ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説

ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説

アフィリエイト広告を利用しています

ブラックコーヒーがダイエットに効果的な飲み物ってご存じですか?
実はブラックコーヒーには、脂肪燃焼効果や食欲抑制などの凄すぎるダイエット効果があるんです。
ブラックコーヒーを上手に活用すれば、あなたのダイエットを強力にサポートしてくれるでしょう。

この記事では

  • ブラックコーヒーの凄すぎるダイエット効果
  • ブラックコーヒーに含まれる成分のダイエット効果3つ
  • 痩せるブラックコーヒーの飲み方
  • ブラックコーヒーでダイエットをする際の注意点

などブラックコーヒーのダイエット効果やダイエットへの活かし方について解説しています。
この記事を読んで、理想の体型を手に入れましょう!

美味しいコーヒーを飲みながら今よりも体重を3Kg減らしたいのであれば、ダイエットコーヒーがおすすめです。

下記の記事では飲みやすくて効果が出るダイエットコーヒーを紹介しています。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

ブラックコーヒーの凄すぎるダイエット効果とは?

ブラックコーヒーの凄すぎるダイエット効果とは?


ブラックコーヒーは、ダイエットに効果的な飲み物というのをご存じでしょうか?
ブラックコーヒーには、カフェインとクロロゲン酸が含まれています。

これらの成分には、脂肪燃焼効果や基礎代謝をアップさせる効果があるため、ダイエットをサポートしてくれます。
ブラックコーヒー自体のカロリーは、コーヒーカップ1杯(150ml)で4kcalなので、ほぼカロリーがありません。

それに対して、コーヒーを飲むと10%ほど基礎代謝が上がるため、摂取カロリー以上の消費カロリーが期待できます。
これってかなり凄いことではないでしょうか。

ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎると言われる理由がわかりますよね。
ブラックコーヒーのような摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多くなる食品をマイナスカロリー食品と呼ばれます。

ただし、飲めば痩せるからと飲みすぎるとカフェインの過剰摂取で体調を崩す可能性があるので、適量摂取を心掛けてください。
また、ブラックコーヒーに含まれるカフェインには、腸の働きを促進する効果があり、便秘解消の効果も期待できるのです。

便秘になると胃腸の働きが悪くなり、基礎代謝が落ちる原因になります。
そのため、便秘にならないことはダイエットにおいて非常に重要です。

胃腸の働きを促進するブラックコーヒーは、ダイエットをする上で重要な役割を果たしてくれます。
これらの効果があるブラックコーヒーは、ダイエットを強力にサポートしてくれる飲み物といえるでしょう。

また、ダイエットコーヒーと呼ばれるダイエットをサポートする効果を持ったコーヒーも存在します。
ダイエットコーヒーは、通常のコーヒーのダイエット効果に加えて、糖の吸収を抑える効果などの効果を持っています。

ダイエットコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

ブラックコーヒーに含まれる成分のダイエット効果3つ

ブラックコーヒーに含まれる成分のダイエット効果3つ


ブラックコーヒーには、ダイエットに効果的な成分が含まれています。
それぞれの成分に、どのような効果があるのか見ていきましょう。

ブラックコーヒーに含まれる成分のダイエット効果3つ

ブラックコーヒーに含まれる成分には、これらのダイエット効果があります。
あなたのダイエットに、ブラックコーヒーをうまく活用していきましょう!

カフェイン・クロロゲン酸の脂肪燃焼効果

ブラックコーヒーに含まれる成分のダイエット効果3つ①カフェイン・クロロゲン酸の脂肪燃焼効果


コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、脂肪燃焼する効果があります。
カフェインやクロロゲン酸には、新陳代謝を促進し脂肪燃焼を助ける働きがあるのです。
そのため、コーヒーを飲むことで体内の脂肪がエネルギーとして使われやすくなり、ダイエット効果が期待できます。

また、クロロゲン酸には内臓脂肪を低減させる効果があります。
クロロゲン酸は、肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、肝臓への脂質の取り込みをスムーズにする効果があります。
肝臓への脂肪の取り込みが促進されるので、脂肪燃焼が活発になり内臓脂肪を低減させるのです。

コーヒークロロゲン酸は肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、脂質の取り込みをスムーズにする。
さらに余分な糖質(グルコースなど)の脂肪への再合成を抑制するという。
つまりコーヒークロロゲン酸は、人が本来もっている脂質代謝能力を高め、内臓脂肪を低減させる働きがあるのだ。

