緑茶コーヒーのダイエット効果は?作り方やダイエットに活かす方法を紹介

緑茶コーヒーのダイエット効果は?作り方やダイエットに活かす方法を紹介

アフィリエイト広告を利用しています

緑茶コーヒーという飲み物があるのをご存じでしょうか?
緑茶コーヒーは、ダイエット効果や健康効果が高く最近注目を集めている飲み物なんです!
緑茶とコーヒー以外は使用しないため、添加物もなしで健康的に痩せることができるというのが人気の理由です。
緑茶とコーヒーを1:1で混ぜるだけで簡単にできるのも、緑茶コーヒーの魅力ですね。

本記事では、

  • 緑茶コーヒーの作り方
  • 緑茶コーヒーの効果
  • 緑茶コーヒーをダイエットに活かす方法

など今話題の緑茶コーヒーについて解説します。
ダイエット効果を高める方法なども詳しく取り上げているので、ぜひ参考にしてください!

緑茶コーヒーって何?

緑茶コーヒーって何?


緑茶コーヒーとは、緑茶とコーヒーを1:1で混ぜた飲み物です。
ペットボトルの緑茶とコーヒーで手軽に作ることができる上、健康効果が高いということで注目を集めています。

緑茶とコーヒーを混ぜることで相乗効果が生まれ、緑茶のカテキンやコーヒーのクロロゲン酸などの効果をアップさせます。
脂肪燃焼効果や血糖値の上昇を抑制する効果など、うれしいメリットがたくさんあります。
また、緑茶とコーヒーを混ぜるだけで簡単に作れるので、誰でも手軽に生活に取り入れることができるのも魅力です。

緑茶コーヒーの効果や健康への影響は?

緑茶コーヒーの効果や健康への影響は?


緑茶とコーヒーを混ぜ合わせる緑茶コーヒーは、緑茶とコーヒー両方のメリットが得られる一石二鳥の飲み物です!
ここでは、緑茶コーヒーを飲むことで得られる効果をいくつか紹介します。

うれしい効果がたくさんありますね!
それでは、詳しく解説していきます。

コーヒー単体の効果については、こちらの記事で解説しています。
興味のある方はぜひご覧ください!

関連記事:寝起きにコーヒーは良くない?朝コーヒーの効果やメリット・デメリットを解説

①脂肪燃焼効果

緑茶コーヒーの効果①脂肪燃焼効果


緑茶コーヒーには、緑茶とコーヒーに含まれるカフェイン・クロロゲン酸・カテキンの作用によって、脂肪燃焼を促進する効果があります。

それぞれに含まれている成分はこちら

カフェインクロロゲン酸カテキン
緑茶×
コーヒー×
緑茶とコーヒーに含まれる成分


緑茶とコーヒーを組み合わせることで、カフェイン・クロロゲン酸・カテキンによる相乗効果が期待できます。
緑茶コーヒーの方が、緑茶かコーヒーのどちらか一方を飲むよりも脂肪燃焼効果が高いです。
また、クロロゲン酸とカテキンには体の酸化を防止する抗酸化作用があり、アンチエイジングなどの美容効果も期待できます。

ブラックコーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説

②血糖値や血圧の上昇を抑える

緑茶コーヒーには、血糖値の上昇を抑制する効果も期待できます。
緑茶に含まれるカテキンには、血糖値を調整する働きがあります。
一方でカフェインは、交感神経を刺激して血糖値を上げてしまうのですが、このカフェインの働きをカテキンが抑制し血糖値の上昇を抑えてくれるのです。
また、コーヒー含まれるクロロゲン酸の効果で血圧の上昇を抑制する効果も期待できます。

③自律神経を整える

交感神経を刺激するカフェインに対して、緑茶に含まれるテアニンには副交感神経の働きを高める効果があります。
副交感神経の働きを高めるので、交感神経優位になることを防止し自律神経のバランスを整えます。

④リラックス効果

緑茶コーヒーの効果④リラックス効果


前述したようにテアニンには、副交感神経の働きを高める効果があります。
副交感神経の働きが高まるとストレスを和らげてリラックスすることができます。
緑茶コーヒーを飲むと落ち着くということですね。

