サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫?入れてはいけないものや注意点を解説

サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫?入れてはいけないものや注意点を解説

アフィリエイト広告を利用しています

サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫なのかな?
こんなことを考えたことはありませんか。

保温性が非常に高いので、サーモスの水筒にコーヒーを入れて楽しみたいですよね。
特殊な加工をされているからコーヒーを入れるのはダメなんじゃないかなと思う人もいるでしょう。

結論から先に言うとサーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫です。
ただし、いくつかの注意点があります。

この記事では

  • サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫?
  • コーヒーをサーモスの水筒に入れる際の注意点
  • コーヒーの味が変わらないサーモスの水筒の選び方

などサーモスの水筒にコーヒーを入れることについて解説します。
サーモスの水筒にコーヒーを入れて、好きな時においしいコーヒーを楽しみましょう!

美味しいコーヒーを飲みながら今よりも体重を3Kg減らしたいのであれば、ダイエットコーヒーがおすすめです。

下記の記事では飲みやすくて効果が出るダイエットコーヒーを紹介しています。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫?

サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫?


サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫です。
特に、サーモスの水筒は保温性や密閉性が高いので、コーヒーを入れるのにおすすめの水筒です。
ただし、水筒にコーヒーを入れる際にいくつかの注意点があります。

例えば、牛乳や砂糖の入っていないブラックコーヒーだけを入れるようにし、他の飲み物と併用しないなどです。
基本的にカフェオレなどの牛乳や砂糖が入っているコーヒーは、水筒内で雑菌が繁殖する可能性があるで入れてはいけないものになります。

また、水筒に雑菌が残らないように洗浄方法にも注意しましょう。
サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫ですが、注意点があるということは覚えておきましょう。

ここからは、サーモスの水筒にコーヒーを入れる際の注意点を解説していきます。
注意点をしっかり理解して、サーモスの水筒でコーヒーを楽しみましょう!

コーヒーをサーモスの水筒に入れる際の注意点

コーヒーをサーモスの水筒に入れる際の注意点


コーヒーをサーモスの水筒に入れる際には、いくつかの注意点があります。

では、1つずつ解説していきますね。

牛乳や砂糖は入れない

コーヒーをサーモスの水筒に入れる際の注意点①牛乳や砂糖は入れない


水筒に牛乳や砂糖が入ったコーヒーを入れて持ち歩くとコーヒーが腐ってしまう可能性が非常に高いです。

牛乳が原因で水筒内の菌が繁殖するためです。
砂糖は菌の増殖スピードを早めるので注意しましょう。
特にカフェオレやカフェラテなどは、水筒に入れない方がいいでしょう。

また、牛乳や砂糖の入ったコーヒーが腐ると菌の増殖によってガスが発生します。
このガスが原因でフタが開かなくなる可能性があります。

その結果、水筒が壊れたりコーヒーが飛び散ったりすることがあるので、砂糖や牛乳の入ったコーヒーを水筒に入れて持ち歩くのは避けたほういいでしょう。

他の飲み物と併用しない

コーヒーを水筒に入れるとコーヒーのにおいが水筒に移ってしまうことがあります。
他の飲み物と併用するとにおいが混ざってしまう恐れがあるのです。

特に、コーヒーのにおいは洗っても残ってしまうことが多いです。
ゴムパッキンが外せない構造のものだと、細部までしっかり洗うことができない水筒もあります。

そのため、コーヒーを入れる水筒はコーヒー専用の水筒として使用することをおすすめします。

酸化して味が落ちることがある

コーヒーをサーモスの水筒に入れる際の注意点③酸化して味が落ちることがある


水筒に入れること自体は、コーヒーの味に影響はありません。
ただし、水筒に入れて持ち歩いたコーヒーがまずくなることがあります。

コーヒーは、時間が経つほど酸化が進んで味が悪くなります。
水筒に入れて長時間持ち歩くことで、酸化が進んでコーヒーがまずくなるのです。
また、コーヒーの酸化スピードは温度が高いほど早くなります。

アイスコーヒーよりもホットコーヒーのほうが香りや味が損なわれやすいので注意しましょう。
酸化の目安としては、ホットコーヒーで6時間、アイスコーヒーで12時間経つと味が変わってしまいます。

雑菌が入る

コーヒー自体に雑菌が入っていなくても水筒に入れることで、雑菌が入る可能性があるので注意が必要です。
洗い残しによって水筒に雑菌が残っていることが、主な原因として挙げられます。

雑菌の混入や繁殖を防ぐには、水筒の洗浄をしっかり行うことが重要です。
また、重曹や洗剤を使って汚れを落とすことも大事ですが、乾燥の方法を間違ってしまうと雑菌が繁殖してしまいます。

十分換気されている場所で水筒を乾燥させましょう。
湿気の多い場所だとうまく乾燥ができずに雑菌が繁殖します。

水筒の洗浄方法に気を付けて、水筒に雑菌が入らないようにしましょう。

水筒にコーヒーを入れるのは危険?

水筒にコーヒーを入れるのは危険?


