ブラックコーヒーの飲みすぎは危険?健康への影響や1日の飲む量を解説

ブラックコーヒーの飲みすぎは危険?健康への影響や1日の飲む量を解説

アフィリエイト広告を利用しています

毎日ブラックコーヒーを2~3杯飲む人って結構いますよね。
多い日は、1日5杯以上飲むという人もいるでしょう。

実は、ブラックコーヒーを飲みすぎるとめまいや吐き気などの体調不良を引き起こすことがあるのをご存じでしょうか?

この記事では

  • ブラックコーヒーは飲みすぎると健康に悪いのか?
  • ブラックコーヒーの飲みすぎが体に及ぼす影響
  • ブラックコーヒーは1日何杯が適量?

ブラックコーヒーを健康的に飲むために、飲み過ぎが体に与える影響を詳しく解説していきます!

美味しいコーヒーを飲みながら今よりも体重を3Kg減らしたいのであれば、ダイエットコーヒーがおすすめです。

下記の記事では飲みやすくて効果が出るダイエットコーヒーを紹介しています。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

ブラックコーヒーは飲みすぎると健康に悪いのか?

ブラックコーヒーは飲みすぎると健康に悪いのか?


ブラックコーヒーを飲みすぎると体に悪い影響を与える可能性があります。
例としては、胃腸の不調・睡眠の質の低下・疲労感の増加・カフェイン中毒のリスクなどがあります。
特にコーヒーに含まれるカフェインには、胃腸を刺激する効果があるので胃腸が弱い方は注意が必要です。

ブラックコーヒーの飲み過ぎによって、胃痛・吐き気・下痢などを引き起こすことがあります。
体調に注意しながら、自身の適量を見極めてブラックコーヒーを楽しみましょう。

胃腸に負担をかけないコーヒーの飲み方については、こちらの記事で詳しく解説しています。
胃腸が弱い方や体への負担が気になる方は、ぜひ参考にしてください!

関連記事:コーヒーの胃に優しい飲み方をご紹介!胃が荒れる理由や消化を助けるコツを解説

ブラックコーヒーの飲みすぎが体に及ぼす影響

ブラックコーヒーの飲みすぎが体に及ぼす影響


ブラックコーヒーの飲みすぎは、体に様々な影響を及ぼす可能性があります。
主な体に与える影響はこちら

では、それぞれどのような影響があるのか解説していきますね。

吐き気や下痢など胃腸の不調

ブラックコーヒーを飲みすぎると、胃腸の不調を引き起こす可能性があります。
コーヒーに含まれるカフェインには、胃腸の働きを促進する効果があります。
そのため、カフェインを取り過ぎると過剰に胃酸が分泌されて胃腸に負担がかかるのです。

胃酸が過剰に分泌されると胃が荒れてしまい胃痛・吐き気・下痢などの症状が現れることがあります。
特に、胃腸の弱い人は症状が出やすいので注意が必要です。

コーヒーと胃腸の関係については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください。

関連記事:コーヒーでお腹を壊すのはなぜ?下痢になる原因や治し方を解説

不眠などの睡眠の質低下

ブラックコーヒーの飲みすぎが体に及ぼす影響②不眠などの睡眠の質低下


ブラックコーヒーを飲みすぎると睡眠の質を低下させる可能性があります。
ブラックコーヒーに含まれるカフェインには、中枢神経を刺激して目覚めを促す作用があります。
そのため、就寝前に大量のブラックコーヒーを摂取すると眠りが浅くなり睡眠の質が低下するのです。

眠りが浅くなる他にも寝つきが悪くなり、就寝時間が遅くなってしまうこともあります。
こちらも睡眠時間が短くなるため、睡眠の質を下げることになるのです。
また、カフェインには利尿作用があるので、トイレで起きてしまう中途覚醒のリスクもあります。

睡眠の質を下げないためにも就寝前のブラックコーヒーは極力避けましょう。
目安としては、就寝前7時間以内を避けるのが理想です。
カフェインの効果の持続時間は、約7時間なので就寝前7時間以内にブラックコーヒーを飲まなければ、覚醒効果がない状態で眠ることができます。