また、コーヒーの香りには人をリラックスさせる効果があります。
人がコーヒーの香りを嗅ぐとリラックス状態になれるアルファ波が増加するためです。
緑茶コーヒーを飲むことで、緑茶とコーヒー双方のリラックス効果を得ることができます

コーヒーのリラックス効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーのリラックス効果でストレス解消!気分が落ち着く理由などを解説

⑤便秘解消効果

緑茶コーヒーを飲むことで便秘を解消する効果が期待できます。
カフェインには、胃腸を働きを促進する作用があり、胃腸の働きを活発にします。

また、緑茶に含まれるカテキンには、腸の悪玉菌を減らして腸内環境を整える効果があるのです。
カフェインとカテキンの効果によって、腸内環境が整備され便秘解消に繋がります。

緑茶コーヒーの作り方

緑茶コーヒーの作り方


緑茶コーヒーは、緑茶とコーヒーを混ぜるだけと手軽に作れる飲み物です。
簡単に作れますが、より緑茶コーヒーの効果を活かすための作り方やポイントがいくつかあります。

初めて緑茶コーヒーに挑戦する時に出てきそうな疑問を中心に解説していきます。
ぜひ緑茶コーヒーを作る際の参考にしてください!

おススメのブレンドは煎茶と浅煎りコーヒーを使う

緑茶コーヒーに使うおすすめの緑茶とコーヒー


緑茶コーヒーにおすすめの緑茶とコーヒーは、煎茶と浅煎りのブラックコーヒーです。
煎茶は、玉露やかぶせ茶など他の緑茶に比べてカテキンの含有量が多い緑茶です。
カテキンとテアニンのバランスも良く、緑茶コーヒーの効果を最大限に引き出せます。

浅煎りコーヒーがおすすめな理由は、クロロゲン酸が多く含まれているからです。
クロロゲン酸は焙煎するほど減ってしまうので、深煎りに比べて浅煎りの方がクロロゲン酸の含有量が多くなります。

ミルクや砂糖はクロロゲン酸の吸収を妨げるので、ブラックコーヒーがおすすめです。
カテキンとクロロゲン酸は脂肪燃焼効果が高いので、ダイエット目的の人は特に意識してみましょう。

浅煎りコーヒー以外には、ダイエットコーヒーと呼ばれるダイエットをサポートする効果を持ったコーヒーを使うのもいいでしょう。
糖の吸収を抑える効果などがあるので、緑茶コーヒーに使うとダイエット効果がアップします。

ダイエットコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング15選【本当に痩せるものを厳選】

緑茶とコーヒーは1:1

緑茶とコーヒーの割合は、1:1にしましょう。
緑茶とコーヒーの効果をバランス良く得るために同じ分量にしてください。
基本的に作り置きはせず、飲む度に作ることをおすすめします。
作り置きをするとコーヒーが酸化して味が落ちるなどのデメリットが出てきます。

コーヒーを作り置きした場合の影響については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:コーヒーの作り置きが体に悪いって本当?賞味期限や保存方法についても解説

アイス・ホットどちらでもOK

緑茶コーヒーはアイス・ホットどちらでもOK


緑茶コーヒーは、ホットでもアイスでも作ることができます。
ホットの場合は、緑茶とコーヒーをかき混ぜるだけでOKです。
アイスの場合は、混ぜ合わせた後氷を入れたカップに注げば完成です。
どちらでも緑茶コーヒーの効果は変わらないので、飲みたい方で作ってみましょう!

粉末緑茶やインスタントコーヒーでも作れる

粉末の緑茶やインスタントコーヒーでも緑茶コーヒーを作ることができます。
基本的に粉末緑茶やインスタントコーヒーでもカフェイン・カテキン・クロロゲン酸は含まれているので、緑茶コーヒーの効果を得ることができます。

ペットボトルの緑茶やコーヒーも同様に含まれているので、出張や旅行先でもコンビニで買えば簡単に作ることができます。
この手軽さが緑茶コーヒーの魅力ですね!

