苦くないコーヒーをご紹介!おすすめのコーヒー豆や市販で買えるものを解説

苦くないコーヒーをご紹介!おすすめのコーヒー豆や市販で買えるものを解説

アフィリエイト広告を利用しています

「苦いコーヒーは苦手なんだよな」って人結構いますよね。
実は、コーヒー豆の選び方やコーヒーの淹れ方を工夫すると苦味を抑えたコーヒーが作れるのをご存じでしょうか。

この記事では

  • 苦くないコーヒー豆や市販品のおすすめを紹介
  • 苦くないコーヒー豆の選び方
  • 苦くないコーヒーを淹れ方

など詳しく解説しています。
苦くないコーヒーの作り方を知って、自分好みのコーヒーを楽しみましょう!

本当におすすめのダイエットコーヒーについては下記の記事で詳しく解説しています。

ダイエットコーヒーで体重を落としたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

苦くないコーヒー豆や市販品のおすすめを紹介

苦くないコーヒー豆や市販品のおすすめを紹介


ここでは、ネットや市販で買える苦くないコーヒーをご紹介します。

苦くないコーヒー豆や市販品のおすすめ

では、それぞれご紹介していきますね。
気になるものがあるかチェックしてみましょう!

コーヒー豆

コーヒー豆の選び方は、苦味の少ないコーヒーを楽しむための重要な要素です。
苦くないコーヒーを好む方におすすめなのは、浅煎り豆や特定の産地のコーヒー豆です。

例えば、エチオピアやタンザニアの豆はフルーティーで甘みがあり、苦味が控えめな傾向にあります。また、粗挽きにすることで、コーヒーの苦味成分が抽出されにくくなります。

このように豆の選び方を少し意識するだけで、苦味が少ないコーヒーを作ることができます。

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーの場合は、ラベルや箱に酸味や苦味などの味のパラメータが表記されている商品が結構あります。
苦くないコーヒーをインスタントコーヒーで飲みたい方は、そのパラメータを参考にすると良いでしょう。

他の商品と比べて、苦味のパラメータが低いものを選べばOKです。
比べる際は、同じ会社の商品同士で比べるとより確実に苦くないコーヒーを選ぶことができます。

味の素AGFのインスタントコーヒーであれば、「ちょっと贅沢な珈琲店®」瀬戸内まろやかブレンドが一番苦味のパラメータが低いインスタントコーヒーです。

カフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒーはカフェインが除去されているため、通常のコーヒーに比べて薄いコーヒーになりやすいです。
そのため、必然的に苦味が抑えられたコーヒーになる傾向があります。

実は、苦くないコーヒーを飲みたい方にとってカフェインレスコーヒーは、ピッタリの商品なのです。
インスタントコーヒータイプのカフェインレスコーヒーも発売されているので、通常のコーヒーと同様に手軽に作ることができます。

スーパーなどでも市販されているので、簡単に手に入れることも可能です。
ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス スティックタイプは、分量を量る必要もなくお湯にそのまま入れるだけなのでおすすめです。

苦くないコーヒー豆の選び方

苦くないコーヒー豆の選び方


苦くないコーヒー豆を選ぶには、いくつかのポイントがあります。

これらのポイントを意識することで、苦くないコーヒーを楽しむことができるでしょう。
では、それぞれ解説していきますね!

苦くないコーヒーの産地を選ぶ

コーヒー豆には、産地ごとに特徴があります。
そのため、コーヒー豆の産地は苦くないコーヒーを選ぶ上で、非常に重要になります。

例えばタンザニアやエチオピアなどは、フルーティーな酸味が特徴の豆を生産しており、苦味が少ないことで知られています。
また、ジャマイカやブラジルのコーヒー豆も酸味と苦味のバランスがいいので、比較的苦くないコーヒーになります。

苦くないコーヒー豆の産地はこちら

苦くないコーヒー豆の産地・銘柄
  • ハワイ島(コナ)
  • タンザニア(キリマンジャロ)
  • イエメン(モカ)
  • エチオピア(モカ)
  • ジャマイカ(ブルーマウンテン)
  • ブラジル(サントス)
  • ケニア(ルイル11)


特にジャマイカのブルーマウンテンは、クセがなく口当たりがまろやかで飲みやすいので、苦味が苦手な人でも飲みやすいコーヒーです。

ブルーマウンテンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:本物のブルーマウンテンの値段はなぜ高い?価格や豆の品質を解説

浅煎りの豆を選ぶ

苦くないコーヒー豆の選び方②浅煎りの豆を選ぶ


浅煎りのコーヒー豆は、コーヒーの苦味を抑えることができるので、苦くないコーヒーを選ぶポイントになります。
浅煎りのコーヒー豆は、焙煎度合いが浅いため豆本来のフルーティーな風味や酸味が前面に出やすく苦味が少ない傾向にあります。

特にエチオピアやケニア産の浅煎り豆は、柑橘系やベリー系の明るい味わいが特徴で苦くないコーヒーをお探しの方にはおすすめです。
ただし、浅煎り豆は抽出方法によっては酸味が強く感じられることもあるため、ドリップ方法を工夫して自分の好みに合わせた淹れ方を見つけることが大切です。

