完全無欠コーヒーのダイエット効果とは?作り方や痩せるの飲み方を解説

完全無欠コーヒーにダイエット効果とは?作り方や痩せるの飲み方を解説

アフィリエイト広告を利用しています

ダイエット効果や健康効果が高い飲み物として最近注目されている「完全無欠コーヒー」をご存じでしょうか。
完全無欠コーヒーは、脂肪燃焼を促進する成分などが含まれており、うまく活用すればあなたのダイエットを強力にサポートしてくれる飲み物になります!

とはいえ、完全無欠コーヒーがどんなものか・どうやって作るのかなどわからないことが多いですよね。

この記事では

  • 完全無欠コーヒーとは?
  • 完全無欠コーヒーのダイエット効果や健康効果
  • 完全無欠コーヒーのレシピ
  • 完全無欠コーヒーのダイエット効果を高める方法

など完全無欠コーヒーについて詳しく解説していきます。
完全無欠コーヒーのことを知って、あなたの生活に取り入れてみましょう!

本当におすすめのダイエットコーヒーについては下記の記事で詳しく解説しています。

ダイエットコーヒーで体重を落としたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

完全無欠コーヒーとは?

完全無欠コーヒーとは?


完全無欠コーヒーとは、デーブ・アスプレー氏の著書である「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」で紹介されたコーヒーで、コーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを加えて作る飲み物です。


グラスフェッドバターは、牧草のみで育てられた牛のミルクから作られたバターで不飽和脂肪酸などの栄養素が豊富に含まれており、通常のバターに比べて健康効果やダイエット効果の高いバターになります。

MCTオイルは、体脂肪を燃やして作るケトン体の生成を促してくれます。
体脂肪燃焼が促進されるので、ダイエットをサポートする食品として注目されています。

そして、コーヒーにも脂肪燃焼を促進するなどのダイエット効果があります。
このグラスフェッドバター・MCTオイル・コーヒーの組み合わせがダイエットや健康維持に役立つのです。

完全無欠コーヒーは、脂肪燃焼・内臓脂肪の減少・食欲抑制・集中力の向上などの効果が期待され、特にダイエット中の人々に注目されています。
ただし、飲み過ぎによるカロリー過多などで期待される効果が得られない場合があるので、適量を守ることが重要になります。

完全無欠コーヒーのダイエット効果や健康効果

完全無欠コーヒーのダイエット効果や健康効果


完全無欠コーヒーは、コーヒー・グラスフェッドバター・MCTオイルで作られているため、完全無欠コーヒーを飲むことでダイエット効果や健康効果が期待できます。

完全無欠コーヒーを飲むことで得られる効果はこちら

では、それぞれ解説していきますね!

脂肪燃焼効果

完全無欠コーヒーのダイエット効果や健康効果①脂肪燃焼効果


完全無欠コーヒーには、脂肪燃焼を促進する効果のある成分が含まれています。

まず、コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、新陳代謝を促進し脂肪燃焼を助ける働きがあります。
そのため、コーヒーを飲むことで体内の脂肪がエネルギーとして使われやすくなり、ダイエット効果が期待できます。

コーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説


また、グラスフェッドバターに含まれている共役リノール酸には、脂肪を分解する酵素の活性化や脂肪を貯蔵する酵素を抑制する効果があります。
脂肪燃焼を促進しつつ、脂肪を貯めにくくするのでダイエット効果は抜群です。

MCTオイルには、ケトン体の生成を促進する作用があります。
このケトン体を生成する際に体脂肪が燃焼されるため、MCTオイルを摂取すると脂肪燃焼を促進する効果があるのです。

コーヒー・グラスフェッドバター・MCTオイルの脂肪燃焼効果が組み合わさるので、完全無欠コーヒーを飲むと高いダイエット効果が期待できます。

内臓脂肪の低減

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、内臓脂肪を低減させる効果があります。
そのため、完全無欠コーヒーを飲むことでも内臓脂肪を低減させる効果が得られるのです。

クロロゲン酸は、肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、肝臓への脂質の取り込みをスムーズにする効果があります。