カフェインレスコーヒーは使ってもOKですが、カフェインが含まれていないので効能が落ちます。
カフェインを取り過ぎてる日は、カフェインレスにするなどうまく使い分けてみましょう。

緑茶コーヒーで効果的にダイエットをする方法は?

緑茶コーヒーで効果的にダイエットをする方法は?


緑茶コーヒーで効果的にダイエットをするには、ポイントや注意点があります。

1つ1つ解説していきますね。
4つのポイントを意識して、緑茶コーヒーのダイエット効果を最大限に活用しましょう!

①毎日飲んで脂肪燃焼を促進

毎日緑茶コーヒーを飲んで、日々の脂肪燃焼を促進しましょう!
おすすめの飲むタイミングは、食前(15分前)です。
理由は、テアニンの鎮静作用が過食を予防してくれるからです。

また、食前だとルーティン化しやすく続けやすいのもメリットです。
1日3回と量も適量なので、飲み過ぎになることもありません。

注意点しては、ミルクと砂糖は入れないことです。
緑茶コーヒーの作り方でも記載した通り、ミルクとコーヒーはクロロゲン酸の吸収を妨げます。
クロロゲン酸の脂肪燃焼効果が低下してしまうので、なるべくミルクと砂糖は入れないようにしましょう。

②運動前に飲んでダイエットの効果をアップ

緑茶コーヒー飲むときのポイント②運動前に飲んでダイエットの効果をアップ


さらに効果を高めたいなら、運動前に緑茶コーヒーを飲んでみましょう。
カフェインには注意力を高める効果もあるので、運動の質が上がって消費カロリーの増加が期待できます。
消費カロリーの増加に加えて、緑茶コーヒーの脂肪燃焼効果もあるので、ダイエット効果がアップします。
運動の30分~1時間前に飲むとカフェインが吸収されて効果が出始めるのでおすすめです。

③飲み過ぎには注意

緑茶コーヒーはダイエットの大きな助けになりますが、飲み過ぎには注意が必要です。
緑茶コーヒーを飲み過ぎると多量のカフェインを摂取することになり、腹痛や頭痛など体調が悪くなる可能性があります。
カフェインを普段あまり飲まない人は、試しに1日1杯から始めて徐々に量を増やしてみましょう。

コーヒーと腹痛の関係については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味がある人は、ぜひご覧ください!

関連記事:コーヒーでお腹を壊すのはなぜ?下痢になる原因や治し方を解説

④夜に飲むとカフェインの影響で寝れなくなる

緑茶コーヒー飲むときのポイント④夜に飲むとカフェインの影響で寝れなくなる


カフェインには、脂肪燃焼効果以外にも覚醒効果があります。
眠気覚ましにカフェインを取るという方もいらっしゃるかと思います。
カフェインは、摂取してから排出されるまでに5~7時間かかるので、夜にカフェインを取ると睡眠の質が低下します。
夜は使うコーヒーをカフェインレスにするなど、睡眠に影響の出ない飲み方を意識しておきましょう。

コーヒーを飲んではいけない時間やタイミングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

関連記事:コーヒーを飲んではいけない時間はいつ?ダメな理由とベストなタイミングを解説

緑茶コーヒーで痩せた体験談

2週間以上続けると効果が出てきた!という人が多いようです。
なので、まずは2週間試してみましょう。
効果が出た人の中には、5キロの減量に成功したという人もいます。

食事や運動量など緑茶コーヒー以外の要因もあるので、緑茶コーヒーを飲めば絶対に痩せるというわけではないです。
ダイエットをサポートしてくれるのは確かなので、運動などと掛け合わせて緑茶コーヒーをうまくダイエットに活用することが大事ですね。

緑茶コーヒーで痩せた体験談

緑茶コーヒーの体に良い効果を体験してみよう!

緑茶コーヒーの体に良い効果を体験してみよう!


緑茶コーヒーは、うれしいメリットがたくさんある飲み物です。
ダイエットに活用できる脂肪燃焼効果もあり、特にダイエット中の方はすぐに試してみたい飲み物ですよね!
また、緑茶とコーヒーを混ぜるだけと気軽に作れるのも魅力です。
今日から緑茶コーヒーを飲んで、緑茶コーヒーの効果を体験してみましょう!