花王 【コーヒークロロゲン酸と茶カテキン】内臓脂肪を減らす3つのステップ

カフェインの便秘解消効果

カフェインには、胃液の分泌を活発にする働きや利尿作用があります。
コーヒーを飲むと胃が活発に働くため、消化が促進され便秘解消効果が期待できます。
便秘は基礎代謝を低下させるので、ダイエットの天敵です。
そのため、便秘を予防することはダイエットにおいて非常に重要です。

注意点としては、利尿作用よって脱水気味になることがあります。
便秘解消には十分な水分が必要なので、水分補給も忘れないようにしましょう。

ブラックコーヒーの利尿作用については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

関連記事:コーヒーの利尿作用は何時間続く?カフェインの効果が出る摂取量や持続時間を解説

食欲抑制の効果

コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。
そのため、食前にコーヒーを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。

自身の悩みに合ったタイミングでコーヒーを飲んでみましょう。
また、コーヒーには代謝を促進する効果もあるので、食事で摂取したカロリーの消費を助けることができます。
食事の前後どちらかで飲むように意識しましょう。
コーヒーを飲んでから30分ほどで代謝の促進が始まるので、食前食後どちらでもカロリー消費の効果は期待できます。

痩せるブラックコーヒーの飲み方

痩せるブラックコーヒーの飲み方


ブラックコーヒーには、脂肪燃焼や食欲抑制などダイエットに活かせる効果があります
このダイエット効果を最大限に引き出すために、飲み方にも気を付けてみましょう。

痩せるブラックコーヒーの飲み方

ご紹介する飲み方を意識すれば、よりブラックコーヒーのダイエット効果を活かすことができます。
ブラックコーヒーを上手に活用して、理想の体型を手に入れましょう。

運動前に飲む

痩せるブラックコーヒーの飲み方①運動前に飲む


運動前にコーヒーを飲むことで、ダイエット効果をアップさせることができます。
コーヒーに含まれるカフェインには、消費カロリーを高める効果があります。
そのため、運動前にコーヒーを飲むことで運動による消費カロリーを引き上げてくれるのです。

また、カフェインの覚醒作用によって集中力がアップするので、運動の質が高くなる効果も期待できます。
ジョギングであれば、普段より長い距離が走れたりするでしょう。

運動前にコーヒーを飲む場合は、運動の30分前に飲んでください。
カフェインは、摂取後30分で効果が出始めます。
運動の30分前に飲めば、運動開始からダイエット効果がアップした状態で運動を行うことができます。

食事の前後に飲む

ブラックコーヒーを食事の前後に飲むことで、ダイエット効果を高めることができます。
コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。
そのため、食前にコーヒーを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。
食事と間食のどちらを減らしたいかによって、飲むタイミングは変えましょう。

カフェインの効果が出始めるのが摂取後30分程度なので、食前にコーヒーを飲む場合は30分~1時間前が飲むタイミングの目安です。
食後の場合は、30分以内を目安に飲みましょう。

注意点としては、食前と食後の両方飲まないことです。
コーヒーを摂取後2~3時間ほどでカフェインの血中濃度が最大になります。
この時点でカフェインの排出はされていないため、食前と食後に飲んでしまうとカフェインが過剰摂取になり、体に負担がかかります。
自身の状況に合わせて、食前か食後どちらでコーヒーを飲むかを選びましょう!

食後のコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:食後のコーヒーは太る?ダイエットに効果的な飲み方や飲むタイミングを紹介

朝に飲む

痩せるブラックコーヒーの飲み方③朝に飲む


朝にブラックコーヒーを飲むと基礎代謝がアップした状態で1日をスタートすることができます。
ブラックコーヒーを飲むことで、10%ほどの基礎代謝の向上が期待できます。
基礎代謝が高いと日常生活での消費カロリーが多くなるので、基礎代謝をアップさせることはダイエットでは非常に重要になります。

通常であれば、筋トレなどで地道に筋肉量を増やしてアップさせる基礎代謝ですが、コーヒーで手軽に向上できるのは凄すぎますよね。
朝にコーヒーを飲んで、痩せやすい体で1日をスタートさせましょう!

1日に飲む量

ブラックコーヒーを飲む量は、1日にコーヒーカップ3杯(450ml)を目安にするといいでしょう。
この量であれば、カフェインの過剰摂取になることはないです。
体質的にカフェインが苦手な方は、自身の体質に合わせて量を調整してください。

飲み方としては、3時間おきに1杯のペースで飲むと効果的です。
コーヒーを飲んでから2~3時間後にカフェインの血中濃度がピークになります。
このサイクルに合わせてブラックコーヒーを飲めば、常にダイエット効果が高い体の状態を維持できるので、高いダイエット効果を得ることができます。