カフェインの利尿作用や持続時間については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーの利尿作用は何時間続く?カフェインの効果が出る摂取量や持続時間を解説

疲労感や倦怠感の増加

ブラックコーヒーの飲みすぎが体に及ぼす影響④疲労感や倦怠感の増加


ブラックコーヒーを飲みすぎると日々の疲労感や倦怠感が増加する恐れがあります。
疲労感や倦怠感の原因として考えられるのが、カフェインの影響です。
カフェインには、胃腸の働きを促進する作用があります。
コーヒーを飲むといつもより胃腸を動かしている状態なので、体に負担がかかり疲労感に繋がります。

また、カフェインの脂肪燃焼効果も疲れる原因の1つです。
脂肪燃焼効果によって、代謝が上がり日常生活のエネルギー消費量が上がります。
普段よりも体が活動的になっているので、気付かないうちに疲労が溜まります。

どちらの効果も体が普段よりパワーを使っている状態なので、いつもと同じことをしていても疲れてしまうという訳です。

コーヒーと疲労の関係については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:疲れるのはコーヒーが原因?缶コーヒーやブラックが与える体の影響に迫る

カフェイン中毒によるめまいなどのリスク

ブラックコーヒーを飲みすぎるとカフェイン中毒になるリスクもあります。
カフェイン中毒は、脈拍数の増加・呼吸数の増加・胸痛・めまい・興奮・不安・震え・不眠などの症状を引き起こす恐れがあります。
カフェイン中毒を引き起こさないためには、適量を守ることが重要です。

1日に摂取するカフェインの量は、400mgが目安とされています。
ブラックコーヒーの場合、1杯あたりのカフェイン量は80~100mgなので、4杯程度が適量とされています。
ただし、体質による個人差があるため、自身の体調や生活習慣に合わせて適切な摂取量を把握することが大切です。

食品から医薬品まで幅広く利用されているカフェインですが、一度にカフェインを過剰摂取すると急性中毒が起こります(表2)。
脈拍数の増加、呼吸数の増加、胸痛、めまい、興奮、不安、震え、不眠、また消化器官が刺激されて下痢や吐き気、嘔吐が起こります。さらに体の中では、低リン血症や高血糖、高乳酸血症、横紋筋融解症など重大な症状が進んでいることがあります。リラックスするために飲むコーヒーやお茶の目的とは真逆の、不快でつらい症状に苦しむのがカフェイン中毒です。

アリナミン製薬 もしかしてカフェイン摂りすぎ?中毒にならないための正しい知識

ブラックコーヒーは1日何杯が適量?

ブラックコーヒーは1日何杯が適量?


カフェインは過剰摂取するとめまい・動悸・疲労感・下痢・吐き気などの症状が出ることがあります。
コーヒーを飲む際には、カフェインの過剰摂取にならないように適量を守ることが非常に大切です。
1日あたりのカフェイン摂取量としては、健康な成人の場合でカフェインの1日の摂取量は400mg、妊婦の方の場合で300mgが目安とされています。

ブラックコーヒーのカフェイン量がコーヒーカップ1杯(150ml)で80~100mg程度なので、カフェイン400mgはブラックコーヒー4杯分、カフェイン300mgはブラックコーヒー3杯分になります。
自身のカフェインの摂取量を把握し、適量を守りましょう。

カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。

厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

ブラックコーヒーを飲むタイミング

ブラックコーヒーを飲むタイミングには、注意するポイントがいくつかあります。

適切なタイミングでブラックコーヒーを飲めば、ブラックコーヒーの効果をより活かすことができます。
また、デメリットも軽減できるので、健康的にブラックコーヒーを楽しむためにも飲むタイミングを意識してみましょう!

