夜にコーヒーを飲みたい!メリット・デメリットや飲めるコーヒーを解説

夜にコーヒーを飲みたい!メリット・デメリットや飲めるコーヒーを解説

アフィリエイト広告を利用しています

夜にコーヒーを飲みたいけど飲んでもいいのかなと思うことありませんか?
イメージとしては、夜にコーヒーを飲むと眠れなくなりそうですよね。

この記事では

  • 夜にコーヒーを飲みたい時に飲んでもいいのか?
  • 夜にコーヒーを飲むメリット、デメリット
  • 夜コーヒーの効果が実感できるおすすめのタイミング
  • 夜コーヒーのおすすめの飲み方
  • 夜でも飲めるおすすめのコーヒー

など夜にコーヒーを飲むとどうなるのか、飲みたい時はどうすればいいのかについて解説します。
この記事を読んで、夜のコーヒーを楽しみましょう!

本当におすすめのダイエットコーヒーについては下記の記事で詳しく解説しています。

ダイエットコーヒーで体重を落としたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

夜にコーヒーを飲みたい時に飲んでもいいのか?

夜にコーヒーを飲みたい時に飲んでもいいのか?


夜にコーヒーを飲んでも問題ないですが、注意する点があります。
コーヒーに含まれているカフェインの覚醒作用で、夜にコーヒーを飲むと睡眠の質を低下させてしまう恐れがあります。

夜にリラックスするためにコーヒーを飲む場合は、カフェインレスコーヒーやデカフェコーヒーなどカフェインの含有量が少ないコーヒーにしましょう。

夜に仕事や勉強をもうひと頑張りしたい場合は、コーヒーを飲んでも問題ありません。
カフェインには集中力をアップさせる効果もあるので、仕事や勉強との相性が非常にいいのでおすすめです。

目的に合わせて飲むコーヒーの種類を変えれば、夜にコーヒーを飲んでも大丈夫ですよ!

夜にコーヒーを飲むメリット

夜にコーヒーを飲むメリット


夜にコーヒーを飲むことには、いくつかのメリットがあります。

では、それぞれ解説していきますね!

香りによるリラックス効果

コーヒーの香りを嗅ぐことで、心地よいリラックス感を感じたことがある方も多いでしょう。
実は、コーヒーの香りには人間がリラックスできるα波を生成する作用があるのです。

このα波が生成されると人間は心身共にリラックス状態になります。
香りを嗅ぐだけでα波の生成が促進されるので、カフェインが苦手な方はカフェインレスコーヒーでも効果を得ることができます。
夜にコーヒーを飲むとリラックス効果によって、ストレスが軽減された状態で眠りにつくことができます。

コーヒーの香りのリラックス効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

関連記事:コーヒーの香りはリラックス効果あり!集中力アップや香りの出し方などを解説

血行を促進する効果

夜にコーヒーを飲むメリット②血行を促進する効果


コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、血液を固める作用を持つ血小板の働きを抑制し、血液をサラサラにする効果があります。
そのため、血液がさらさらになることで血流が改善されます。

また、カフェインにも血液の流れが良くなる効果があるのです。
琉球大学の実験によるとカフェイン入りのコーヒーを摂取した被験者とカフェイン抜きのコーヒーを摂取した被験者の血流を比べたところ、カフェイン入りのコーヒーを飲んだ被験者の方が指先の血流が良くなったという実験結果が出ました。

琉球大学大学院医学研究科薬理学の筒井正人教授らは、27人の被験者にカフェイン入りのコーヒーを1杯飲んでもらう実験を行った。その結果、カフェイン抜きのコーヒーを摂取した人に比べ、カフェイン入りのコーヒーを飲んだ被験者は指先の血流が30%増加し血流が良くなったという。
被験者は22歳〜30歳で、ふだんはコーヒーを飲んではいなかった。1杯約140gのレギュラーコーヒーもしくはカフェイン抜きのコーヒーを飲んでもらい、摂取後に指の血流をレーザドップラー流速計で測定した。

糖尿病ネットワーク コーヒーが糖尿病リスクを低下 コーヒーを飲むと血流が増加


そのため、冷え性など血行不良の悩みがある方にコーヒーはおすすめです。
クロロゲン酸だけでも血行を促進する効果は期待できるので、カフェインレスコーヒーやデカフェコーヒーでもOKです。

夜にコーヒーを飲めば、布団の中での手足の冷えが軽減されますよ!