水筒にコーヒーを入れると金属が溶けて危険という話を聞いたことがある方もいるでしょう。
これに関しては、コーヒーが原因で水筒の金属部分が溶け出す危険はほぼないです。

一般的な金属製の水筒の内部は、コーヒーなどの飲み物に触れても溶けださないようになっています。
特に、サーモスの水筒は、ステンレスが使われているのでコーヒーを入れても大丈夫です。

ほぼないと言ったのは、コーティングが剥がれたりキズがついたりしていると金属成分がコーヒーに溶け出す恐れがあります。
そのため、定期的に水筒の内部にキズやサビなどがないかよく確認することが大切です。

サーモスの水筒に入れても大丈夫なコーヒーの種類

サーモスの水筒に入れても大丈夫なコーヒーの種類


水筒にいれるコーヒーの種類は、基本的にブラックコーヒーにしましょう。
入れてはいけないものとしては、カフェオレやカフェラテなど牛乳や砂糖が入っているコーヒーです。

ブラックコーヒーであれば、コーヒーの種類はなんでもOKです。
インスタントコーヒーやドリップコーヒーなど好みのコーヒーを入れてください。

できれば、ホットコーヒーではなくアイスコーヒーで入れるのがおすすめです。
ホットコーヒーは、コーヒーが酸化しやすくコーヒーの味が落ちてしまいます。

アイスコーヒーを入れる際は、濃い目に淹れたコーヒーと氷を入れると味が落ちずに美味しいコーヒーを楽しめます!

コーヒーの味が変わらないサーモスの水筒の選び方

コーヒーの味が変わらないサーモスの水筒の選び方


コーヒーを入れる水筒を選ぶ際には、いくつか気を付けるポイントがあります。
選ぶ水筒によってコーヒーの味が変わってしまうので、注意しましょう。

ではそれぞれ解説していきますね!

密閉性、保温性の高いものを選ぶ

コーヒーに入れる水筒を選ぶ際に重要なのは、密閉性と保温性です。

持ち運ぶことが前提なので、こぼれにくい密閉性の高い水筒を選びましょう。
カバンの中でコーヒーがこぼれてしまうと目も当てられない状況になるので、コーヒーを入れる水筒の密閉性は非常に重要です。

併せて、コーヒーを入れる水筒の保温性も確認しましょう。
保温性の高い水筒を選ぶことで、コーヒーの酸化を遅らせることができます。

水筒で美味しいコーヒーを楽しむためにも保温性は大事な要素になります。
簡単な選び方としては、魔法瓶構造になっているものを選べばOKです。

サーモスの水筒は、密閉性も保温性も高いのでコーヒーを入れても大丈夫な商品が多いです。

洗いやすいものを選ぶ

コーヒーの味が変わらないサーモスの水筒の選び方②洗いやすいものを選ぶ


コーヒーを入れるための水筒を選ぶ際には、洗いやすさも重要なポイントです。
洗いにくい水筒は、コーヒーの残りカスや臭いが残ってしまう可能性があります。
洗い残しがあると次に入れたコーヒーの味が落ちてしまいます。

まず、水筒の形状を確認しましょう。
入り組んだ箇所のないシンプルな形状の水筒は洗いやすいです。
また、広口タイプの水筒も洗いやすいです。

次に、パーツがどこまで分解可能かを確認しましょう。
ゴムパッキンなどの部品が分解できる水筒は、細部までしっかり洗うことができます。

洗いやすい水筒を選ぶことで、コーヒーの残りカスや臭いをしっかり取り除くことができます。
清潔な状態で水筒を使用するためにも洗いやすい水筒を選びましょう。

持ち運びやすいサイズを選ぶ

コーヒーを入れる水筒を選ぶ際には、用途に合わせた持ち運びやすいサイズを選ぶことが重要です。
通勤用と家族で行くピクニック用では、最適なサイズは変わってきます。

サーモスの水筒は、サイズのバリエーションが豊富にあるのでぴったりのものが見つかるでしょう。
どのカバンに入れて持ち歩くか、どれぐらいの量を入れたいのかなど考えてください。

特に、カバンに入るかはしっかり確認しましょう。
いざ買ってみたら入らなかったということは、よくあるので気を付けてください。

コーヒー用の水筒はスタバでも使える?

コーヒー用の水筒はスタバでも使える?


スタバに持参するマイボトルとして、コーヒー用の水筒を使うことができます。
マイボトルを持参すると22円の割引になるので、マイボトルを持参している人も多いですよね。

マイボトルに指定はないので、コーヒーを入れることができれば大丈夫です。
スタバのマイボトルとしてサーモスの水筒を使うこともできます。

サーモスの水筒は保温性が高いのでおすすめですよ。
水筒に入れて持ち運べば、好きな時にスタバのコーヒーを楽しむこともできます。

コーヒーを入れるのにおすすめのサーモスの水筒3選

コーヒーを入れるのにおすすめのサーモスの水筒を3つご紹介します。

まず1つ目は、サーモス 真空断熱ポケットマグ JOJ-150です。
この商品の最大の特徴は、非常にコンパクトであるということです。

直径5cm×高さ15cmの円筒形状で、どのカバンにも入れることができます。
重さも95gとかなり軽いです。
また、魔法びん構造なので保温性もバツグンです。


2つ目は、サーモス ステンレスボトル FFM-352です。
この商品の特徴は、コップタイプの水筒ということです。

コップタイプなので、コーヒーに雑菌が入ることを防げます。
雑菌が気になる方におすすめの水筒です。


3つ目は、サーモス 保冷炭酸飲料ボトル FJK-500です。
この商品は、保冷専用の水筒なのでアイスコーヒーを入れるのに最適です。

魔法びん構造なので、しっかりと冷たさをキープできます。
コーヒーなので関係はないですが、炭酸飲料を入れることができる水筒でもあります。

まとめ:サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫!

まとめ:サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫!


サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫ですが、いくつかの注意点があります。
牛乳や砂糖が入ったコーヒーを水筒に入れると雑菌が繁殖しやすいのでやめておきましょう。

またコーヒーを入れた水筒は、水筒にコーヒーの香りが残ることがあるので、なるべく他の飲み物との併用は避けてください。
コーヒーは、コーヒー専用の水筒を準備するのが良いでしょう。

サーモスの水筒にコーヒーを入れて、好きな時にコーヒーを楽しめるようにしましょう!