起きてから1時間後に飲む

ブラックコーヒーを飲むタイミング①起床1時間後に飲む


ブラックコーヒーは、起床1時間後に飲むと覚醒効果が最大限に活かすことができます。
逆に寝起き直後や起きてから1時間以内にブラックコーヒーを飲むと人間が本来持っている覚醒作用を阻害して、目覚めが悪くなるのです。
人間は、起床時に覚醒作用のあるコルチゾールを分泌して、目覚めを促進します。

コルチゾールの分泌量が起床後1時間程度でピークに達するので、この時間帯にカフェインを摂取するとお互いの働きを抑制してしまい覚醒効果が十分に得ることができません。
起床して1時間経つとコルチゾールの分泌量が低下するので、このタイミングにブラックコーヒーを飲むと効果的にカフェインの覚醒作用が働きます。
寝起きにすぐ飲むのではなく、会社の近辺で仕事を始める前に飲むなどすれば、午前中は眠くならずに覚醒した状態が続きます。

空腹時は避ける

空腹時の胃腸は、刺激に対して過剰に反応するので、空腹時にブラックコーヒーを飲むのは避けてください。
飲む量が適量であっても、空腹時の場合はカフェインの刺激に過剰に反応して気持ち悪くなる可能性があります。
そのため、ブラックコーヒーを飲む際には食事を済ませた後や軽いおやつなどと一緒に飲むなど、空腹を避けるようにしましょう。

特に、胃腸が弱い方は注意が必要です。
空腹時のブラックコーヒーは、胃酸を過剰に分泌させるため胃痛や胃もたれの原因になります。
ブラックコーヒーを飲む際には、空腹時を避けて飲むようにしましょう。

夕方以降は飲まない

ブラックコーヒーを飲むタイミング③夕方以降は飲まない


ブラックコーヒーは、できるだけ夕方以降に飲まないようにしましょう。
コーヒーに含まれるカフェインは、覚醒効果があるので夕方以降にコーヒーを飲むと眠れなくなる可能性があるのです。
カフェインは、摂取してから排出されるまでに5~7時間かかります。
夕方以降に摂取すると就寝時にカフェインが残っているので、睡眠の質が低下する可能性があります。

また、寝つきが悪くなり睡眠時間が短くなる可能性もあります。
睡眠の質が低下すると、翌日のパフォーマンスや集中力にも影響が出ます。
カフェインレスコーヒーなどを活用して、夕方以降にカフェインを摂取しないように意識しましょう!

コーヒーを飲んではいけない時間やタイミングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

関連記事:コーヒーを飲んではいけない時間はいつ?ダメな理由とベストなタイミングを解説

ブラックコーヒーのメリットは?

ブラックコーヒーのメリットは?


過剰摂取せず適量を守れば、ブラックコーヒーにはダイエットに活かせる効果などうれしいメリットがたくさんあります。
例えば、カフェインには脂肪燃焼を促進する効果があり、運動前に飲むと消費カロリーが増えるのでダイエットをサポートしてくれるのです。
その他にもアンチエイジング効果・リラックス効果・便秘解消効果などがあります。

ブラックコーヒーの健康効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーの健康効果は何がある?効果を高める飲み方やタイミングを解説

飲みすぎた日はカフェインレスコーヒーを飲む

「今日はブラックコーヒーを飲みすぎているけれどまだ飲みたい!」
そんな日って結構ありますよね。
ブラックコーヒー以外にもカフェイン飲料を飲みすぎる日もあるでしょう。

カフェインが過剰摂取になっているけどコーヒーを飲みたいという日は、カフェインレスコーヒーやデカフェコーヒーを活用しましょう。
カフェインの含有量が90%以上除去されているコーヒーなので、カフェインの摂取量が多い日でも飲むことができます。

下のようなインスタントのカフェインレスコーヒーを活用すれば、自宅でも簡単にカフェインレスコーヒーを飲むことができるのでおすすめです。

ブラックコーヒーの飲みすぎは体に悪いのでほどほどにしよう!

ブラックコーヒーの飲みすぎは体に悪いのでほどほどにしよう!


ブラックコーヒーを飲みすぎると胃腸の不調・睡眠の質の低下・疲労感の増加などを引き起こす可能性があります。
主にカフェインの取り過ぎによって起こるので、カフェインの摂取量には注意しましょう。
健康な成人で1日ブラックコーヒー4杯、妊婦の方でブラックコーヒー1日3杯が摂取量の目安です。

摂取量については、体質による個人差があるため、自身の体調や生活習慣に合わせて適切な摂取量を把握することが大切です。
自身の適量を見極めて、ブラックコーヒーを飲みすぎないように気を付けましょう!