疲労回復効果

夜のコーヒーには、疲労回復の効果が期待できます。
そのため、夜にコーヒーを飲めば翌朝に疲れを残さず起床することができるでしょう。

特に、血行が良くなると疲労物質の排出が促進されます。
そのため、夜にコーヒーを飲むことで睡眠中の疲労回復効果が高まるのです。

血流促進効果が体を回復させ、香りのリラックス効果が心を回復させるので、心身共に回復させることができるでしょう。

夜コーヒーの効果が実感できるおすすめのタイミング

夜コーヒーの効果が実感できるおすすめのタイミング


夜のコーヒーの効果を最大限に実感できるタイミングがあります。
ここでは、夜のコーヒーを飲むのにおすすめのタイミングをご紹介します。

夜コーヒーの効果が実感できるおすすめのタイミング

では、それぞれ解説していきますね!

仕事で疲れている時

心身共にリラックスできる効果があるコーヒーは、仕事で疲れている時におすすめです。
お風呂上りなど夜のリラックスタイムに飲むといいでしょう。

コーヒーを飲むことで、香りによるリラックス効果や血行促進による疲労回復効果などが期待できます。
特に血行が促進される効果は、睡眠中に疲労物質の排出が促進されます。

注意する点としては、疲労回復が目的の場合はカフェインレスコーヒーにすることです。
通常のコーヒーだとカフェインの覚醒効果によって睡眠の質が下がるので、疲労回復が十分に行われない恐れがあります。

翌日に疲れを残さないためにもカフェインレスコーヒーをうまく活用しましょう。

目を覚ましたい時

夜コーヒーの効果が実感できるおすすめのタイミング②目を覚ましたい時


夜の眠気を覚ましたい時も夜コーヒーにおすすめです。
仕事などで夜起きておかないといけないときは、コーヒーを飲んで眠気を覚ましましょう。

コーヒーのカフェインには、覚醒作用があります。
夜にコーヒーを飲むことで眠気を覚まして、長時間起きておくことが可能になります。

注意点としては、コーヒーを飲みすぎないことです。
飲み方としては、3時間おきにコーヒカップ1杯(150ml)のペースで飲むと効果的です。

コーヒーを飲んでから2~3時間後にカフェインの血中濃度がピークになります。
このサイクルに合わせてコーヒーを飲めば、常に覚醒効果が高い状態を維持できます。

夜にコーヒーを飲むデメリット

夜にコーヒーを飲むデメリット


夜にコーヒーを飲むことは、デメリットもあります。

夜にコーヒーを飲むデメリット

デメリットを理解して、夜のコーヒーをうまく活用しましょう!
では、それぞれ解説していきますね。

睡眠の質が低下する

夜にコーヒーを飲むデメリット①睡眠の質が低下する


夜のコーヒーが良くない理由は、カフェインの覚醒効果が影響しています。
コーヒーに含まれるカフェインは、覚醒効果があるので夜にコーヒーを飲むと眠れなくなる可能性があるのです。

カフェインは、摂取してから排出されるまでに5~7時間かかります。
そのため、夜に飲むと就寝時にカフェインの覚醒効果が残ってしまう可能性があるのです。

夜にコーヒーを飲むと睡眠の質が低下して生活の質そのものを下げる原因になってしまいます。
疲労感や倦怠感など体への影響が出る場合もあるので、気を付けてください。

太る原因になる

夜のコーヒーは飲みすぎると太る原因になることがあります。
ブラックコーヒーの場合は問題ないですが、ミルクや砂糖を入れたコーヒーを飲みすぎるとカロリー摂取量が多くなり太ってしまいます。

ティースプーン1杯(5g)の砂糖のカロリーは約20kcal、牛乳100mlは67kcalです。
ダイエット中の方は、コーヒーに入れる砂糖やミルクの量には気を付けましょう。
特に、砂糖ありの甘いカフェオレは1杯100kcalほどになるので、注意してください。

