飲むようにしましょう。
健康的にダイエットを行うためにも起床1時間後に飲むように注意してください。

朝コーヒーダイエットにおすすめのコーヒーの種類

朝コーヒーをダイエットに活用する場合は、なるべくブラックコーヒーで飲むようにしましょう。
砂糖やミルクの入ったコーヒーは、カロリーが増えるのでダイエット効果が軽減されます。

ブラックコーヒーが苦手な人は、無脂肪乳やカロリーゼロの人工甘味料などでカロリーを抑えるようにしてください。

朝コーヒーのダイエット効果を最大限に引き出したい人は、ダイエットコーヒーを朝コーヒーとして飲みましょう。
ダイエットコーヒーとは、糖の吸収を抑える機能などダイエット効果が高めたコーヒーで朝コーヒーに飲むとよりダイエット効果を高めてくれます。

ダイエットコーヒーは、色々な種類があるのであなたに合うダイエットコーヒーを選んでみましょう!

ダイエットコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

朝コーヒーダイエットで期待できる効果

朝コーヒーダイエットで期待できる効果


朝コーヒーには、期待できるダイエット効果がいくつかあります。
ここからは、朝コーヒーのダイエット効果について解説していきます。

朝コーヒーで期待できるダイエット効果

ダイエット効果を知れば、より効率的にダイエットに活かすことができますよね。
朝コーヒーのダイエット効果を知って、あなたのダイエットに活用していきましょう!

脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、脂肪燃焼する効果があります。
カフェインやクロロゲン酸には、新陳代謝を促進し脂肪燃焼を助ける働きがあるのです。

そのため、コーヒーを飲むことで体内の脂肪がエネルギーとして使われやすくなり、ダイエット効果が期待できます。
朝にコーヒーを飲むことで朝から基礎代謝が高い状態になり、最大限に脂肪燃焼の効果を活かすことができます。

また、クロロゲン酸には内臓脂肪を低減させる効果があります。
クロロゲン酸は、肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、肝臓への脂質の取り込みをスムーズにする効果があります。

肝臓への脂肪の取り込みが促進されるので、脂肪燃焼が活発になり内臓脂肪を低減させるのです。

コーヒークロロゲン酸は肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、脂質の取り込みをスムーズにする。
さらに余分な糖質(グルコースなど)の脂肪への再合成を抑制するという。
つまりコーヒークロロゲン酸は、人が本来もっている脂質代謝能力を高め、内臓脂肪を低減させる働きがあるのだ。

花王 【コーヒークロロゲン酸と茶カテキン】内臓脂肪を減らす3つのステップ

食欲の抑制

朝コーヒーダイエットで期待できる効果②食欲の抑制


コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。
そのため、食前にコーヒーを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。

朝食の前後にコーヒーを飲むことで、朝食の量や昼食までの間食を減らすことができるのです。
間食をしてしまう方は食後など、自身の悩みに合ったタイミングで朝のコーヒーを飲んでみましょう。

また、コーヒーには代謝を促進する効果もあるので、食事で摂取したカロリーの消費を助けることができます。
食事の前後どちらかで飲むように意識しましょう。

コーヒーを飲んでから30分ほどで代謝の促進が始まるので、食前食後どちらでもカロリー消費の効果は期待できます。

覚醒効果

朝に運動をしている方は、運動前に朝のコーヒーを飲むとコーヒーの覚醒効果によって高いダイエット効果を得ることができます。

眠気覚ましにコーヒーを使っている人もいるので、コーヒーの覚醒効果はご存じの方も多いのではないでしょうか。
これはコーヒーに含まれるカフェインが中枢神経を刺激し、眠気を覚ます効果があるためです。

覚醒作用には、目を覚ます以外にも集中力を高める効果があります。
そのため、朝の運動前にコーヒーを飲むことで、集中力がアップして運動の質が高くなる効果が期待できます。

ジョギングであれば、普段より長い距離が走れたりするでしょう。
このように、朝のコーヒーの覚醒効果をダイエットに活用することもできます。

脂肪燃焼効果を高める朝コーヒーダイエットのスケジュール

脂肪燃焼効果を高める朝コーヒーダイエットのスケジュール


ここでは、朝コーヒーのダイエット効果を最大限に引き出した飲み方をご紹介します。
スケジュールを例にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

朝コーヒーをダイエットに活かすという観点に絞った過ごし方なので、仕事などは無視しています。
休日だけやってみたり、一部だけ参考にするなど自身の生活に合わせて取り入れてみてください。

朝コーヒーダイエットのスケジュール
  • 07:00 起床
  • 07:30 朝食を食べる
  • 08:00 ブラックコーヒーを飲む
  • 08:30 ジョギングを30分行う
  • 11:00 ブラックコーヒーを飲む
  • 12:00 昼食を食べる

運動前や食事の前後にコーヒーを飲むことで、ダイエット効果を最大限に引き出せるようなスケジュールになっています。
また、午前中に2杯目のコーヒーを飲むことで常に消費カロリーが高い状態を保つようにしました。

完全に再現するのは難しいですが、できるところだけ取り入れるなどダイエットの参考にしてください!

朝コーヒーダイエットはソイラテなどブラック以外でも効果はある?

朝コーヒーダイエットは、ブラックコーヒーで行うのが効果が高いですが、ブラックコーヒー以外でもダイエット効果を得ることができます
ダイエット効果は、コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールによるものなので、コーヒー飲料であるソイラテやカフェオレでも効果は期待できます。

ただし、ブラックコーヒーに比べてカロリーが高くなるので、その分効果が軽減してしまいます。
朝コーヒーダイエットに活用する場合は、無糖にするなどなるべくカロリーを抑える工夫をしましょう。

ブラックコーヒーと同等以上の効果が期待できるのが、緑茶とコーヒーを1:1で混ぜた緑茶コーヒーという飲み方です。
緑茶とコーヒーを混ぜることによって相乗効果が生まれるので、ブラックコーヒーに比べてダイエット効果がアップします。

緑茶コーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:緑茶コーヒーのダイエット効果は?作り方やダイエットに活かす方法を紹介

まとめ:朝コーヒーダイエットのやり方を知って痩せよう!

まとめ:朝コーヒーダイエットのやり方を知って痩せよう!


朝のコーヒーには、脂肪燃焼効果や食欲抑制などダイエットに嬉しい効果が期待できます。
朝コーヒーをダイエットに活用すれば、あなたのダイエットをサポートしてくれること間違いなしです。

朝コーヒーダイエットのやり方を知って、理想の体型を手に入れましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事
ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】