痩せるカフェオレのおすすめ!ダイエット効果を解説

痩せるカフェオレのおすすめ!ダイエット効果を解説

アフィリエイト広告を利用しています

カフェオレを飲むと痩せるというのを聞いたことがないでしょうか。
実は、コーヒーと牛乳で作られているカフェオレには、脂肪燃焼などダイエットをサポートする効果があるのです。

ただし、全てのカフェオレが痩せるカフェオレという訳ではありません。
この記事では

  • 低カロリーの痩せるカフェオレはあるのか?
  • カフェオレのダイエット効果
  • 痩せるカフェオレの作り方

など痩せるカフェオレについて解説します。
痩せるカフェオレを知って、あなたのダイエットに活かしましょう!

本当におすすめのダイエットコーヒーについては下記の記事で詳しく解説しています。

ダイエットコーヒーで体重を落としたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキングはこちら>>

低カロリーの痩せるカフェオレはあるのか?

低カロリーの痩せるカフェオレはあるのか?


ダイエット中の方にとって、カフェオレのカロリーは気になりますよね。
また、痩せるカフェオレがあるのかも気になるところです。

カフェオレ自体にダイエット効果があるので、カフェオレであなたのダイエットをサポートすることは可能です。
ただし、低カロリーのカフェオレでないとダイエットをサポートできる痩せるカフェオレとは言えません。

ここでは、痩せるカフェオレで一番重要なカロリーについて解説します。
カフェオレのカロリーを知って、あなたのダイエットに活かしていきましょう!

カフェオレのカロリーは?

カフェオレのカロリーは、砂糖ありの甘いもので1杯あたり100kcalほどあります。
自宅で作るカフェオレや市販のカフェオレのカロリーはこちら
※表のカフェオレは全て砂糖ありです

1杯あたりのカロリーカロリー
(200mlあたり)
自宅カフェオレ
(200ml、砂糖ティースプーン1杯)
90kcal90kcal
自宅カフェオレ
(200ml、砂糖ティースプーン2杯)
110kcal110kcal
ローソン ウチカフェ カフェオレ
(240ml)
137kcal114kcal
ドトール コーヒー香るカフェ・オ・レ
(270ml)
138kcal102kcal
サントリー BOSS カフェオレ
(185ml)
82kcal88kcal
コカ・コーラ ジョージア カフェオレ
(250ml)
135kcal108kcal
キリン ファイア 贅沢カフェオレ
(185ml)
72kcal78kcal
砂糖ありのカフェオレのカロリー


自宅で作るカフェオレは、コーヒーと牛乳を1:1で割った場合で計算しています。
砂糖ありのカフェオレ(200mlあたり)のカロリーは、どれも100kcal前後ですね。

BOSSとファイアのカロリーが他と比べて低くなっているのは、人工甘味料を使っているからでしょう。
砂糖ありのカフェオレは、1杯100~150kcalだと覚えておきましょう。

150kcalは、おにぎり1個分と同等のカロリーなのでダイエットに影響するカロリー量です。
砂糖ありだと低カロリーの痩せるカフェオレとは言えないほどカロリーが含まれてるので、注意してください。

無糖カフェオレは太る?

カフェオレは、無糖であっても太る可能性があります。
理由としては、カロリーがゼロではないからです。
カフェオレには、牛乳が含まれているので牛乳のカロリーがあります。

コーヒーと牛乳が1:1のカフェオレを作った場合、無糖のカフェオレ1杯(200ml)で約70kcalです。
毎日何杯も飲んだりすると無糖であっても太る原因になります。

ただし、牛乳を無脂肪乳などに変更すると低カロリーのカフェオレを作ることができます。
牛乳の代用品をカフェオレに使った場合のカロリーがこちら

代用品1杯あたりのカロリー(200mlあたり)
牛乳70kcal
低脂肪乳46kcal
無脂肪乳35kcal
豆乳49kcal
アーモンドミルク27kcal
牛乳の代用品を使ったカフェオレのカロリー(200mlあたり)


カロリーは、コーヒーと牛乳の代用品を1:1で割った場合で計算しています。
牛乳の代用品としては、低脂肪乳・無脂肪乳・豆乳・アーモンドミルクなどがあります。

特に低脂肪乳や無脂肪乳は、カフェオレの味を損なうことなくカロリーが抑えられるのでおすすめです。
また、豆乳やアーモンドミルクは、カフェオレの風味が変わるので味を変えたい時などにも使えます。

これらは、牛乳に比べてカロリーが低く脂肪分も少ないため、ダイエット中でも安心して飲むことができますね。
コーヒーの脂肪燃焼効果もあるので、低カロリーな痩せるカフェオレと言えるでしょう。

無糖カフェオレについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:カフェオレは無糖でも太る?ダイエットや毎日飲んだ場合の影響を解説

カフェオレのダイエット効果

カフェオレのダイエット効果


カフェオレに、ダイエットに役立つ様々な効果があります。
カフェオレを飲むことで期待できるダイエット効果はこちら

ではそれぞれ解説していきますね!