また、ブラックコーヒーをたくさん飲んでも太る原因になりませんが、カフェインの過剰摂取になる恐れがあるので、ブラックコーヒーの飲みすぎにも気を付けましょう。
カフェインは過剰摂取するとめまい・動悸・疲労感・下痢・吐き気などの症状が出ることがあります。

ブラックコーヒーを飲む際には、カフェインの過剰摂取にならないように適量を守ることが非常に大切です。
1日あたりのカフェイン摂取量としては、健康な成人の場合でカフェインの1日の摂取量は400mg、妊婦の方の場合で300mgが目安とされています。

ブラックコーヒーのカフェイン量がコーヒーカップ1杯(150ml)で80~100mg程度なので、カフェイン400mgはブラックコーヒー4杯分、カフェイン300mgはブラックコーヒー3杯分になります。
自身のカフェインの摂取量を把握し、適量を守りましょう。

ブラックコーヒーの飲みすぎによる体の影響が気になる方は、こちらの記事をご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーの飲みすぎは危険?健康への影響や1日の飲む量を解説

夜コーヒーのおすすめの飲み方

夜コーヒーのおすすめの飲み方


ここからは、夜コーヒーのおすすめの飲み方をご紹介します。

紹介する飲み方をすれば、デメリットを軽減することができます。
では、それぞれ解説していきますね。

カフェインレス・デカフェコーヒーで飲む

夜にコーヒーを飲むとカフェインの影響で睡眠の質を悪化させてしまいます。
カフェインの影響をなくすために、夜に飲むコーヒーはなるべくカフェインレスコーヒーにしましょう。
夜に飲むコーヒーをカフェインレスコーヒーにすると逆に睡眠の質が向上します。

理由は、コーヒーの香りが持つリラックス効果にあります。
カフェインレスコーヒーは、カフェインが除去されているだけなので、香りは通常のコーヒーと変わりません。
就寝前にカフェインレスコーヒーを飲むと就寝時のコーヒーの香りによって、リラックス効果が高まり深い眠りにつくことができるのです。

ホットコーヒーで飲む

夜コーヒーのおすすめの飲み方②ホットコーヒーで飲む


夜にコーヒーを飲む際には、アイスコーヒーは避けるべきです。
アイスコーヒーは冷たいので、体を冷やしてしまいます。
人のからだは手足から放熱することで深部体温を下げ、休息モードに切り替わるようにできています。

就寝前に体を冷やすとこの体温調節がうまく機能しないため、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりします。
体の冷えは、睡眠の不調に繋がってしまうので注意しましょう。

夜になると、人のからだは手足から放熱することで深部体温を下げ、“休息モード”に切り替わるようにできています。冷え性の人は、この体温調節がうまく機能しないために、寝つきがわるい、眠りが浅いなどの睡眠不調に陥りやすい傾向にあります。
眠りには自律神経も関係しています。本来、夜には、活動モードの「交感神経」優位から、リラックスモードの「副交感神経」に切り替わりますが、からだが冷えていたり、寝る直前までスマホを操作していたりすると、交感神経が優位に働き続け、なかなか寝付けないということに……。ストレスフルな生活を送っている人も要注意です。良質な睡眠がとれないと、血巡りが悪くなり、体がますます冷えてしまう悪循環に陥ります。

オムロン 睡眠不足はからだの冷えに影響しますか。

夜コーヒーは何時までに飲めばいい?

何時までコーヒーを飲めるかは、各自の就寝時間によって変わってきます。
カフェインを体外に排出するのに、最大7時間かかります。

そのため、就寝時間から7時間以内はコーヒーを飲んではいけない時間になります。
夜12時に就寝する場合、飲めるのは夕方5時までなので、定時以降はコーヒーを飲まないというような線引きをすると良いでしょう。

どうしても夜にコーヒーを飲みたい場合は、カフェインレスコーヒーなどを活用して、なるべくカフェインの摂取を抑えるようにしてください。
就寝前のコーヒーを飲んではいけない時間をさけて、良質な睡眠を確保しましょう。