ブラックコーヒーでダイエットをする際の注意点

ブラックコーヒーはダイエットに効果的ですが、飲み方を間違えると体調不良になる可能性があります。

飲むのを避けた方がいいタイミングや飲む量など注意する点がいくつかあります。
それでは、1つずつ解説していきますね。

飲みすぎない

ブラックコーヒーでダイエットをする際の注意点①飲みすぎない


ブラックコーヒーにはダイエット効果があるため、たくさん飲みたくなりますが、飲みすぎるとカフェインの過剰摂取になるので注意が必要です
カフェインを過剰摂取するとめまい・動悸・疲労感・下痢・吐き気などの症状が出ることがあります。
1日の目安としては、コーヒーカップ3杯(450ml)までにしましょう。
多くても4杯(600ml)までにしてください。

1日あたりのカフェイン摂取量としては、健康な成人の場合でカフェインの1日の摂取量は400mg、妊婦の方の場合で300mgが目安とされています。
ブラックコーヒーのカフェイン量がコーヒーカップ1杯(150ml)で80~100mg程度なので、カフェイン400mgはブラックコーヒー4杯分、カフェイン300mgはブラックコーヒー3杯分になります。

カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。

厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

起きてすぐや寝る前は飲まない

起きてすぐや寝る前は、コーヒーを飲まないようにしましょう。
まず、起きてすぐのコーヒーが良くない理由は、コルチゾールというホルモンが関係しています。
このコルチゾールには覚醒効果があり、体を覚醒させるために起床後にコルチゾールが分泌されます。
起床後、1時間程度でこのコルチゾールの分泌量が最も高まるのです。

カフェインには、コルチゾールの分泌を抑制する作用があり、起床後1時間以内にカフェインを摂取するとコルチゾール覚醒効果を低下させてしまいます。
そのため、朝起きてすぐのコーヒーは、逆に目覚めを悪くするので良くないのです。
代謝を高めるために飲む朝のコーヒーは、起床後1時間経ってから飲みましょう。

朝のコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:朝のコーヒーが良くない理由とは?飲む時間帯や飲み方のメリットデメリットを解説


次に寝る前のコーヒーが良くない理由は、カフェインの覚醒効果が影響しています。
コーヒーに含まれるカフェインは、覚醒効果があるので寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなる可能性があるのです。
カフェインは、摂取してから排出されるまでに5~7時間かかります。
自身の睡眠時間から逆算して、なるべく夕方以降にコーヒーを飲むことを避けましょう。

朝起きてすぐや寝る前にコーヒーを飲むと目覚めが悪くなったり、睡眠の質が低下したりと生活の質そのものを下げる原因になってしまいます。
疲労感や倦怠感など体への影響が出る場合もあるので、気を付けてください。

夜のコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

関連記事:夜にコーヒーを飲むのはよくない?メリット・デメリットやおすすめの飲み方を解説

空腹時は避ける

空腹時の胃腸は、刺激に対して過剰に反応するので、空腹時にコーヒーを飲むのは避けてください。
飲む量が適量であっても空腹の場合は、カフェインの刺激に過剰に反応して気持ち悪くなる可能性があります。
そのため、コーヒーを飲む際には食事を済ませた後や軽いおやつなどと一緒に飲むなど、空腹を避けるようにしましょう。

特に、胃腸が弱い方は注意が必要です。
空腹時のコーヒーは、胃酸を過剰に分泌させるため胃痛や胃もたれの原因になります。
コーヒーを飲む際には、空腹時を避けて飲むようにしましょう。

ミルクや砂糖は入れない

ブラックコーヒーでダイエットをする際の注意点④砂糖やミルクは入れない


コーヒーをダイエットに活用する際には、ミルクや砂糖を入れないことが重要です。
ブラックコーヒー自体にはほとんどカロリーがなく、カフェインやクロロゲン酸などの成分が脂肪燃焼や食欲抑制の効果を持っています。
しかし、ミルクや砂糖を加えることでカロリーが増えてしまい、ダイエット効果が薄れてしまうからです。

そのため、ブラックコーヒーのダイエット効果を最大限に引き出すためには、ミルクや砂糖を入れずに飲むことが大切です。
どうしてもブラックコーヒーが苦手で飲めない場合は、無脂肪乳やカロリーゼロの人工甘味料などを活用してなるべくカロリーを抑えるようにしましょう。

インスタントコーヒーでも痩せるのか?

インスタントコーヒーでも痩せるのか?