また、カフェオレに含まれているコーヒーのダイエット効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ブラックコーヒーのダイエット効果が凄すぎ!痩せるやり方やカフェインの効果などを解説

カフェインやクロロゲン酸の脂肪燃焼効果

カフェオレに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、脂肪燃焼を促進する効果があります。
カフェインやクロロゲン酸には、新陳代謝を促進し脂肪燃焼を助ける働きがあるのです。

そのため、カフェオレを飲むことで体内の脂肪がエネルギーとして使われやすくなり、ダイエット効果が期待できます。
また、クロロゲン酸には内臓脂肪を低減させる効果があります。

クロロゲン酸は、肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、肝臓への脂質の取り込みをスムーズにする効果があります。
肝臓への脂肪の取り込みが促進されるので、脂肪燃焼が活発になり内臓脂肪を低減させるのです。

コーヒークロロゲン酸は肝臓に運ばれた脂質や糖類を燃焼させるミトコンドリアの働きを活発にして、脂質の取り込みをスムーズにする。
さらに余分な糖質(グルコースなど)の脂肪への再合成を抑制するという。
つまりコーヒークロロゲン酸は、人が本来もっている脂質代謝能力を高め、内臓脂肪を低減させる働きがあるのだ。

花王 【コーヒークロロゲン酸と茶カテキン】内臓脂肪を減らす3つのステップ

カフェインによる便秘解消効果

カフェオレのダイエット効果②カフェインによる便秘解消効果


カフェインには、胃液の分泌を活発にする働きや利尿作用があります。
カフェオレを飲むと胃が活発に働くため、消化が促進され便秘解消効果が期待できます。

便秘は基礎代謝を低下させるので、ダイエットの天敵です。
そのため、便秘を予防することはダイエットにおいて非常に重要です。

注意点としては、利尿作用よって脱水気味になることがあります。
便秘解消には十分な水分が必要なので、水分補給も忘れないようにしましょう。

関連記事:コーヒーの利尿作用は何時間続く?カフェインの効果が出る摂取量や持続時間を解説

食欲抑制の効果

カフェオレに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。
そのため、食前にカフェオレを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。

自身の悩みに合ったタイミングでカフェオレを飲んでみましょう。
また、カフェオレには代謝を促進する効果もあるので、食事で摂取したカロリーの消費を助けることができます。

食事の前後どちらかで飲むように意識しましょう。
カフェオレを飲んでから30分ほどで代謝の促進が始まるので、食前食後どちらでもカロリー消費の効果は期待できます。

牛乳による肥満リスクの低下

カフェオレのダイエット効果④牛乳による肥満リスクの低下


牛乳を使用したカフェオレは、肥満リスクを低下させる可能性があります。
海外の大規模な調査で、牛乳などの乳製品を摂取していると2型糖尿病・高血圧・肥満・メタボのリスクが低下することが報告されています。

海外には、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂取していると、2型糖尿病や高血圧、肥満のリスクが低下し、心臓病や脳卒中のリスクの低下を期待できるという報告もある。
乳製品には、カルシウムなどに含めて、血圧を下げる働きのある栄養素が含まれるとしている。牛乳を1日にコップ1~2杯を飲む習慣は健康的とみられている。

糖尿病ネットワーク 牛乳を1日に1~2杯を飲むのは糖尿病にも良い

そのため、牛乳を使ったカフェオレを飲むとダイエット効果が期待できます。
カフェオレにはコーヒーも含まれているので、カフェインによる脂肪燃焼効果もあります。

カフェオレは、牛乳とコーヒー両方のダイエット効果が期待できる飲み物なのです。

朝食の置き換えダイエットにおすすめのカフェオレ

朝食をカフェオレに置き換えてダイエットとして活用したいという方って結構いますよね。
ここでは、置き換えダイエットにおすすめのカフェオレを紹介します。

置き換えダイエットにおすすめのカフェオレは、PLatteという商品です。
PLatteは、カフェラテ風味のプロテインで食事と置き換えることを前提に作られています。