豆を粗挽きにする

豆の挽き方でもコーヒーの苦味が変わるので、苦くないコーヒーには豆の挽き方も重要になります。
苦くないコーヒーにするためには、豆を粗挽きにしましょう。

粗挽きにすることでコーヒー豆の表面積が減り、抽出時に過剰な苦味成分が出にくくなるのです。
粉の状態で買う場合は、粗挽きと表記されているものを購入すれば大丈夫です。

自分で豆を挽く場合は、ザラメ糖ぐらいの大きさを目安に豆を挽きましょう。

苦くないコーヒーを淹れ方

苦くないコーヒーを淹れ方


苦くないコーヒーを飲みたい場合は、淹れ方にも注意しましょう。
注意するポイントはこちら

では1つずつ解説していきますね!

お湯の温度を低くする

抽出時のお湯の温度を抑えることで、コーヒーの苦味を減らすことができます。
温度が高いとコーヒー豆に含まれる苦味成分がより多く抽出されやすくなります。

逆に、温度を少し低めにすることで苦くないコーヒーを楽しむことができます。
家でコーヒーを淹れる時は、沸かした熱湯をそのまま使って抽出する人が多いでしょう。

苦味が気になる場合は、少し冷ました85〜90度のお湯で抽出してみてください。

抽出時間を短くする

苦くないコーヒーを淹れ方②抽出時間を短くする


抽出時間もコーヒーの苦味に大きく影響します
短い抽出時間は、苦くないコーヒーを目指す際に重要なポイントとなります。

理想的な抽出時間は、使用するコーヒー豆や淹れ方によって異なりますが、一般的には1分から2分が目安です。
苦くないコーヒーを作りたい場合は、1分以内に抽出完了しましょう。

抽出時間の調整方法は、お湯を注ぐ速度で調整できます。
抽出時間を短くしたい場合は、お湯を早く注ぐようにしてください。

使用するコーヒー豆によって抽出時間を実験して、自分好みの苦味の少ないコーヒーを見つけましょう。

豆の量を少なくする

苦くないコーヒーを淹れるコツに、豆の量を調節する方法があります。
通常の分量よりも少なめにすることで、苦味を感じにくくなります。

例えば、一杯分のコーヒーを淹れる際に使う豆の量を通常の10gから8gに減らしてみましょう。
2g減らすだけでも、コーヒーの味は大きく変わります。

ただし、豆の量を減らすとコーヒーのボディ感も薄れるため、好みのバランスを見つけることが重要です。
実際に試しながら自分にとって最適な豆の量を見つけてください。

苦味を抑えたコーヒーの飲み方

苦味を抑えたコーヒーの飲み方


コーヒーの淹れ方以外にも苦味を抑えたコーヒーの飲み方で、コーヒーの苦みを抑えるという方法もあります。

苦味を抑えたコーヒーの飲み方

これらの方法を試しながら、自分に合った苦味を抑えたコーヒーの飲み方を見つけましょう。

ミルクや砂糖を入れる

ミルクや砂糖を入れると苦味が抑えられた味わいのコーヒーになります。
特に、ミルクはコーヒーの苦味をマイルドにするので、クリーミーな口当たりを楽しむことができるのです。

また、砂糖を入れることによって甘みが加わるので、飲みやすいコーヒーになります。
市販のカフェラテやキャラメルマキアートのように、ミルクと砂糖を組み合わせることで自分好みの味に調整してみましょう。

ミルクの種類によっても風味が変わるため、低脂肪乳やアーモンドミルクなどさまざまな種類を試してみるのも一つの手です。
砂糖の代わりにはちみつやメープルシロップを使うことも味のバリエーションを広げる方法としておすすめです。

コーヒーに入れるミルクについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーフレッシュの代用品10選!牛乳・クリープ・生クリームなどを紹介

アメリカンコーヒーで飲む

苦味を抑えたコーヒーの飲み方②アメリカンコーヒーで飲む


アメリカンコーヒーは、通常のドリップコーヒーを薄めて作るため苦味が少なくなります。
苦くないコーヒーを飲みたい人には、おすすめの飲み方です。

手軽に苦味を抑えたいときは、アメリカンコーヒーで楽しむのが良いでしょう。
お湯の量を調整することで好みの濃さに変えられるのも魅力ですね。

インスタントコーヒーでもお湯を多めにして作ればアメリカンコーヒーになります。
簡単にできるので、アメリカンコーヒーを1度試してみましょう!

まとめ:苦くないコーヒーを楽しもう!

まとめ:苦くないコーヒーを楽しもう!


コーヒーの苦みに影響を与えている要素は、コーヒー豆や淹れ方などたくさんあります。
苦くないコーヒーを楽しむためには、これらの要素を意識しながらコーヒーを淹れることが重要です。

「エチオピアやジャマイカの粗挽きのコーヒー豆を使って低めの温度で1分以内に抽出する」といったように色々と試しながら、自分の好みに合ったレシピを見つけてみましょう。
コーヒーの特性を知って、苦くないコーヒーを楽しみましょう!