夜でも飲めるおすすめのコーヒー

カフェサプリGABA【GABA配合!睡眠の質を高めるコーヒー】


睡眠の質を向上させる夜用のコーヒーがあるのをご存じでしょうか。
夜用のコーヒーでおすすめなのが【カフェサプリ GABA】です。

【カフェサプリ GABA】は、ストレスを軽減する作用のあるGABA配合のカフェインレスコーヒーになります。
ストレスの有無は、睡眠の質に大きく影響します。

そのため、【カフェサプリ GABA】を夜に飲むことでGABAとコーヒーのリラックス効果の両面からストレスにアプローチができるのです。
カフェインレスコーヒーでもあるので、睡眠特化型のコーヒーと言っても過言ではないでしょう。

値段も初回お試し価格の980円からとお手軽に試せるので、気になる方は一度公式サイトをご覧ください!

夜にコーヒーを飲む際の注意点

夜にコーヒーを飲む際の注意点


ここでは、夜にコーヒーを飲む際の注意点をまとめています。

夜にコーヒーを飲む際の注意点
  1. コーヒーの種類を使い分ける
  2. 砂糖やミルクは入れない
  3. アイスコーヒーでは飲まない

1つ目の注意点は、コーヒーの種類を使い分けることですね。
目的に合わせて、飲むコーヒーを変えましょう。

疲労回復・リラックスすることが目的ならカフェインレスコーヒー、夜に仕事をするのであればカフェイン入りのコーヒーを飲みましょう。

2つ目は、ミルクや砂糖は入れないことです。
ミルクや砂糖を入れるとその分カロリーが増えるので太る可能性があります。
ダイエット中の方は、特に注意しましょう。

3つ目は、アイスコーヒーで飲まないということです。
アイスコーヒーを飲むと体を冷やしてしまいます。

体を冷やした状態で寝ると睡眠の質低下に繋がります。
睡眠の質を下げないためにも夜のコーヒーは、ホットコーヒにしましょう!

夜コーヒーダイエットはできる?

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、脂肪燃焼を促進する作用などのダイエット効果があります。
ただし、夜のコーヒーをダイエットに活用する場合は、カフェインレスコーヒーを飲むことになるのでクロロゲン酸のダイエット効果のみになります。

カフェインレスコーヒーでなければいけない理由としては、睡眠の質が低下するとダイエットに悪影響を与えるからです。
そのため、覚醒作用のあるカフェインを夜に摂取すると、ダイエットをする方にとって逆効果になってしまいます。

睡眠中にはダイエットや美容に大きく影響するホルモンが分泌される時間。
ぐっすり眠るとこれらのホルモンの分泌量が増え、代謝がよくなったり、食欲が抑えられたりし、ダイエットにうれしい効果が。
逆に睡眠時間が短かったり、質の悪い睡眠だったりすると疲れがとれないばかりか、代謝を低下させ、ダイエットには悪影響なのです。

朝スッキリ起きられる?ダイエットが成功しないのは、睡眠不足が原因かも (taisho.co.jp)


クロロゲン酸の効果のみにはなりますが、カフェインレスコーヒーを夜に飲むことでダイエット効果を高めることができます。
特に、夜に飲めば睡眠中の脂肪燃焼を促進することができます。

寝る前のコーヒーとダイエットの関係については、こちらの記事で詳しく解説しています。。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:夜寝る前のコーヒーは太る?ダイエットへの影響や効果を解説

まとめ:夜にコーヒーを飲みたい時はカフェインレスコーヒーを飲もう!

まとめ:夜にコーヒーを飲みたい時はカフェインレスコーヒーを飲もう!


夜にコーヒーが飲みたくなったら、基本的にはカフェインレスコーヒーを飲むようにしましょう。
カフェインレスコーヒーであればカフェインの覚醒効果がないので、夜に飲んでも睡眠に影響を与えることはありません。

夜に勉強や仕事をする場合は、カフェイン入りの通常のコーヒーを飲みましょう。
眠くならないようにするために、コーヒーのカフェインはおすすめです。

また、カフェインには集中力をアップさせる作用もあるので、仕事や勉強の質が向上します。
夜にコーヒーを飲みたい時は、目的に合わせてコーヒーの種類を変えてください!