そのため、栄養が豊富で健康的に置き換えダイエットを行うことができます。
栄養バランスが改善されて、痩せやすい体になる効果も期待できます。

1杯あたりのカロリーも19kcalと低カロリーで安心です。
味もカフェラテ風味ですが、味はかなりカフェオレに近いのでカフェオレとして楽しむことができるでしょう。

痩せるカフェオレの作り方

痩せるカフェオレの作り方


痩せるカフェオレは、自分でも作れます!
市販のカフェオレは、無糖でも70kcalあるので痩せるカフェオレにはなりません。

自分で低カロリーのカフェオレを作る必要があります。

これらのことを意識して作れば、ダイエット効果の高い痩せるカフェオレを作ることができます。
あなた好みのカフェオレを作って、ダイエットに活かしましょう!

ダイエット効果の高いコーヒーを使う

痩せるカフェオレの作り方①ダイエット効果の高いコーヒーにする


ダイエット効果の高いダイエットコーヒーというコーヒーがあります。
このダイエットコーヒーを使えば、よりダイエット効果の高いカフェオレを作ることができるのです。

ダイエットコーヒーには、糖の吸収を抑えるコーヒーや脂肪の吸収を抑制するコーヒーなど色々なものあります。
脂肪燃焼など直接ダイエット効果を高めるものだけでなく、食物繊維・乳酸菌・GABAなどが配合されているコーヒーもあり、健康状態を改善することでダイエットをサポートするダイエットコーヒーもあります。

特に、便秘やストレスはダイエットに悪影響を与える要因になるので、ダイエットコーヒーを活用して対策をするといいでしょう。

ダイエットコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひご覧ください!

関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】

低カロリーのミルクを使う

カフェオレのカロリーの大半が牛乳によるものなので、カロリーの低い代用品を使えばカロリーを抑えることができます。
主な牛乳の代用品と100mlあたりのカロリーはこちら

牛乳の代用品100mlあたりのカロリー
牛乳67kcal
低脂肪乳43kcal
無脂肪乳32kcal
豆乳46kcal
アーモンドミルク24kcal
牛乳の代用品のカロリー(100mlあたり)


牛乳の代用品としては、低脂肪乳・無脂肪乳・豆乳・アーモンドミルクなどがあります。
これらは、牛乳に比べてカロリーが低く脂肪分も少ないため、ダイエット中でも安心して飲むことができます。

特に低脂肪乳や無脂肪乳は、カフェオレの味を損なうことなくカロリーが抑えられるのでおすすめです。
豆乳やアーモンドミルクは、カフェオレの風味が変わるので味を変えたい時などにも使えます。

ハチミツや甘味料で甘くする

甘さが欲しいという人は、砂糖の代用品を使いましょう。
砂糖の代用品として代表的なものはハチミツです。
ハチミツは、砂糖に比べて甘味が強く低カロリーです。

そのため、砂糖より少ない量で甘味を感じる事ができるので、摂取カロリーも抑えることができます。
ハチミツの量の目安としては、砂糖の3分の1の量で同じ甘さになります。

ハチミツ以外の代用品としては、人工甘味料を使用するのも1つの手です。
カロリーゼロの人工甘味料もあるので、砂糖と同じ甘さの量でも大幅にカロリーを抑えることができます。

痩せるカフェオレの飲み方

痩せるカフェオレの飲み方


カフェオレのダイエットを最大限に活かすためには、飲み方が非常に重要です。
飲み方を意識すれば、あなたのダイエットをよりサポートしてくれる飲み物になります。

痩せるカフェオレの飲み方はこちら

痩せるカフェオレの飲み方

ではそれぞれ解説しますね!
痩せるカフェオレの飲み方を取り入れて、美味しくカフェオレを楽しみながらダイエットをサポートしましょう。

運動前に飲む

運動前にカフェオレを飲むことで、ダイエット効果をアップさせることができます。
カフェオレに含まれるカフェインには、消費カロリーを高める効果があります。

そのため、運動前にカフェオレを飲むことで運動による消費カロリーを引き上げてくれるのです。
また、カフェインの覚醒作用によって集中力がアップするので、運動の質が高くなる効果も期待できます。