肝臓への脂肪の取り込みが促進されるので、脂肪燃焼が活発になり内臓脂肪を低減させるのです。

コーヒークロロゲン酸は肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、脂質の取り込みをスムーズにする。
さらに余分な糖質(グルコースなど)の脂肪への再合成を抑制するという。
つまりコーヒークロロゲン酸は、人が本来もっている脂質代謝能力を高め、内臓脂肪を低減させる働きがあるのだ。

花王 【コーヒークロロゲン酸と茶カテキン】内臓脂肪を減らす3つのステップ

生活習慣病の予防

完全無欠コーヒーのダイエット効果や健康効果③生活習慣病の予防


完全無欠コーヒーには、生活習慣病を予防する効果も期待できます。
グラスフェッドバターに含まれるオメガ3系脂肪酸は、悪玉コレステロール値や血圧を下げる効果があります。

この効果に加えて、完全無欠コーヒーの脂肪燃焼効果や内臓脂肪を低減する効果も生活習慣病の予防をサポートする効果です。
そのため、完全無欠コーヒーは生活習慣病の予防が期待できる飲み物といえるでしょう。

食欲の抑制

コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。
そのため、食前にコーヒーを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。

自身の悩みに合ったタイミングでコーヒーを飲んでみましょう。
また、コーヒーには代謝を促進する効果もあるので、食事で摂取したカロリーの消費を助けることができます。

食事の前後どちらかで飲むように意識しましょう。
コーヒーを飲んでから30分ほどで代謝の促進が始まるので、食前食後どちらでもカロリー消費の効果は期待できます。

アンチエイジング効果

完全無欠コーヒーのダイエット効果や健康効果⑤アンチエイジング効果


完全無欠コーヒーには、アンチエイジング効果を期待できる成分も含まれています。
コーヒーに含まれているクロロゲン酸とグラスフェッドバターに含まれるカロテン類は、抗酸化作用がある成分です。

抗酸化作用とは、紫外線を受けて発生する活性酸素を抑制する働きです。
活性酸素はシミしわの原因になる物質なので、活性酸素を抑制できるクロロゲン酸はアンチエイジング効果があると言えます。

集中力のアップ

完全無欠コーヒーに含まれるカフェインは、中枢神経を刺激して体を覚醒させる作用があります。
この覚醒作用には、集中力を高める効果があるので、完全無欠コーヒーを飲むと集中力がアップするのです。

また、コーヒーの香りにも集中力を高める効果があります。
コーヒーの香りを嗅ぐと集中力が高まったときに出るP300という脳波の生成が促進されます。

カフェインと香りの相乗効果で完全無欠コーヒーを飲むと集中力がアップするのです。

コーヒーの香りの効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーの香りはリラックス効果あり!集中力アップや香りの出し方などを解説

完全無欠コーヒーのレシピ

完全無欠コーヒーのレシピ


完全無欠コーヒーの健康効果やダイエット効果を聞いて、自分も試してみたいと思った人がたくさんいるのではないでしょうか。

ここからは、自宅で作れる完全無欠コーヒーのレシピについて解説していきます。

完全無欠コーヒーのレシピを知って、完全無欠コーヒーを生活に取り入れてみましょう!

完全無欠コーヒーに必要な材料

上記のリストが完全無欠コーヒーに必要なものです。

ブラックコーヒー

ブラックコーヒーは、良質なコーヒー豆でドリップしたブラックコーヒーが良いとされています。
良質なコーヒー豆の目安としては、スペシャルティコーヒーの豆を選べばOKです。

スペシャルティコーヒーは、要件を満たしたコーヒー豆しか認定されないので、高品質なコーヒー豆であることが担保されています。

グラスフェッドバター(無塩)

グラスフェッドバターは、牧草のみで育てられた牛の牛乳から作られたバターで不飽和脂肪酸などの栄養素が豊富に含まれており、通常のバターに比べて健康効果やダイエット効果の高いバターになります。

特に、悪玉コレステロール値や血圧を下げる効果があるオメガ3系脂肪酸は、通常の牛乳で作られたバターに比べてグラスフェッドバターの方が2倍含まれています。

また、自然由来の牧草のみで育てられている牛の牛乳から作られているので、安全で安心できるオーガニックバターといえるでしょう。

MCTオイル

MCTオイルとは、「Medium Chain Triglyceride Oil(ミディアム チェーン トリグリセリド オイル)」の略で、日本語訳すると「中鎖脂肪酸オイル」となります。