ブラックコーヒーのダイエット効果は、インスタントコーヒーでも効果が期待できます。
手軽に作れるインスタントコーヒーでもダイエット効果があるのは嬉しいですよね。
インスタントコーヒーにもカフェインやクロロゲン酸が含まれるため、脂肪燃焼効果や代謝促進効果が期待できます。
どんなコーヒーの種類でも基本的にカフェインとクロロゲン酸が含まれているので、ダイエット効果があります。

唯一ダイエット効果が落ちるのが、カフェインレスコーヒーやノンカフェインコーヒーです。
これらのコーヒーは、カフェインが除去されているので、その分ダイエット効果が落ちます。
クロロゲン酸は含まれているので、ダイエット効果自体はあります。
体調が悪い日や就寝前などで上手に活用してみるといいでしょう。

ブラックコーヒーが苦手な人におすすめの飲み方

ブラックコーヒーが苦手な人におすすめの飲み方


どうしてもブラックコーヒーが飲めないという人って多いですよね。
ここでは、ブラックコーヒーが苦手な人でもおすすめのコーヒーの飲み方をご紹介します。

ブラックコーヒーが苦手な人におすすめの飲み方

ブラックコーヒー以外でもダイエット効果は得ることができるので、自身にあった飲み方でダイエットに活かしていきましょう!

緑茶コーヒー

緑茶コーヒーという飲み物をご存じでしょうか?
緑茶コーヒーとは、ブラックコーヒーと緑茶を1:1で割った飲み物で、コーヒーと緑茶両方の効果を得られる今注目されている飲み物なんです。

この緑茶コーヒーは、ブラックコーヒーが苦手な方におすすめです。
緑茶と混ぜることでコーヒーの苦味が軽減されて、まろやかな口当たりになります。
ブラックコーヒーよりも飲みやすいので、ブラックコーヒーが苦手な方は一度試してみてください!

また、緑茶コーヒーはダイエット効果が非常に高い飲み物でもあります。
緑茶コーヒーには、緑茶とコーヒーに含まれるカフェイン・クロロゲン酸・カテキンの作用によって、脂肪燃焼を促進する効果も持っています。

緑茶とコーヒーを組み合わせることで、カフェイン・クロロゲン酸・カテキンによる相乗効果が期待できるのです。
そのため、緑茶コーヒーの方が緑茶かコーヒーのどちらか一方を飲むよりも、脂肪燃焼効果が高くなります。

緑茶コーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:緑茶コーヒーのダイエット効果は?作り方やダイエットに活かす方法を紹介

低カロリーのカフェオレを作る

ブラックコーヒーが苦手な人におすすめの飲み方②低カロリーのカフェオレを作る


ブラックコーヒーは飲めないけどカフェオレなら飲めるという人って多いですよね。
ブラックコーヒーが飲めない場合は、低カロリーのカフェオレを作って代用しましょう。
無脂肪乳とカロリーゼロの甘味料を使用して、極限までカロリーを抑えたカフェオレを作りましょう。

コーヒーと無脂肪乳を1:1の割合でカフェオレを作った場合で、1杯あたり(200ml)20kcal以下に抑えることができます。
甘味料によって甘味もあるので、通常のカフェオレと同様においしいカフェオレになりますよ!

ブラックコーヒーでダイエットをするためのスケジュール

ここでは、ブラックコーヒーのダイエット効果を最大限に引き出した飲み方をご紹介します。
1日のスケジュールを例にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

ブラックコーヒーをダイエットに活かすという観点に絞った過ごし方なので、仕事などは無視しています。
休日だけやってみたり、一部だけ参考にするなど自身の生活に合わせて取り入れてみてください。

ブラックコーヒーでダイエットをするためのスケジュール
  • 07:00 起床
  • 07:30 朝食を食べる
  • 08:00 ブラックコーヒーを飲む
  • 08:30 ジョギングを30分行う
  • 11:00 ブラックコーヒーを飲む
  • 12:00 昼食を食べる
  • 15:00 ブラックコーヒーを飲む
  • 18:00 夕食を食べる
  • 23:00 就寝

カフェインが過剰摂取にならないように、コーヒーは3杯にしています。
就寝時にカフェインの覚醒効果が残って、睡眠の質が低下しないようなスケジュールを組みました。

また、3~4時間おきにコーヒーを飲むことで1日を通して消費カロリーが高い状態を保てるようになっています。
完全に再現するのは難しいですが、午前中だけ参考にするなどダイエットの参考にしてください!

ダイエット中におすすめのコーヒーは、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

ブラックコーヒーのダイエット効果は凄すぎる!

ブラックコーヒーのダイエット効果は凄すぎる!


ブラックコーヒーには、食欲抑制や脂肪燃焼効果などの凄すぎるダイエット効果を持っています。
また、運動前や食事の前後に飲むなどタイミングを気を付ける事で、最大限にダイエット効果を引き出すことができます。
日常に上手くブラックコーヒーを取り入れて、あなたのダイエットに活かしていきましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事
関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】