ジョギングであれば、普段より長い距離が走れたりするでしょう。
運動前にカフェオレを飲む場合は、運動の30分前に飲んでください。

カフェインは、摂取後30分で効果が出始めます。
運動の30分前に飲めば、運動開始からダイエット効果がアップした状態で運動を行うことができます。

食事の前後に飲む

痩せるカフェオレの飲み方②食事の前後に飲む


カフェオレを食事の前後に飲むことで、ダイエット効果を高めることができます。
カフェオレに含まれるカフェインには、食欲を抑える働きがあります。

そのため、食前にカフェオレを飲むことで食事の量を減らす効果が期待でき、食後に飲むことで間食を減らす効果が期待できます。
食事と間食のどちらを減らしたいかによって、飲むタイミングは変えましょう。

カフェインの効果が出始めるのが摂取後30分程度なので、食前にカフェオレを飲む場合は30分~1時間前が飲むタイミングの目安です。
食後の場合は、30分以内を目安に飲みましょう。

注意点としては、食前と食後の両方飲まないことです。
カフェオレを摂取後2~3時間ほどでカフェインの血中濃度が最大になります。

この時点でカフェインの排出はされていないため、食前と食後に飲んでしまうとカフェインが過剰摂取になり、体に負担がかかります。
自身の状況に合わせて、食前か食後どちらでカフェオレを飲むかを選びましょう。

食後のカフェオレやコーヒーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:食後のコーヒーは太る?ダイエットに効果的な飲み方や飲むタイミングを紹介

朝に飲む

朝にカフェオレを飲むと基礎代謝がアップした状態で1日をスタートすることができます。
カフェオレを飲むことで、10%ほどの基礎代謝の向上が期待できるのです。

基礎代謝が高いと日常生活での消費カロリーが多くなるので、基礎代謝をアップさせることはダイエットでは非常に重要になります。
通常であれば、筋トレなどで地道に筋肉量を増やしてアップさせる基礎代謝ですが、カフェオレで手軽に向上できるのは凄すぎますよね。

朝にコーヒーを飲んで、痩せやすい体で1日をスタートさせましょう!

カフェラテとカフェオレの違いは何?

カフェラテとカフェオレは、使っているコーヒーの種類と牛乳の量が違います。

カフェラテは、エスプレッソと牛乳を混ぜた飲み物のことを指します。
エスプレッソ1に対して牛乳3の割合で混ぜて作ることが多いです。

この割合は、エスプレッソの濃厚な味わいと牛乳のまろやかさをバランスよく楽しめる割合です。
エスプレッソの風味を活かしつつ、牛乳の甘みとクリーミーさも感じられるのがカフェラテの特徴になります。

コーヒーにエスプレッソを使うことによって、牛乳が多くてもしっかりとコーヒーの風味や味を感じる事ができます。

カフェオレは、コーヒーと牛乳の割合が1:1のものを指します。
カフェオレを作る際のコーヒーは、ドリップコーヒーやインスタントコーヒーなどのブラックコーヒーを使用します。

ブラックコーヒーであればいいので、ペットボトルのコーヒーでもOKです。
牛乳に関しては、普通の牛乳が基本ですが、低脂肪乳や無脂肪乳を使用しても問題ありません。

特にダイエット中の方は、低脂肪乳や無脂肪乳など低カロリーのミルクを使うといいでしょう。
コーヒーの味や苦味が強いカフェオレが好みの場合は、ドリップコーヒーを濃い目に淹れるなどしてアレンジするのもおすすめです。

自身の好みに合わせて、コーヒーや牛乳をアレンジしてください。

カフェオレの牛乳の割合については、こちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください!

関連記事:カフェオレのコーヒーと牛乳の割合は?カフェラテやコーヒー牛乳との違いも解説

まとめ:痩せるカフェオレは自宅で作れる!

まとめ:痩せるカフェオレは自宅で作れる!


カフェオレには、肥満のリスクを低下させる効果やダイエット効果があるので、ダイエット中の方にもおすすめの飲み物です。
ただし、市販のカフェオレはカロリーが高いので、ダイエットに活かせる低カロリーのカフェオレを自分で作る必要があります。

無脂肪乳などのカロリーの低いミルクを使えば、低カロリーのカフェオレを作ることができるのです。
コーヒーもダイエット効果のあるダイエットコーヒーを使えば、よりダイエットに活かせるカフェオレになります。

また、運動前に飲むなど飲み方も意識すれば、更にカフェオレのダイエット効果を引き出すことができます。
瘦せるカフェオレを自分で作ってダイエットに活かしましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事
関連記事:ダイエットコーヒーおすすめ人気ランキング【本当に痩せるものを厳選】