中鎖脂肪酸は、体脂肪を燃焼させて作るケトン体の生成を促進させる効果を持っています。
そのため、中鎖脂肪酸を摂取すると体脂肪の燃焼が促進されるのです。

MCTオイルは、中鎖脂肪酸を多く含むパームオイルやココナッツオイルなどから精製した、中鎖脂肪酸含有量100%のオイルのことです。

完全無欠コーヒーの作り方

完全無欠コーヒーの作り方は、グラスフェッドバターとMTCオイルをコーヒーに入れて混ぜるだけと非常に簡単です。

作り方はこちら

完全無欠コーヒーの作り方
  1. ブラックコーヒーを200ml作る
  2. コーヒーにグラスフェッドバターを5~10g入れる
  3. コーヒーにMCTオイルを5~10ml入れる
  4. スプーンでバターが溶けるまで混ぜる
  5. バターが溶けたら完成

分量は、「ブラックコーヒー:200ml、グラスフェッドバター:10g、MCTオイル:10ml」です。
バターを溶かすために、ブラックコーヒーはホットにしてください。

完全無欠コーヒーを作る上で、唯一面倒な点はバターがなかなか溶けないということです。
スプーンではなくもっと手軽に作りたいという人は、ブレンダーを活用すれば簡単に溶かすことができます。

痩せる完全無欠コーヒーの飲み方

痩せる完全無欠コーヒーの飲み方


高いダイエット効果や健康効果のある完全無欠コーヒーですが、飲み方に気を付ければさらに高い効果を得ることができます。

では、それぞれ解説しますね!

朝に飲む

朝に完全無欠コーヒーを飲むと基礎代謝がアップした状態で1日をスタートすることができます。
完全無欠コーヒーを飲むことで、10%ほどの基礎代謝の向上が期待できます。

基礎代謝が高いと日常生活での消費カロリーが多くなるので、基礎代謝をアップさせることはダイエットでは非常に重要になります。
通常であれば、筋トレなどで地道に筋肉量を増やしてアップさせる基礎代謝ですが、完全無欠コーヒーで手軽に向上できるのは凄すぎますよね。

朝に完全無欠コーヒーを飲んで、痩せやすい体で1日をスタートさせましょう!

朝にコーヒーを飲むダイエットのやり方については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:朝コーヒーダイエットのやり方を紹介!脂肪燃焼効果やおすすめのコーヒーも解説

運動前に飲む

痩せる完全無欠コーヒーの飲み方②運動前に飲む


運動前に完全無欠コーヒーを飲むことで、ダイエット効果をアップさせることができます。
完全無欠コーヒーには、脂肪燃焼を促進して消費カロリーを高める効果があります。

そのため、運動前に完全無欠コーヒーを飲むことで、運動による消費カロリーを引き上げてくれるのです。
また、カフェインの覚醒作用によって集中力がアップするので、運動の質が高くなる効果も期待できます。

ジョギングであれば、普段より長い距離が走れたりするでしょう。
運動前に完全無欠コーヒーを飲む場合は、運動の30分前に飲んでください。

カフェインは、摂取後30分で効果が出始めます。
運動の30分前に飲めば、運動開始からダイエット効果がアップした状態で運動を行うことができます。

食事の前後に飲む

完全無欠コーヒーを食事の前後に飲むことでもダイエット効果を高めることができます。
完全無欠コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。

そのため、食前に完全無欠コーヒーを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。
食事と間食のどちらを減らしたいかによって、飲むタイミングは変えましょう。

カフェインの効果が出始めるのが摂取後30分程度なので、食前に完全無欠コーヒーを飲む場合は30分~1時間前が飲むタイミングの目安です。
食後の場合は、30分以内を目安に飲みましょう。

注意点としては、食前と食後の両方飲まないことです。
完全無欠コーヒーを摂取後2~3時間ほどでカフェインの血中濃度が最大になります。

この時点でカフェインの排出はされていないため、食前と食後に飲んでしまうとカフェインが過剰摂取になり、体に負担がかかります。
自身の状況に合わせて、食前か食後どちらで完全無欠コーヒーを飲むかを選びましょう!

毎日継続して飲む

痩せる完全無欠コーヒーの飲み方④毎日継続して飲む


完全無欠コーヒーを毎日継続して飲むことは、健康効果やダイエット効果を最大限に引き出す上で一番大事なことと言えるでしょう。
完全無欠コーヒーは、飲めばすぐ痩せる・健康になるというような即効性のあるものではありません。

毎日継続して飲み続けることによって効果を得ることができます。
無理なく継続するということが一番重要になります。

朝食代わりに飲むことや昼食後に飲むなど自身の取り入れやすいタイミングでルーティン化してみましょう!

完全無欠コーヒーのダイエット効果を高める方法

完全無欠コーヒーのダイエット効果を高める方法


完全無欠コーヒーのダイエット効果をさらに高めたいとお考えの方へ、効果的な方法をご紹介します。
それは、完全無欠コーヒーにダイエットコーヒーを使用するということです。

ダイエットコーヒーとは、糖の吸収を抑える機能などダイエット効果が高めたコーヒーで完全無欠コーヒーに使用するとよりダイエット効果を高めてくれます。

ダイエットコーヒーは、色々な種類があるのであなたに合うダイエットコーヒーを選んでみましょう!

ダイエットコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

完全無欠コーヒーのQ&A

完全無欠コーヒーのQ&A


ここからは、完全無欠コーヒーについてのQ&Aにお答えしていきます。

完全無欠コーヒーはインスタントコーヒーでも作れる?

完全無欠コーヒーのQ&A①完全無欠コーヒーはインスタントコーヒーでも作れる?


インスタントコーヒーでも完全無欠コーヒーを作ることはできます。
質の高いコーヒー豆を使ったドリップコーヒーとインスタントコーヒーで含まれる成分が大きく変わることはありません。

得られるダイエット効果や健康効果がインスタントコーヒーだと低下してしまうということはないです。
ただし、インスタントコーヒーで作った完全無欠コーヒーは、味が落ちる可能性があります。

やはり、質の高いコーヒー豆に比べるとインスタントコーヒーは風味が落ちてしまいます。
味よりも手軽に作りたいという方は、インスタントコーヒーを活用するのもOKです。

完全無欠コーヒーのデメリットはある?

完全無欠コーヒーのデメリットは、ややコストがかかるという点です。
完全無欠コーヒーに使用するグラスフェッドバターやMCTオイルは、安いものではなく毎日飲むとそれなりのお金がかかってしまいます。

どんなグラスフェッドバターやMCTオイルを使うかにもよりますが、安くても1杯あたり100円ほどのコストになります。

また、材料が手に入りにくいのもデメリットでしょう。
グラスフェッドバターやMCTオイルは、スーパーなどで見かけることは中々ありません。

ネットで買うことも可能ですが、最初は直接確かめてから買いたいという方も多いでしょう。
そのような場合に、売っている店舗を探すのに苦労するというデメリットがあります。

完全無欠コーヒーで太った?

完全無欠コーヒーのQ&A③完全無欠コーヒーで太った?


ダイエット効果のある完全無欠コーヒーですが、ダイエット効果があるからと飲みすぎると太ってしまう可能性があります。
完全無欠コーヒーのカロリーは、100~150kcalあるので1日に4杯も5杯も飲むとカロリー過多になってしまいます。

完全無欠コーヒーが太る原因になってしまうこともあるわけです。
1日2杯ほどに抑えておくのがいいでしょう。

運動などと併用しながら、適量摂取を心がけてダイエットに活用してください!

まとめ:完全無欠コーヒーの効果をダイエットに活かそう!

まとめ:完全無欠コーヒーの効果をダイエットに活かそう!


完全無欠コーヒーは、脂肪燃焼・内臓脂肪の減少・食欲抑制・集中力の向上などさまざまなダイエット効果や健康効果が期待できる飲み物です。
完全無欠コーヒーを取り入れることができれば、あなたの生活の質が向上するでしょう。

また、ダイエット中の方にとっては、ダイエットをサポートしてくれる心強い飲み物です。
作り方もブラックコーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れて混ぜるだけと簡単です。

完全無欠コーヒーを毎日飲んで、ダイエットに活用しましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事
ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】